読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年01月の読書

1月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:3527ページ
ナイス数:79ナイス

赤朽葉家の伝説赤朽葉家の伝説
女三代記。 おもしろかった! やっぱ、昭和たくましいわ。 っていうか、好きだわ。昭和。 タツ、万葉、みどりちゃんが最強過ぎてもう。 毛鞠ちゃんとかもすごいけど。トーコちゃんは...現代はねぇ...むずいよね。 タツ、万葉、みどりちゃんには絶対叶わない。 素朴で、力強く、たくましい。 めんどくさくて、力強い時代。っていう感じ。 国営放送の朝ドラで全然やれると思うなぁ、これ。 どんどん女優さんたち変えちゃってさ。 ....国営じゃあんまりおもしろく仕上がらないかな...
読了日:01月31日 著者:桜庭 一樹
アンの愛情 (集英社文庫 モ 8-3)アンの愛情 (集英社文庫 モ 8-3)
昔に読んだときは、恋物語としては物足りないし、アンの日常を楽しめるほどに大人じゃなかったしで、正直、う゛ーん。って思っていたけど、再読したら十分楽しめてラッキーだった。


読了日:01月30日 著者:L.M.モンゴメリ
アンの青春 (赤毛のアン) (集英社文庫)アンの青春 (赤毛のアン) (集英社文庫)
赤毛のアンは小学生でたぶん読んでいるけど、続きは小学校高学年だったか、中学生だったか...
正直、新潮文庫の村岡版でおもしろさを感じることはできなかった...
が。
今回は、なかなかにおもしろかった。
松本版が読みやすいというのもあるけど、アンがずいぶんと自分より年下になったことで、憧れ的に読むより、そうそう、そういうのあるよねー的に読めるようになったのも大きいかな、と。

読了日:01月30日 著者:ルーシー・モード・モンゴメリ
阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
このなんとなく車内で会話しちゃうのも、大阪ならではで。
なんていうか、東京とは全然ちがくて、車内の雰囲気がほっこりしているというか、東京ではちょっと考えられない感じ。
だけど、大阪でならある。あり得るからね。全然アリって思えちゃう。つながりながら、それぞれ完結していく。
その収束感がわざとらしすぎず、絶妙な配分で、それぞれのエピソードの凛とした潔さとか、ふんわり感とか、素敵だった。
読了日:01月25日 著者:有川 浩
ランナー (幻冬舎文庫)ランナー (幻冬舎文庫)
ストーリーとしては少しきれい事過ぎる気もするけど、そのぎりぎりまで張り詰めた緊張感とか、止められない自分への葛藤とかも含め、好きだった。というか、物語くらいこんな救いがほしい。
読了日:01月19日 著者:あさの あつこ
金色の野辺に唄う (小学館文庫)金色の野辺に唄う (小学館文庫)
順風満帆、何の苦労もない人生なんてなくて。
誰にも悩みはあり、幸せも不幸せも、笑顔も、ある。
だけど。
終わりの時、こんなふうに逝けたら。
それはたぶん幸せなのだと思う。
読了日:01月18日 著者:あさの あつこ
架空の球を追う (文春文庫)架空の球を追う (文春文庫)
やっぱ森絵都、超好き-。
森絵都を読むと、ぷぷぷって笑っちゃう感じがして、この世界も悪くないな、なんかキラキラだな。って気持ちになる。どれも素敵だけど、オーラスの一文。
「生まれて初めて紳士を見たような目をしていた」が、素敵すぎる。
大人は、いいものを、めんどくさくても、しんどくても、子供にちゃんと見せるように頑張らないといけないんだよなぁ。って思った。

どこにでもありそうすぎるシーンを、鮮やかすぎる切り取り方をして、「この世は捨てたもんじゃない」ってゆるーく思わせてくれる森絵都が私は大好きだ。
読了日:01月17日 著者:森 絵都
語り女たち語り女たち
ゆるゆると話が並ぶ。
超短編だということもあるけど、浅田次郎の沙高楼奇譚のように、どーんと来てバーンというのとは違って、あくまでゆるーく気怠く語られる感じ。
異色はメロスかな。
真逆のメロス。

歩く駱駝は怖いけど、ちょっと欲しいし、笑顔はかわいかった。
四角い世界はそんな映画もいいと思ったし、わたしではないは、怖い。
ラスク様はなんだかもどかしいし、夏の日々はほっこりだし。
カッパの水虎は、なんだかかっこよかった。
読了日:01月16日 著者:北村 薫
エデンエデン
帰り道、立ち寄ったブクオフで発見! いやっほ~!って、買ってきて。即読みました。 舞台はツール・ド・フランス。 っていうか、今度のツール・ドは観ちゃうね。 絶対観たい。って思った。監督の思惑と選手の気持ち。 人生の駆け引きとレースの駆け引きとが鮮やかすぎて、もちろん一気読み。 ラストはやはり、ほろ苦く、悲しい。 いずれにせよ、秀逸。
読了日:01月14日 著者:近藤 史恵
サヴァイヴサヴァイヴ
番外短編集。
どれが好きってどれも好き (笑)
石尾さんって、武士っぽい。
不正な勝利は絶対に許さないその心意気が好き。
チカも伊庭も赤城も好きだけど、やっぱり石尾さんが一番好きな気がする。
読了日:01月13日 著者:近藤 史恵
サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
超おもろかった!一気読み。確かにミステリでもあるけど、どちらかといえば自転車というスポーツの物語。イカロスのように走るチカとか、伊豆での石尾とかチームメイトとの連携とか。 それが紐解かれる鮮やかさとか。 久しぶりにキタ。 続き、文庫まで待ちたくないな...
読了日:01月11日 著者:近藤 史恵
変死体(下) (講談社文庫)変死体(下) (講談社文庫)
う゛ーん... まあ、おもしろかった、のかな。 ここ数年いつも思うけど、来年はどうしようって。マリーノの扱いがあんまりだ!って思う。 愛すべき、憎めない、そういう感じをもう少しプリーズ。 最後の方に近しい人にはつい厳しくなるみたいなスカーペッタの言葉があるけど、それで帳消しにできるか!っちゅうの。愛の部分が少なすぎ。
読了日:01月07日 著者:パトリシア・コーンウェル

2012年1月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。