読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 雪の女王(韓国ドラマ)#10 悲しい嘘

ちょっとドック~?

-----

ボラの告白タイムにスンリ乱入。乱入っていうか、偶然だけど。
「告白しに来た訳じゃないけど、好きという気持ちは本当だから」って、毅然と立ち去るボラ。
っていうか、スンリ、いきなり諦めるのか!
「好きなもの同士くっつけばいいわ。よかった。おめでとう」って。
ボラだけは絶対ダメ!と言ってたのに...


ボラの思いがけない告白に頭抱えちゃうドックと、思いがけず告白しちゃって、頭抱えちゃうボラ。
なはは。かわいいのう。

ボラとのあれこれや、おかんとのあれこれを思い出して、ボクシングの練習に気合いが入るドック。
ドックには、チュンシクが、ボラにはドンナムがいて。
二人の気持ちを、いい感じに聞き出すわけだけど。

「俺はお前が思っているほどいいやつじゃないし、ボラの気持ちは一時的なものだと思う」って。
チュンシク相手に話してるドック。

ボラのとこのドンナムもいい子だよなぁ。
あのボラ相手に屈託なくつきあえるんだからさ~。


ボラを呼び出すドック。
「以前、俺を兄のようだと言ったよな。それと恋とは違う。お前は錯覚してる。好きという言葉は本当に好きな人にしか使ってはいけないって、お前は言ったよな。簡単に好きなんて言うな。昨日のことは聞かなかったことにする」って、帰ろうとするドックに、ボラ反撃。
「錯覚じゃないし、簡単には言ってない。それにあなたはもう気楽な相手なんかじゃない。ドキドキするし、そわそわするし、落ち着かないの。好きなの。ただあなたが好きなだけなの」って。ドキドキして、そわそわするなら、そりゃ恋だわ!
超直球で言うのに、「俺は信じない。誤解されたくないからジムには来るな」とか言っちゃって。
いや、まあそりゃ言うよね。

そして、その足でおかんに会いに行くドック。
「あいつが僕のこと好きだって。ボラに告白された。どうしよう」って。
...かわいい息子だ....っていうか、相当テンパってんな。そりゃテンパるよな。
逃げ出さないだけ、まだましか?
っていうより、ボラを拒絶しつつ、ボラから離れられないんだろうな。


スンリを慰めるチュンシク。
「頑張れ」って励ますんだけど、スンリは「もともと無理だったんだから、いいの」って。
まじ、あきらめるんだ...

酔っぱらったスンリは、帰ってきたドックにも「ごめんね、あんなこと言って大人げなかった。幸せにね。どうか幸せになってね。それが私の願いなの。最初に会ったときから、ドックさんは孤独に震えているようで、私も胸が痛かったけど、その孤独をボラが癒して幸せにしてくれるなら、私は満足」って。
なんていい子なんだ...
あんなにごねてたのに...
なのに「ボラとはダメなんだ。ボラが辛い目に遭う。俺といるとあいつが傷つく。つきあえない」って。
...まあ、そうなんだよね....その通りなんだけど~。
「旅行に行ってくる。すべて忘れて一から始めよう」って。


ジムにドックを訪ねてくるボラ。
「ほんとにドックさんが好きなの?医者を好きだったくせに、なんで乗り換えるの?そんなにころころ気持ちが変わるあんたみたいな女、全然理解できない。気まぐれでドックさんを困らせないで。わかった?」って。
え。スンリ。今日は強気じゃん。
酒が抜けたせいか?
っていうか、ドックにはかわいくなれるけど、やっぱボラにまでは無理か...

「気まぐれじゃない。ゴヌ先生はいい人だったから申し訳なく思っているけど、自の気持ちに気づいた以上、彼とはつきあえない。それがだめなの?一人の人を一途に愛し続けることができたら、幸せだろうけど、途中で他の人を好きになることもある。自分ではどうしようもないのよ」って、言い返すボラ。
目を泳がせて、「とにかくドックさんを弄んだら許さないからね」って言うスンリ。

ボラが立ち去った後、「ほんとに好きみたい....きつく言いすぎたかな」って反省してるスンリがかわいい。

ドックは、ジョンギュのお墓へ。
「ボラは美人になったぞ」って泣いてるドックがかわそう。
「ボラに冷たくするけど、見逃してくれ。すまない」って。


ドックのいないジムに、ドックのことを頼みに来るドックおかん。
「あちらの家族には申し訳ないけど、今度のことでまたテウンが道を踏み外すようなことがあったら、耐えられません....」って。
そりゃそうだよね...


ゴヌ先生は、ドックの過去が気になっている様子。


新人王戦にドックもエントリさせる館長。「8年の終止符を打つつもりで出てみろ。こんな機会ももうないはずだ」って。
「あいつ、キレルとタイソンみたいだからな」って、ドンピル。


ボクシングに励むドックの元へやってくるボラ。
「ここには来るなと言ったはずだ。何の用だ?」って冷たいドック。
「元に戻ろうと言いたくて来たの。私の告白、聞かなかったことにするんでしょ?お兄さんのように接してくれればそれでいいの」って、ボラがめっちゃ妥協してんのに。
「俺への気持ちは本気だって言ったよな?元に戻るなんて無理だ」って、ばっさり切り捨てるドック。
「誤解するな。俺にとってお前は昔会ったガキでしかない。もうこの話はうんざりだ」って。


「お兄さんになってくれなくていい。一つだけ聞かせて。なんで態度を変えたの。なんで冷たくするの?あなたらしくない」って言うボラに「恋愛に関して中途半端は嫌いなんだ。お前にどう接するか、答えは簡単だ」って。
さすがのボラも、黙って帰るしかない。
チュンシクは、「何が問題なんだ、なんで突き放すんだ」と、問いつめるけど、「好きだからだ」って。
「お前に会いたくて来ただけなのにひどすぎないか?」と言われても、「もっと突き放してもいいくらいだ。全然ひどくない」って頑ななドック。「俺には理解できない。考え直せ。自分を好きな人にあんな態度はないぞ」って。
事情を知らなかったらそりゃそう言うよね。
私も思うわ。


ボラは、ドックおかんのところへ。
「ドックが好きなんです」って、泣いちゃうボラに心を鬼にするドックおかん。
「私に後押ししてほしいの?一つだけ聞くわ。うちの子のどこが好きなの?あなたみたいに裕福なおうちに育った人の相手ではないわ。結婚でもするつもり?誤解しないで。力にはなれない。なぜドックが拒むと思う?財閥の一人娘と運転手が釣り合うと思う?ご両親はご存じ?聞くまでもないわね。親なら放ってはおかないわ。どんな子供でも母親にとっては何より大事なの。お嬢様の恋愛ごっこで息子が傷つくのを見たくない。きっぱりと諦めなさい。それがみんなのためなのよ」って。
ボラ、泣きながら、帰っちゃう。
そんな二人のやりとりを立ち聞きしてたドックは、やっぱり追いかけずにはいられないわけで。
ずっと泣き続けるだろうに、放っておけないよ」って。
おかんが止めるのに、ボラを追いかけるドックに「ええ~!!!あんた追いかけるんかい!」って突っ込みましたが。
あんたも相当なこと言ったくせに~。
さすがに声をかけることは、しなかったけど。
ずっとボラの後ついて歩くドックに、伸ばした手を結局は、諦めるドックが切なかったりするわけで。


魂が抜けてるボラに、シロをけしかけようとするドンナム。
ドックに振られたっていうボラの話を聞いて、ジムへ、直談判に。
ほんっと、ドンナムいい子だわ~。


ドックは、久しぶりに教授と満喫で会ってる。
教授、スラムダンク、読んでるでしょう?
ドックは出席が足りないからAらしい。
それでも学部生より、院生より、いい成績。
せっかく油を差したのに、元の木阿弥はかなわない。って。
ドックのプレゼントを喜んで、頭につけて帰っちゃう教授が好き。
「次は明るい顔で会おう!」って。


父親と昔の家にいるボラ。
「後悔してはいけない」みたいなことを聞かされるボラ。
ゴルトベルク聞きながら、「お兄ちゃん、好きな人ができた。3分だけ泣いていい?」って。
ジョンギュはさー、ほんっと、死んだことを後悔しちゃうよな。
ドックを苦しめ、両親を苦しめ、ボラを苦しめ。
あの時、もう一踏ん張りできてたら...って。


新人王戦、絶好調のドック。
勝ち上がって、ジムに戻ったところへ、ボラ参上。
「プライドないのか?また来るなんて情けないな」って。のっけからきついですな...
けど、ボラのが強い。
「そうよ。プライドは捨てたの。聞きたいことがある。今聞かないと後悔しそうだから来たの。ずっと考えてた。私の一方的な片思いだったのか。あなたは気がないのに、私だけがドキドキしてたのかって。3分だけ正直になって。本当に私のこと、好きじゃないの?一瞬でも好きだと思ったことないの?」って。
当然のごとく、ドックは「ない。一瞬たりとも好きになったことはない」って。
「あの優しさは何?お墓に行ったことも、絵本をくれたことも、友達になってくれるって言葉も、いったいなんだったの?」ってボラは食い下がるんだけど。
「同情だよ。友達もいなくて、身体も弱い。だから同情して優しくしただけだ。納得したか?」って。むかつくほどふてぶてしく言い放つ。
「キスはなぜしたの?あれも同情?」
と言われ、しまった~って顔するんだけど。
ボラを振り返るときには、平気な顔で「うん」って。「キスぐらいで騒ぐなよ。またしてほしいのか」って。
そのまま無言で帰るボラ。


で、試合が始まっても、集中できないままのドック。
もう、ボラのことで頭いっぱいですよ。
しかも、試合中だってのに、出入り口に立ってるボラに気づくんだ、これが。
で、ボッコボコにされちゃって。
そりゃ試合中に女のこと考えてたら、ボコボコにされるわな。


「ボラ、泣くな。俺のために泣かないでくれ」って、思いながら気絶ドックと、涙ボラ。


-----

なんていうか、先週と同じコメントですが、ひたすらそのせつなーい気配に、浸るのが醍醐味なわけで。
事情が事情だけに「なんでそんなこと言うの~」とか、「いいじゃん、別に」とか、さすがに思えないし。
ひたすら「しょうがないよねぇ」みたいな。
「ボラかわいそう...」とか。
「ドックせつねぇ」とか。

まあ、強いて言えば、ボラに見つからないようなところへ行け。って突っ込みはあるけど。
あんだけボラ好きになったら、目の届かないところへ、行けないってのもそれはそれで、わかるっていうか。
中途半端な...とも言えるし、けど、あのボラを置いては消えられない...と思ったり。

しかし、ボラ、けなげ度120%なのに、びっくり。
いいよ、ボラ。
見習いたいわ(爆)


そして、11月末から、lalaでは「春の日」をやるそうで。
いやー、嬉しいなぁ。


韓国ドラマ ☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

長い~
いやぁ、きよさん、この話ももう一度観た気になりました。
とても新鮮。素晴らしいね~

主役の人たちは置いといて~

ほんとにドンナムいい子です。
ドックに会ってこそ変わったボラだけど・・
そんなボラにずう~っとすごい扱い受けてきたのに、あのボラを親友のように大切に扱う彼女に感動しましたよ。
ボラ、よかったね、彼女がそばにいてくれて。

そして、あの教授・・
あの人、いろんなドラマで、ほんとにいい味出してくれますよね~
コプでもそうだったし。
いいエッセンスというか・・?
韓国ドラマに欠かせない役者さんだわ。

この回は、ひたすらドックの苦悩だよね。
それを受けてのボラの苦悩でもあるんだけど・・・
頭ではわかっていても突き放せないでボラを見守ってしまうドック。
ほんとにあんた、愛してるのね~
まだ10話なのにね~
そうそう、この辺からはもう切なくて切なくて・・・i-241

お互い何も知らず、無邪気に無意識に相手のこと好き、って思ってる頃の
2人の関係が嘘のように、この頃は色々なことを知ってしまって、でも
気持ちを抑えるのが辛くて.....みたいな葛藤がね~

これからも辛く切ないんだけど、「サムスン」の時とは全然違うヒョンビンが
優しく思いやりにあふれたテウンを魅せてくれるので
最後まで雪の女王の雰囲気にど~っぷり浸ってくださ~い...

あ、そうそうゆりてっこさんが言っていた、この教授、
「コプ」に出てたぁ~?全然覚えてない.....i-282
うまい。
>ほんとにあんた、愛してるのねぇ~。
は、名言ですね!

そして、ドンナム。
あの子、大物ですよねぇ。
あの年で、ボラの扱いをご存じなんだから!
でも、小さいときから、ボラのそばにいたからこそ。なのかもしれませんね。

そして、教授。そうそう、私も見覚えがないんです~。
ど、どこにいました?

っていうか、私、ヒョンビンが今までで一番ハマリかも...
チャン・ヒョクとツートップな気がします。<そりゃ一番なのか?
インソンは、ジェミン萌えの気がしますが、ヒョンビンとチャン・ヒョクは好きな俳優と言っていいかも~。
ええ~!?
お二人とも、雪の女王の教授が・・・
コプのバリスタだって・・気づかなかったんですか???
信じられない~
あんなにいい味出す役者さん、他にいませんよ~
ちょっとちょっと~!
私の知らないバリスタが出ていたならともかく。
教授は、別人ですよ~!!!
バリスタは、キム・チャンワンさんで、確かにあちこちに出てますけど、教授ではないですよ~!!!
も、ゆりてっこさん、おもしろすぎ~!!!

元は歌手ですよ~
http://koreaenta.exblog.jp/3416281/


ええ~
違うんだぁ~
わたし、てっきり同じ人だと思い込んでみてました~
もうやだわぁ。
うそうそぉ。
友達に言っても(まさに確信していた私)
「そう言われたら似てるもんね~、そうかぁ。」
なんて言わせていたのに。
はっずぅ~

とんだ失礼をいたしました・・・
やっぱり~(^O^)
ゆりてっこさんが間違えてるとしたら、バリスタ社長だと思ってたケド~

きよさんがわざわざ調べてくれたのね~

さすがに教授とバリスタ社長では、体の大きさが違う感じ~

でもスッキリ~
わはは
これにて一件落着~。
いや、どこで見落としたかと、一瞬焦りましたよぅ(^^ゞ
すみませ~ん・・
そうですよね、お二人がお二人とも見逃すはずないですもんね。

とんだ失礼を・・・

私の中では思いっきり同一人物でした。
ああ~
見る目ないわ~

きよさん、わざわざ調べてくださってありがとです。

腰、どうですか?
見る目ないっていうか。
そういう、勘違いってありがちですけど、でもこの二人を同じと思ったゆりてっこさんって、ちょっとおもしろいなぁ、って(爆)

キャラは、かぶりますけどね、確かに。

腰は、一進一退ですが、回復に向かってます。
お気遣いありがとうございます~。

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。