読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Brothers & Sisters #2-16 父と息子 

ブラザーズ&シスターズ シーズン1 Vol.1 [DVD]ブラザーズ&シスターズ シーズン1 Vol.1 [DVD]
(2008/10/03)
キャリスタ・フロックハートレイチェル・グリフィス

商品詳細を見る



うむぅ...またかよ!って気持ちと、早く次を!って気持ちと半々....っていうか、早く続きを!<結局そっちらしい。

ほんっと、このドラマ好きだわ....
今シーズン、泣きは少なかったけど。
なんていうか、シナリオがオイシイと思うんだよねぇ。
小技が効いてるっていうか。
毎度毎度同じ事を....っていうか、だからこそ家族。っていう感じ。


男たちは前に進みたがる。遺伝子に書いてあるのかしら?」なキティとサラに超共感。
なんか、そこらたへんが一番男と女の違いを感じさせられる気がする。
「前へ、次へ、上へ、もっと!」みたいなのは男の人に多い気がする。確率論だけど。

そして、サラの「うちはマフィアと同じ。一度入ったら抜けられないの」って言葉がなんだかとっても嬉しかった。
サラもキティも頑ななところがあるけど、その分、一度受け入れたら、とことん身内扱いしてくれる人だと思ってたから、心配はしてなかったけど。
でもやっぱしんみり嬉しい。


レベッカに血のつながりがないことについての家族会議に遅れてやってきたケヴィンが、「盗聴器か、スコッティか?」とか言いながら、何の疑いもなく自分の話だと思ってるのがまず笑える。
秘密は筒抜けだって、当たり前に思ってることが。


で、バチェラーパーティーで盛り上がる男兄弟たち(笑)。
どんだけ嬉しいんだっていう。
しかも、ちゃんとゲイバーをセレクトしてるのに、レズビアンナイトだとは知らない。みたいな。
検索キーワードがまた...「何とかかんとか、いい男、駐車場あり」って。駐車場必須。
そのあと「ロードトリップ!ロードトリップ!ロードトリップ!」って、車で5時間なんて屁とも思ってないその姿も。吹き出した。
ほんっと、兄弟って素敵。

キティは、やはり身籠もれず。
「養子や代理母」という選択肢を言い出すロバートと、ちょっと険悪に。
うーん。前回はミラクル妊娠だったのだなぁ。

サラは、ホリーが許せず、告訴も辞さず。って態度なんだけど。
トミーは、「忘れろ」って。
....まぢかよ。って思う反面、確かに今さらそんなことしても意味がない、とも思う。
もともとサラとホリーは、ずーっと険悪だからな。しょうがないだろうな、この場合。
ましてや合併までしちゃったんだから。そりゃサラとしても、黙って引き下がれねっし。ってなるのも無理ない。
し、ホリーにそういう打算がなくて合併言い出したとも.....私も思えず。

いずれにせよ、物事は、自分だけで見ていると限られた側面からしか考慮できないけど、さらに大勢で見ると、側面が増えるっていうのは、よくわかる。
この一連の会話で、多分、キティは、ロバートの提案について、冷静に考え直したんだろうし。
実際、本人にとっても負担の大きかったところだろうから、認めたくないだけで、その選択肢は常に自分の中にあったんだろうな。



そして、アリゾナのスコッティの両親。
そりゃみんながみんなウォーカーみたいには受け入れがたいだろうなぁと。
だけど、愛がないわけでもなんでもなくて。
たぶん、まだ時が満ちていない、そういうことの気がする。
スコッティの両親だって、スコッティへの愛はあるから。
だからいつか、と思うのは甘いかな。

一方、ノラはじめとするウォーカーは、手放し祝福モードで。
素晴らしく素敵に誓約式の準備も整い。
スコッティには、パパからのカフスも届き。
しみじみと、愛の多様性を見た。
レベッカとジャスティンも仲直りしてたし。
これはあれだよね、トミーの一言が効いてたよね。
「おまえたちはいつも繋がってたじゃないか」って。
いい言葉だな。コネクト。<綴りが怪しいけどconnectだっけ。nは一個だっけ?(笑)

そして、パパのRは、「レベッカじゃないRなんじゃないか」説で兄弟会議しているところへ、おじさん登場。
ケヴィンと同じ轍を踏み、思いがけずにカミングアウト。
冒頭のシーンを繰り返す、シンプルな手法ながら、くすりと笑う。


キティとロバートはいつも通り仲直り。
ジャスティンとレベッカは、ついに心おきなく恋に落ち。
サラとケヴィンは秘密に確信を持ち、ノラの元へ。


....っていうか、パパ!
あんたどんだけ~!!!しかも、別のRを含めたってことは、レベッカは俺の子じゃないな、って思っていたのか、ライアン+レベッカでRだったのか....
ほんっとに、人騒がせな男だよ..

そして、このライアンについては、案外引っ張らない方に一票を投じて、S2を締めくくりたいと思います。

...ジャスティンはそろそろ仕事しなくていいのかな。
レベッカも、なんかアルバイトくらいはしてるんかな。


欧米ドラマ ☆☆☆☆





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。