読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が語り始めた彼は(三浦しをん)

連作短編集。
寒色を感じる物語。
近年の三浦さんとは少し雰囲気が違って、奥付を見たら10年前の作品。
でもこういうのも好き。

ある教授を巡る人々の物語。
あきらめた女、巻き込まれた子供たち。
どれも良かったけれど、一番は「予言」かな。
「残骸」とか「冷血」も捨てがたい。



予言:一番生命力を感じる。捨てられた息子。あるいは置いて行かれた息子。
水葬:病んだ娘による世界。


以下、抜き書き


☆☆☆☆

P.127
予言。椿の言葉は予言のようだった。世界が滅ぶとか、みんな死ぬとか、そんな不吉なもんじゃない。雨が降る前には雨の匂いがするように、朝の光より早く鳥が囀るように、誰のことも脅かさない予言。
愛された日の記憶を、そっと呼び起こすための言葉。
椿のことをもっと知りたいと思った。父親のこと。椿の感じたむなしさや、俺が味わった悔しさについて。いろいろ話すことがあるような気がした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。