読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 オンエア(韓国ドラマ) #20

On Air オリジナル・サウンドトラック(DVD付)On Air オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
(2008/05/21)
TVサントラハン・ヘウォン

商品詳細を見る

何回失敗しても懲りない私ですが、ほとんど最後まで書いて、消えました....
もう、同じには書けない....
ショートバージョンで我慢します。
っていうか、下書き保存を自動でしたりしなかったり、どうなってるんだっちゅうの。

-----

キスの後、一人にやける、ギョンミン。
「ドラマが終わったらデートしましょう。作家やスタッフとしてではなく、女として」って。
この人、無愛想な顔して、言うよねぇ....ほんっと、殺し文句が上手いヤツ。<ドラマだからね。


視聴率は、ちょっと持ち直して15.5%。
35.5も45.5も55.5も経験したけど、一番嬉しいって、涙ぐむヨンウン。


現場では、照明スタッフの誕生日。お祝いの歌が、好き。
「男に生まれるとやることが多い。ドラマを作れる俺たちは本当に幸せだ。ディゾルブとNGにうなされる日々、山頂に日が昇り、日が沈む頃、視聴者は俺を信じて深い眠りにつく」


新しい会社。「フォーシーズン・スカイ」。
一年中、高く飛び続けよう。


新会社の社長にはならず、旅立とうとしているギジュン。


「静かな場所で話したい」と、ギョンミンを訪ねるヨンウン。
「何の話だろう。ドキドキしちゃうな」ってにやけてるギョンミン。...アホだ...(笑)
ドキドキする方向性が間違ってますよ~。
ヨンウンの顔見たら、わかるだろ~。

で、何って「最終回を撮り直したい」って。
「今までのドラマとは違うって、やっとわかった。ウニョンの社会的な成長を描きたい」って。
タジョンもまだ読んでいない、最終回の原稿を、ギョンミンに渡す。


撮り直しにあたって、ごねるのは、もちのろんでチェリ
だけど、「ウニョンはカメハウスという施設を作る。エイデンは、ウニョンを愛し、手に入れようとはせず見守り、ウンソクは、自分より大人になったウニョンを見て、彼女をサポートする。鬱になる暇もなく」と説明され、快諾するエイデン。チェリはギャラがどうこうとか言うんだけど、スンアにばしっっと、言われて、やらざるを得ない状況に。
スンアは、ドラマの終わりがギジュンとの終わり。
もちろん、撮り直しを快諾する。
「一日でも長く、このドラマをやりたいの」って。


空になったオフィスにやってくるチン社長。
このシーン、異様に好きだった。
ひねくれた男の友情。
チン社長なりの哲学。
ただのダークじゃなくて、彼なりの信念が、あること。
「服を着せて、食わせて泣いたらなだめ、笑うと嬉しくて、そんな7年だった。何がどうあれ、スンアは俺の作品だ。俺の映画であり、ドラマだった。役者は花火のようなものだ。華やかに輝くが、はかなく消えていく。俺が真っ暗じゃなければ、輝かない。苦労もかけたが、いい思いもさせた。スンアを育てることで、ソウンも忘れられた。スンアは俺のすべてだった。移籍すると聞いて目が回ったよ。お前はチェリのために他人を泣かせたことはないだろう。だから憎くないんだ
なるほど、確かに。
すべてを賭け、憎まれることもいとわず、すべてをスンアのために費やしたからこその、憎しみ。
手法の違い。

そして、ギジュンにスンアを自由にしてやれ、と。
女優とマネージャーはうまくいかない。
って言うんだけど。
ギジュンは「はじめは男として、今はマネージャーとして、愛以上の愛を抱いているんだ」って。
それ、スンアに言ってやって~。

「だからお前が嫌いなんだ、少しは言うこと聞けよ。今日も茶を入れてはくれなかったな」って、帰るチン社長をちょっと好きになっちゃった。


現場でぶっ倒れるスンア。
様子を見に来たギジュンに突っかかる。
「なんで謝らないの。あなただけは私を信じるべきなのに!私はあなたのすべてを信じたのに」と怒るスンアに、ギジュンは言い放つ。
「お前がないと、泣き叫んでも、俺は信じなかった。俺の仕事はお前の周りの問題を解決することだ。聞いて何が悪い」って。
そこまで言わなくてもいいじゃん...
信じないなら、聞かなくてもいいわけだし。


スンアの最終カット。
スンアを見つめるギジュン。
ギジュンを見つめるスンア。
ウニョンの恋。
「アイスクリームは大好きだけど、もう食べない。食べなければ、世界一好きなのは、おじさんになるから」というウニョンに、エイデンは「驚かないで」と言って、口づける。
でにやけまくりのギョンミンに、怪訝な顔のスタッフたち。
そりゃ不気味だよねぇ。


撮影が終わり、喜ぶスタッフたち。
ただ黙って座ったままのスンア。
スンアを見つめるギジュン。


撤収作業の中、雨が降り出す。
そして、ギジュンとスンアは車の中。
「よくやった。しばらく休め」と、濡れたスンアをぬぐいながら、褒めるギジュン。
「次は映画をやれ。シナリオを届けておいた」って。
「これからは借りた分だけ返すんだぞ。3万ウォンなら3万ウォンで返せばいい。うどんの作り方も覚えろよ。自分でできないことは少しずつ、覚えろ。つらいときは泣くんだぞ。元気でな」
久しぶりの、優しい笑顔。
その言葉が別れの言葉だって、わかってるはずのスンアは、追いかけようとして、だけど結局追いかけない。
ただ、後ろ姿を見送るだけ。
そんなわけない、って、思いたいんじゃないかな、と。


最終回をファミリーで見てるヨンウン。
ヨンウンおかんは、家政婦さんがギョンミンおかんだって知らないから、「監督のおかげ」っていうヨンウンに、「監督なんて、ただ撮るだけ」とか言っちゃって。焦るヨンウン。
変な汗も出るっちゅうの。


事務所を片づけているところへ、ギョンミン登場。
「せっかくだから飲もうかな」って。
タジョンはオソクと一緒で、今日は帰らないらしい。
ギョンミンたらしっかりしてるわ~。チェック済みかよ!


で、二人缶ビールを飲んで、お話。
最終回を見て泣いたというヨンウンに「困った人だな、泣かないと約束したのに」とか言っちゃって。
もー、勝手にして~!!!
さらに、「ドラマが終わったらデートしようって。スタッフや作家じゃなく、女としてって、メールの返事は?」って。
答えられないヨンウンに、キスするわけですよ。
で。言うわけ。「今日は帰らない。ここへ泊まる」って。

-----
はぁ。あとは、スンアとギジュンだけですな。
イマイチヨンウンがはっきりした態度を取らないのがちょっとひっかかりますが。
いずれにせよ、尻上がりなオンエアもいよいよ来週でオシマイ....淋しい。

韓国ドラマ ☆☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。