読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の話(鷺沢萌)

すべての著書が好きなわけではないけど、「大統領のクリスマスツリー」が傑作すぎて、好き作家。

彼女の私小説。
この人は、なんでも徹底的にやらないと気が済まなくて大変だな...と思った。
まあ、そういう人でないと小説家とかできないのかもしれないけど。

自分の祖母が朝鮮半島の人だったからって、そこまで積極的に関わっていくのもなんかすごいし。
なんていうか、だって、祖父母がどこ県の出身だからって、別にわざわざ生誕地に行かないし、そこはかとなく好意を持つくらいの話だから、えー、そんなに!ってちょっと思った。
私、今の本籍地なんて行ったこともないし。


私は、転々としながら生きてきたから、故郷というものへの執着が少ないということがあるかもしれないけど、でも彼女の一文無しになるまで賭け事とか、深酒とか、そういうのを読むとやっぱり徹底的な人なんだろうな。

っていうか、若い頃、私もそういう方向の人生だったことがあって、それはそれは疲れる毎日だったので、彼女が最後、うっかりしてしまったのか、これで死ぬならそれもまた良しだったのか、微妙だな、といつも思う。
私は、そういう段階をある人の言葉で、振り切れたから今はずいぶんてきとーに生きているけど、今度はそんな自分に「これでいいのか、自分」と思ったり。
常にどこかで自分を批判しているというのはめんどくさいものです。
それが普通なのだと思っていたら、そうでもないことがわかったときのショックと言ったら...


母親が病気になって、自分は離婚したり転居したりという日々のあたり、タクシー運転手さんとか、1997年あたりの鷺沢さんにはいろいろ共感ポイントが多かった。
母は元気で、私は離婚していないけど。
そういう事実の問題ではなく、捉え方のようなものについて。

この辺りが一番しっくり読めて、後半に行くほどにう゛ーんてなった。
彼女は、何から逃げたかったんだろう。
どう考えても、たとえ祖母が朝鮮半島出身だったからって、どうしてそこまでのめり込むか考えると、不思議でしょうがない。
自分は、日本人として当たり前に暮らしてきたのに、こんなに苦労している同胞たち!って思ったのかなぁ。
苦労してきたのは、あなたの祖母世代の人たちだけでなく、たぶん生粋の日本のおばあちゃんたちも大差ないと思うよ。
とかいろいろもやっとした。
彼女にとって、ルーツというのはそんなにも大切なものだったんだな。
いや、大好きな祖母の故郷だから愛したのか。
なんにせよ、のめり込むタイプの人なんだな、きっと。


韓国に留学すると「なんで」と聞かれて負担だった。他の国ならそんなこと聞かれないのに。って書いてたけど、いや、聞くと思うよ。
大人になって、いきなり友達とか知り合いが海外に留学するって言ったら、は?って言うよ。なんで?って。
そういうイヤな感じの自意識過剰が「私の話」では鼻についた。

今、彼女が生きていたら、今の日韓の関係を、どう見たのだろう。



☆☆☆


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。