読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重力ピエロ(井坂幸太郎)

重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
(2006/06)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


伊坂ワールド、炸裂。
解説の北上氏が書いているとおり、「スタイリッシュ」みたいのが目的じゃなくて、むしろ泥臭く、ガッツと根性で生き抜く若者、兄弟あるいは、家族の物語で、だから私は、この人のやや気障を楽しめるんだろうなぁ、って。
気障のための気障ではなく、気障は刺身のつまみたいなもんだと。
結局、私はそういう泥臭いのが好きなんだ。

春に自首を薦めたり、春が逮捕されたりしないのが良い。というと、反社会的な感じで、我ながらドキドキするが、でも、この場合は、いいだろう。いいよ。相応の理由がある殺人は許されるよ、と思わず、思った。
社会を形成するために、法律は必要で、殺人は、犯してはならないというルールは必要だけど。
でも、そう思った。

伊坂さん、チルドレンで陣内にも言わせてるけど、ある事象について、経験を積み、あるいは死ぬほど考えてきた人間の言動に、外野がとやかく言う資格はない。と。
近頃の世の中がおかしい要因の一つはそこにあると思うんだ。
外側からみた目線も確かに必要だ。
だけど、そこには職人たち(つまり専門家)にしかわからない、不条理な道理もあるはずで。
矛盾は知っていて、だけど、それを超えた理由も、あるはずなのに。
何もかもを白黒で線引きしようとするから、しかも外側のルールで。
だから変になってる部分もあるんじゃないかと。
マスコミの不勉強と、インパクトさえあればいいって姿勢と、それを容認し、許容する私たちに....って、脱線しすぎだな。
いずれにせよ、私も途中参加は嫌いだし、途中参加だとやる気がないし、興味もない。わはは。

とにかく、泥臭い家族愛の物語で、大変、おいしくいただいた。


☆☆☆☆

以下、抜き書き。


P.37
自分が無職の世界が待ち遠しい。そう言った戦争写真家のことを時々、思い出すよ。

P.73
父は平凡な公務員でしかなかったが、時折、私に思いもつかない閃きと言葉で、家族を救った。

P.86
ようするに途中参加が嫌いなんだ。

P.97
自分で考えろ!

P.152
まさか、楽するために生まれてきたんじゃあるまいな。

P.348
未来は神様のレシピで決まるんですよ。~未来は神様の匙加減で決まるもので、いや、すでに決まっていて、僕たちがじたばたしたところで変わらない。

P.368
感謝する。与える。謝罪する。

P.377
「待っても海路の日和はないものですよね」
「諦めないでください」と医者は力強く、言った。
いい医者だな、と私は思った。

P.386
偉大な幻想だよ。ガンジーは魅力的だし、非暴力主義は偉大だけれど、人間の悪はそれを遙かに超える。

P.390
「やられたら、やり返す」と誤って解釈しているけど、あれは、「目を潰されたら、相手の目を潰すだけにしなさい」「歯を折られたら歯を折るだけにしなさい」っていう過剰報復の禁止を述べているんだ。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。