読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国旅行(三浦しをん)

心中をテーマにした短編集
もう少し、死に近い小説かな、と思ったけどそれほどではなかった。

いろいろなテイストの物語で飽きさせない。
一方で、ずば抜けてフィットしたのもなかった、かなぁ...
いや、甲乙付けがたいのかなぁ。

「森の奥」と「炎」が印象的だけど、好きなのは「遺言」、かな。
「星くずドライブ」はもの悲しく、「SINK」にはほんのりだけど希望の光が差し始めて終わる。
うん、「SINK」の希望ある解釈は、好きだった。

いつも思う。
私がもし今死んでしまっても、誰にも必要以上に悲しんでほしくない。
むしろ私がいなくても、元気に笑って、もりもり生きて欲しい。
私の分も、とかそういうことではなく。
私は、悪くない人生を生きてるし、何か不幸にも人より早く終わってしまっても、仕方のないことだから、忘れてくれとも思わないけど、でも残った人生をみんなもそれぞれ元気に笑って、生きて欲しい。

そういうのに近い気持ち。
人の不幸より、幸せを願う。
それがあたりまえで、ましてや息子だもの。
絶対そうだよ!って、小説なのに、力説したくなった。
友達の悠助の悪意のない、だけど迷惑な善意。
これもよくある話で、一つの言動を真逆に受け止める、っていうね。
まあ、私も余計なお世話だろ、と思いました。


☆☆☆


以下、抜き書き。

P.72
私のすべてはきみのものだ。
君と過ごした長い年月も、私の生も死も、すべて。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。