読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年の読書

2007年の読書

2007年は,一応,116冊読了したことになっているが,実は放り出したとか,記録漏れが何冊かあると思われ。まだ未読のもの,越年もあるけど。

ふむ。
今年はわりと暇に飽かせて読みも読んだり!な年になるかと思ったけれど。案外そうでもないな。
なんだかんだで,バタバタしていたし。電車に乗らない日も多かったし。
むしろなんかテレビッコだったかも。


今年は「バッテリー」(あさのあつこ)と「一瞬の風邪になれ」(佐藤多佳子)が,どこへ行っても山積みで,目についた。
他にもたぶん,そういう本はあったのだろうけど,この2冊が,いつも私の印象に残ってた。

「風に舞いあがるビニールシート」(森絵都)も装幀が綺麗で目を引いた。
「図書館革命」(有川浩)関係も,有川浩を意識してからはよく見かけた。
「私の男」(桜庭一樹)も読んでみたい。

あとは,ドラマがらみもあって,「ガリレオ」とかすごい積まれようだったなぁ。
読む気はないけど。東野さん,つまらないわけではないけど,読みたいとも思わない。
謎解き主体はイマイチ,はまれない。


今年,印象に残った本。順番とインパクトは関係なし。

「クジラの彼」(有川浩)
「上と外」(恩田陸)
「黄色い目をした魚」(佐藤多佳子)
「聖なる黒夜」(柴田よしき)
「クライマーズ・ハイ」(横山秀夫)


あと,再読だけど,「殺し屋シュウ」(野沢尚)。

山崎マキコと図子慧は今後のさらなる飛躍に期待。


今年のがっかり。というか,まあ,相性がよくなかったもの。
「僕のなかの壊れていない部分」(白石一文)
「そして二人だけになった」(森博嗣)
「アジアンタムブルー」(大崎善生):でもまだ読む。つもり。一応。別れきれない彼氏みたいだ...



2008年,ぜひ読みたい。としては。
・有川浩:何冊か積んである
・森絵都:特に「DIVE!」
・佐藤多佳子:特に「一瞬の風になれ」
・桜庭一樹:「私の男」
・浅田次郎:「中原の虹」
・柴田よしき:「所轄刑事・麻生龍太郎」「ア・ソング・フォー・ユー」「小袖日記」

...書き出そうというのが無謀だった。
読みたい本で世界はあふれてる。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。