読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺し屋シュウ(野沢尚)

再読。
やっぱし,好き...

なんだろう。全部のピースが綺麗におさまっている感じ。
何かが突出することなく,自然に,美しく構築された物語。

そして,徹底した悪意や,徹底した悪が存在しない。
片鱗はあっても。
悪を滅ぼすとか,対決するというスタンスではなく,あくまで人の弱さや,生の価値を問うような。
やっぱり,「泣き虫の殺し屋」って,コピーだったニキータを,思い出す。
「弱虫の殺し屋」ってところだろうか。

「シュート・ミー」と「スーサイド・ヒル」が特に好き。

シュウを尾行したゆかからのメッセージが,悲しくて,胸が詰まる。
どうして,そこへたどりついてしまったのだろう。


そしてアルツハイマー。
レーガン大統領のコメントが引用されている。
「私はアルツハイマーにかかっています。そして今,人生の日没に導いてくれる旅を始めるところです。」(P.158)
大人の病として,とても適切な表現だと思う。
アメリカの大統領の演説は,とてもドラマチックで惹きつける力を持つ。

ちなみに,アルツハイマーを,ロンググッドバイとも言うらしい。
これも,淋しいけれど,素敵な表現だと思う。

痴呆や認知障害というよりも,ロンググッドバイのほうが,はるかに,優しいと思う。



この物語の雰囲気は,石田衣良に,似ている。

もしも,ドラマや,映画にするなら。
誰がシュウをやれるだろう。

普通に爽やかで,くったくのない青年。
でも過剰に爽やかな訳でもなく,適切に影を見せることのできる人。

森山未来?加瀬亮?玉木宏とか?
うーん...
どこにでもいそうで,どこにもいないシュウ。


☆☆☆☆




殺し屋シュウ

なんて,簡潔で,無駄のないタイトルだろう。
美しい。

新刊で,単行本で買った。
気に入った。

もっと続くんじゃないかと,ひそかに期待もしていた。

NIKITAを初めて見た時のような,健全な殺し屋というか。
汚れない殺し屋,という感じ。
で,記憶しているけれど。
(071029)


初めて読んだ日(030720)
☆☆☆☆


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。