読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沙高樓綺譚(浅田次郎)



短編集
やはり力強さを感じるのは、極道的な「雨の夜の刺客」なんだけど、どれもこれもなかなか渋い短編集で、泣かせに走ることなく、読み応えある短編集であった。
愛情系よりもこういう現実っぽいけど、非現実の世界が浅田次郎は読み応えがあると思う。
(2002520)



再読。
成功をあるいは名士と呼ばれる人々の内緒話。
刀の鑑定士,女ストーカー,幽霊にガーデニングにヤクザ。
全く異なる趣の5話。
百年かけて庭を造る女性の庭にかける愛情。
ヤクザの話は,「きんぴか」を思い出させる。

☆☆☆☆


続編「草原からの使者」
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。