読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シロツメクサ,アカツメクサ(森奈津子)


シロツメクサ、アカツメクサ (光文社文庫)シロツメクサ、アカツメクサ (光文社文庫)
(2006/10/12)
森 奈津子

商品詳細を見る




短編集。

姫野カオルコと,同じ界隈な感じがする。


予備知識なしで,ただ単に●ックオフでよく見かける人だから。
という理由で買ったので,読み始めてから,ぐるぐるさせられた。

え。え。あ。え。
そうくるか!みたいな。

はじめは,しまった,はずれかも。
と思いきや,なんだかクセになる物語たち。

荒唐無稽かと思わせておいて,哲学的。心理的。
破滅的なようで純情。
ありとあらゆるテイストがミックスされたような,お得感すらある。

なんか,漠然とすごい。
また買ってこよーっと。


特に印象的だったのは以下の通り。

「一郎と一馬」
足して40歳の法則に生きる親子。

「翼人たち」
不思議で優しくて悲しい。
でも,力強い。

「グラスの中の世界一周」
物語自体よりも,私には「グラスの中の世界一周」がひどく魅力的。

「語る石」
秀逸。
最後の最後に来てこれかー!
って。
ほんとに,引き出しの多い,長い,深い人だ。


☆☆☆☆

以下,抜き書き。

P.108
きっと,人は皆,あたふたしながら生まれ,おたおたしながら生き,あれよあれよという間に死んでゆくのだ。


P.163
自分の顔が見えない限り,私はこの世界の女王なの。もちろん,あなたもこの世界の王様。つまり,すべての人は,自分を視点とした世界の王様なのよ。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。