読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学って何?


図書館行ったら、中高生特集コーナーに百年の文学だっけかな、アラフォーの私でも古典って思う作者の代表的な短編を集めた辞書みたいな本があった。
悪くない試みだと思う反面、これを今の中高生に読めって言うのはなぁ、ってちょっと思った。
いや、選択肢として発行されて設置されているのはわかるし、いいんだけど、今の中高生の教科書にどんな小説が扱われているのか知らないけど、もし、私たちのころのようにいわゆる森鴎外だ、夏目漱石だのが普通に載っているとしたらそれって意味あるのかなぁって。
むしろ読書離れさせちゃうんじゃないかなぁ、って。

だって、無類の本好きの私をして、古典で面白かったって今でも覚えているのって太宰治の富岳百景くらいよ?
漱石もつまらなくはなかったけど、別に同じような話は現代小説にだっていくらでもあるよね、って思うのよね。
時代の空気感は別として、世界文学で言うなら、嵐が丘だのなんだのだって、普通に愛憎劇って言う意味では嵐が丘でなければならない理由ってなくない?的な。

10年や20年前の小説ならともかく、100年くらい前ってのは...
それこそ、教科書には現代小説、参考書として古典も含め、名作と言われるものの抜粋をずっしり詰め込んでくれたら、いいのに。
したら、授業中、退屈なときにはそれを読みふければいいわけだし←ヲイ

百歩譲って現代文の先生たちがちゃんと読んだことあるくらいの時代の小説じゃないと...って思うんだけど、ちゃんと今は現代の小説で授業してるのかもしれないし、まあアレだけど。
スマホだゲームだ楽しいものはたくさんあるけど、本には本の良さがあるし、それは授業でも本好きさせられるチャンスはあるのに、みすみす逃しているようで、もったいなくて。
中学の時、ちょっとやんちゃだった、本なんて読んだことないような男の子が、ある日を境に休み時間まで読書するようになって。読んでいたのは三毛猫ホームズだから、大人からしたらそんなもんっていうかもしれないけど、そのおかげで彼は少なくとも読書というものに抵抗はなくなった、それどころか寸暇を惜しんで本を読んで、それなりに学んだと思うと、赤川次郎すげーってなるじゃんね。
読書には読書からしか得られない何かが絶対あると思うし。


というようなことを、その辞典みたいな選集、その厚みにときめく反面、びみょーって思ったって話。
あ、でも古典全否定ではなく、読書慣れしてない人にはつまらないじゃないかな、とかそういう意味。
グリム童話とか好きよ?

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 雑記    ジャンル : 小説・文学


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。