読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンタ(石田衣良)

う゛ーん... 面白かったんだけど。「けど」ってなっちゃう。
石田衣良の長編ってどうにも詰めが甘い感じがするというか、冗長になってしまうというか。
この人は中編くらいがやっぱりいい。

現実世界でのライブドア辺りを思わせることを書いていて、それでいていろいろキレイゴトも多いし、その割に現実的に終わりを迎えるし、いろいろ不完全燃焼すぎて。
だから面白かったけど、結局のところ不満なんだと思う。

ああ、そうだよなぁ...と思うところがいくつもある反面、もやっとするわ~なところもしばしばだった。
耀司のお母さんの存在が中途半端だったり、カンタのお母さんが耀司にカンタを託しちゃったのもちょっとアレだったり、そもそも耀司が王子様扱いされるほどのイケメンだったり。まあ、おとぎ話だからいいのかな。

結構ワクワクする分、収束の不細工さに萎えた、のかも。
実際、ほとんど一気読みは一気読みだったし。
若い世代が損していることへの問題提起的な部分とかはリアルだし。

ああ、惜しい。




☆☆☆+

P.270

耀司たちの世代は、バブル崩壊以降に青春期をすごした。よいポジションはすべて年長者に独占されている。正規の会社員として働くことさえ困難だった。就職は超氷河期が続き、年収二百万円台のフリーターが急増している。
なにかといえば世のため、人のためとうえの世代は労働のモラルを美しく説くくせに、若い世代を経済合理性だけで冷たく切り捨てていた。貧困や機会の不平等は自己責任の一言で無視された。


P.284
あなたたち大人は、そんな勝手な意欲ばかり若者に押しつけている。ぼくたち若者だった、毎日必死で働いていますよ。でも、その結果、同世代の半分近くが非正規雇用の派遣社員やアルバイトです。年収は二百万円台しか払わないくせに、勤労意欲だけは昔ながらの滅私奉公を強要する。若い世代はみな、あなたのような人に怒りをもっています。


P.309
だいたいこの特捜部関係者のコメントおかしくないか。法にふれているから検挙するというなら、よくわかるよ。でも、日本人の労働倫理を傷つけるから、法にふれるところを探して検挙するというのは順番が逆だろ。この男がいってることは、自分たちが日本人の労働観を決めている。それに逆らうものは許さないって話だ。この人たちは法の番人じゃなくて、空気の番人だ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。