読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 THE CLOSER #3-8 海岸線の殺人者

久しぶりに、重く、どシリアスな展開。

10年ぶりの連続殺人。PCH。

ブレンダの体調不良は、一応更年期障害ってことになったけど、ほかの病気の症状として表れる場合もあるから、ということで、検査は続く。
ブレンダならそういう反応するだろうなーって予想通りに「100年早いわ」って。
100年って...
でも。
年を重ねて、自分のからだがどんどん変わっていくことは、私も私なりに実感してるし、いつかその日がくることも、以前に比べて、ぐっと身近な話で。
切ないなぁって、なんか人ごととは思えず、しんみりしてしまった。
毎月のおつとめは、ほんとにしんどいので、なくなればいっそさっぱりするのに。と思うけれども、いざ、終わりの時を迎えたら、とても淋しく思うだろう。
女であることは、それの有無とは関係ないのだろうけど、それでも、やっぱり淋しいだろうなぁ。

そして、ショックを受けているブレンダに、フリッツが「君に会わせて古風にやるよ」と、跪いてのプロポーズ。
指輪は、例の水色の箱に入った、ダイヤモンドのリング。
「同情しないで」っていうブレンダに「断られないように、弱り目につけ込んでるんだ」って。
なんか、SATC:MOVIEを観に行きたくなった。
いいな、ひざまずいてのプロポーズ。


事件の方は、被害者の夫であり検事のメイソンへの尋問と、過去の事件との共通点から、少しずつ、進展していく。
殺されちゃいけないな、とつくづく思う。
何もかも、見られ、調べられる。
死んでしまった人間はまだしも、残された人間は、その死を受け入れるだけでなく、そうしたことにも向き合わさせられ、自分の知られたくないことまで、知られなくてはならなくなる。


なぜか、普段、一人で行動することのないブレンダが、このときに限って、一人で元夫のところへ行く。
S1でブレンダがピンチだったときも、一人だったし、やはりSM系に絡んだ事件だったのは(正確にはちょっと違うけど)、偶然なんだろうけど、興味深い。

例のテロチームがらみの研修で、あと2週間不在だというダニエルズと、「あなたの提案のせいで、いつも人手不足よ」と言われるガブの渋い顔。


そして、普通にチームに情報提供しているフリッツ。
尻に敷かれっぱなしに見えるがしかし「理想の人」なら本望でしょう。


音楽も少なく、いつになくシリアスな作りで、これはこれでやっぱり好き。

欧米ドラマ ☆☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。