読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加型猫(野中柊)

引っ越し前後のなんとも言えない感じが良く出てて。
なんかしみじみした。
二人一緒にいても、相手のことはまだまだいつでも未知だし、違ってることはたくさんある。
でも、一緒にいたいな、一緒にずっといられたらいいな、って思うその感じがなんか、しみじみと。

猫は、飼ったことがないけど、人間以外の動物と一緒に暮らす、意思が疎通できているような、できていないような、その感じも。

漠然とたくましくて、ほっこりした感じの物語。


☆☆☆+

以下、抜き書き。


P.132
これはまだ使えるだろうか。いや、そう考えること自体、ケチくさいだろうか。でも、思い出の品だったんじゃなかろうか。とはいえ、その思い出に果たしてそれほどの価値があるだろうか。何となく勢いで気前よく捨ててしまって、後で悔やんだりしないだろうか。


P.150
誰かを愛し、誰かに愛されたっていう記憶は、女の子のドレスの裾を飾る宝石になるんだって。きらきら輝いて、その女の子を綺麗に見せてくれるものになるんだって。イミテーションでもガラス玉でもいいのよ。それを自分で宝石だって感じられるならね。


P.192
代々の記憶をよすがに日本的な暮らしを営もうとする日系人たちが南国の地に繰り広げたジャパニーズテイストは、日本で生まれ育った日本人から見れば、ネジが、三、四本抜けたような滑稽さがあるわけだけれど、思えば、今の東京だって滑稽といえば滑稽なのかもしれない。それはヒロとは逆にネジを三、四本余計に突っ込んで、きりきりと締め上げたような。人々は常に時間に追い立てられてせかせかとしてゆとりがなく、ストレスフルな生活を当たり前のものとして受け入れている。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。