読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンフェアな月 刑事 雪平夏見(秦建日子)

アンフェアな月―刑事雪平夏見 (河出文庫 は 13-2)アンフェアな月―刑事雪平夏見 (河出文庫 は 13-2)
(2008/05/02)
秦 建日子

商品詳細を見る


おもしろいわ。


1作目「推理小説」は、ドラマを先に見ていたことを差し引いても、わざとらしさのようなものが微妙に気になって、おもしろいといえばおもしろいけど、小細工すぎて、ちょっと。
と、思わないでもなかったが、これはシンプルにおもしろい。


フジの雪平より、魅力的、ともいえる。
「無駄に美人」な上に、暴力的にタフで、殺人的に汚い部屋に住み、瀬崎射殺の直後から、淡々と次の事件の捜査をする雪平や、ドラマよりも落ち着いた山路や、ドラマ同様、かわいい安藤。
フジの雪平と、小説の雪平の明確な相違点が何か、よくわからないけど、こっちの雪平のほうが無頓着で、厚みがある、というか。


相変わらず、時間軸や、語り手が交錯した書き方だし、そもそも私はあまり犯人は誰かを、自ら見つけることに興味もないので、事件のオチもさっぱりわからなかったけど。


なんだろう、1作目はまだ映像的な印象が強かったけど、こっちのが、小説としての深みのようなものがある。と思う。
小説の強みは、心理描写が、きちんと果たされることなのかなぁ、とか思う。


これ、全10作にもなるようだし、先が楽しみ。


☆☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

衝動買い
「アンフェア」を観てからずっと気になっていた・・・
きよさんのコメを読んでから、「買おう」と密かに決意。
今日、本屋さんで買ってしまった・・・
読んだら感想書かせてください。

まだ「蓬莱」途中なのに~
え~
わざわざ本屋さんで!
ブックオフとかにきっといっぱいあるのに~。

せ、責任感じますねぇ...

って、「蓬莱」読んでたの、ずいぶん前じゃありませんでした?
あらすじ忘れちゃいますよ~?
大丈夫
蓬莱、実にちょびちょび読んでいます。
もうあと少し。お風呂上りに髪乾かしながら読んでます。
だから、ホントにちょびちょび。

病院の付き添いで~ と思っていたら読む暇のない付き添いになっちゃって。
間でサッカーの本を旦那に読まされて。

ブックオフで探したけど見つからなかったのだ~
無性に読みたくなってとうとう・・・
ハードカバー新書で買うことを思えば、と自分に言い聞かせたわ。
きよさんみたいに大量に読んだりしないのでご安心を。

それと、「警官の血」ドラマ化するって~ 
やっぱりあれ、面白かった。
さくさくっと~
「蓬莱」読み終え、最初の面白さが
・・・長くなったせいか、最後つまんなかった。
警察小説って、結局現場と上との戦いみたいなとこありますよね。
これって、そこらへん、わりとあっさりしていたような気が・・
最初は面白かったんだけどなぁ~

「アンフェアな月」
入りましたよ~ これは一気にいけそう。
って、すでに一気じゃないけど(笑)
でもでも、きよさんに聞きたいんだけど・・
瀬崎って江口洋介?で、瀬崎を愛していたってこと?
安藤が生きてる~ ってびっくりしてるんですけど。
「推理小説」で安藤は死んでないってことは犯人じゃないってこと?
何だか疑問符だらけながら読んでいます。
安藤って、瑛太だよね?
あ~、きよさん、教えて~!!

瀬崎は瀬崎。
江口洋介ではないです。
瀬崎は、西島君がやってました。
詳細は、オフィシャルかwikiでご確認を。

安藤も死にませんよ。
ドラマは途中からオリジナル展開なんで、小説とは違うんですね~。

どうぞ、一気に楽しんじゃってください。

「蓬莱」残念でしたね。
最初がおもしろいのに、終わりがうまく着陸できなかったりするのは残念ですよね。
了解です。
ブックオフで探すか悩みます。
が、「アンフェアな月」を読み終えてから考えます。
でも、これって、ほんとに10作目までいくの?
まだ続きは出てない?
って、質問だらけですね~
読んだらまた書きます♪
答え。
まだ出てません。
3作目も出てなかったかも。
私はしょっちゅ「ブックオフ」で見かけるんですけどね~。
オンラインブックオフとかamazonのユーズドとかで探してみてはどうでしょう。
面白かった。
何気にこの本、すごく嵌った。
韓国ドラマ見るか、こっち読むか悩んだくらい。
ドラマ見れない(テレビ占領されてる)時に読みましたわよっ。

面白かったね~ いや、ほんと。
雪平のキャラのよさが際立っていたわ~
篠原涼子、頑張っていたけど、小説のキャラはきちんと確立されていて負けてない。
そこが魅力だった。
ちゃんと雪平が想像できたもん。面白かった。
そこいくと、安藤は瑛太に食われてるなぁ~
どうしてもかぶせてしまってた。
今後に期待だわ。

買ってよかった。きよさん、ありがと。
ここで目に触れなかったらスルーしてた。
しかもしかも、時期もいいね。
第3作目は2008年秋予定と書いてあった・・
が、まぁ当てになるかはわからないけど。
でも一つの目安として。近いか・・・?
楽しみ楽しみ♪ 本で楽しみ見つけたの久しぶり。
きよさんに感謝。
あ、ほんと?
私はむしろ雪平=篠原涼子のほうが強かったかも~。わはは。
安藤は瑛太じゃなくても、こざっぱりした若手なら誰でもいっかな~って。

いや、瑛太の安藤は大好きですけど。

いずれにせよ、こやってきっかけになれたのは嬉しいです。

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。