読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍(沢木耕太郎)

凍 (新潮文庫 さ 7-17)凍 (新潮文庫 さ 7-17)
(2008/10/28)
沢木 耕太郎

商品詳細を見る


山岳小説みたいのが結構スキで。
だから、新田次郎とかも好きなんですけど。
本屋さんで見たら、むしょ~に読みたくなって、買ってきた。

いや~、ほんっと、登山する人って、渋いわ...
私自身は富士山に登ったことがあるくらいで、登山らしい登山はしたことないんですけどね。
高山病に弱い体質だし。も、富士山でもしんどくてしんどくて...
うっかり2回以上登ってしまいましたが、金輪際登るつもりはありません(爆)

なんだけど、登る人たちは、ほんとに好き。
なんでこんなにストイックなんだろう。って気持ちと、そのストイックさへの憧れと、ある意味、わかる。っていう共感と。いや登らないんだけど。

この作品の山野井夫妻もほんっと、どうにもこうにも山に登らずにはいられない人たちで。
特に奥さんは、1週間近くほとんど飲まず食わずにして、なぜそんなところへ行き、そんなことになり、それでも生きて帰れるんだろうかって、ほんっっっとに、阿鼻叫喚。

と、私の書いてる感想は、どうにもふざけているけど、ほんとに、心から、ああ、すごいなぁ。
私も、私の人生をそういうふうに、諦めず、たゆまず、やっていきたいなぁ、とか、そういうことを思う。

そして、沢木氏も、エッセイに近い作品では、やや年齢を感じる説教臭さみたいなものに、悲しくなることがあるけれど、こういうルポ的なものを書くと、やっぱすごいな。と思う。
思う反面、変わらないな、とも思うし、きちんとスタイルのようなものが確立されていて、いつでも安定して、こんなふうに、「はぁ~」って、充実した読後感をいただけて、嬉しい。


☆☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。