読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年02月の読書

2月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3615ページ
ナイス数:58ナイス


読んだ本累計 22冊
久しぶりに勢いあるペース!
今年は読むぞ-。

読書メーターのまとめ機能って便利だけど、改行を入れて欲しいなぁ...



夢を見ずにおやすみ (講談社文庫)夢を見ずにおやすみ (講談社文庫)
2回目だった。1996年に刊行された本。
今とは、やっぱり空気感がちょっと違う。
どこかまだバブルの匂いがする。
全然バブルと関係ない、恋愛話なんだけど。
時代の空気が、まだ明るいというか。今回はなんといっても表題作でもある「夢を見ずにおやすみ」が刺さる。

「あなたが一番好きなもの」も好きだった。
男たちの「やりすごす」感のリアルさよ(笑)
読了日:02月28日 著者:鷺沢 萠


図書館内乱  図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)図書館内乱 図書館戦争シリーズ(2) (角川文庫)
今度は落ち着いて読めた~(笑)
今度もあのむず痒さが続いたらどうしようかと思ったけど、大丈夫だった。
落ち着いて、わくわく読めた。
早く続き仕入れてこなくっちゃ。
そして。私、柴崎と手塚が好きかも。
読了日:02月27日 著者:有川 浩


図書館戦争  図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)図書館戦争 図書館戦争シリーズ(1) (角川文庫)
本文中に中学生たちの主義主張を「イタイ」だの「痒い」だの言ってたけど、私、この作品自体が痛痒かった。
中学生たちの主義主張は、「あはは、背伸びしてらー」ですむけど。
特に郁の言動はもう、キャー!って逃げたかった。決して嫌いではないし、おもしろくないわけでもなく、でも読んでいる間中、身体がむずむずするような、どうにもいたたまれなくて、だから、郁の中学生に痒くなる感じは、超共感できた(笑)
読了日:02月22日 著者:有川 浩


ハッピー・リタイアメント (幻冬舎文庫)ハッピー・リタイアメント (幻冬舎文庫)
浅田次郎の王道。根源的なもの。
善と悪に見えるものが善と悪とは限らないということについて。
戦後の日本と、マッカーサー。

天下りが悪いのでなく、天下りを機能させられないことが問題だろうし、っていうか、政治家には政治家の、官僚には官僚の、国民には国民の責任があって、それぞれが己の責任を全うする社会であれば、今の日本みたいに、ハンカチ落としみたいに、「アイツが悪い、こいつが悪い」って、言い合うようなことにはきっとならない。
むしろ「アイツはエライ、こいつもエライ」って。だから俺も頑張らなきゃってそういう社会
読了日:02月17日 著者:浅田 次郎


学園のパーシモン (文春文庫)学園のパーシモン (文春文庫)
脱出の物語という感じ。
解説の人は、喪失の物語と定義していたけど、私にとっては脱出、あるいは打開の物語に思えた。
どうしようもない行き詰まり感、閉塞感からの脱出。
どちらも、当てはまるんだけど。
失ったと感じるか、抜け出したと感じるか。
それはそのときの心のありようでも異なるかもしれない。
変化、あるいは脱皮。
大人になることは、失うと感じるよりも、手に入れると感じたい。
が、どうしようもなくその閉塞感のようなものに引きずられたのもまた事実で。
次は爽快な物語が読みたい。
読了日:02月13日 著者:井上 荒野



ピュリツァー賞 受賞写真 全記録ピュリツァー賞 受賞写真 全記録
解説付きで、充実。
その受賞作の後ろにある特集記事も、読みたい!と思う者が多い。
しばしば写真を撮る前にやることがあるだろうという論争が起きるけど、彼らの葛藤の1枚があるから、私たちは他者への思いを強くすることができる。
読了日:02月12日 著者:ハル・ビュエル



求愛 (徳間文庫)求愛 (徳間文庫)
RIKOシリーズ系。
「女」というものを書いた小説、という感じ。
事件とか、いろいろあるんだけど。
本質は「女」というものについて。

読了日:02月10日 著者:柴田 よしき


チョコレートコスモス (角川文庫)チョコレートコスモス (角川文庫)
ぶ、分厚い...
と思ったけど、特に後半は全然止まらなくなっちゃった。
演じることには全然興味ないし、お芝居も観たことはあるけど、はまることはなかったので、どうかなーと思ったけど、これ読むと、芝居みたいかも。ってなる。
飛鳥ちゃんの未来を見てみたい。
劇団ゼロも。
シンプルに面白かった!
読了日:02月07日 著者:恩田 陸


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
最後まで読んで、これはもう一度読み直さないといけないのかな、と思わず思う。
二度目を読むとまた味わいが違うかな、って。

それと人の心の安定をつくることの難しさを考えたりした。悪循環、とか。

そして、焦点があっていない場所にいたように見せて、重要だった人たちについても、その人たちの物語も読んでみたい。
読了日:02月03日 著者:真梨幸子


二人道成寺 (文春文庫)二人道成寺 (文春文庫)
たおやか、とかはんなり、とかそういうのがよく似合う世界が文字できちんと示されている。
ミステリ色が濃いというか、ミステリ。
もの悲しさ。
求めても、手に入らないものについて。
読了日:02月02日 著者:近藤 史恵



2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。