読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 オンエア(韓国ドラマ) #1~10

#1
業界モノ。
昔アナウンサー物語だっけか、わくわくして見てたなぁと、懐かしく思いつつ。
何年か前にも報道モノのやつ、なんだっけか、見たなぁ。
美女か野獣...か?
これ、最後まで観たのかなぁ。
児玉清が、往年の名アナウンサーとして、干されかけてたところを起死回生の臨機応変な対応でかっちょよかった、ってシーンくらいしか覚えていない...

まあ、いいや。
いずれにせよ、どこの国もテレビ局って一緒なんだなぁって。
女優がみんなビッチかどうかは知らないけど。
ステレオタイプ的には、あんな感じでも不思議はないっていう。


作家もなー。
たった5年、何本か、ヒット作書いたらあんなになっちゃうの?って。思うけど。
仕事自体は熱心にやっているようで。
だからこその態度かな、とも思うけど。
彼女じゃないけど、日本でも、視聴率がいいのは出演者のおかげ、みたいな感じだけど、実際はやっぱ脚本だよなぁ。
どんなにおいしい役者で番組作っても、脚本悪かったら、どうもならんもん。
逆に脚本がよければ、メジャーな俳優が出てなくても、尻上がりに視聴率はあがるし。
まあ、その脚本の善し悪しが必ずしも視聴率につながるわけでもないのも事実だけど。


初回は顔見せ&人物紹介なんで、こんなもんかなぁっていう。
ちょっとうるさいけど、つるっと観れた。
見れたけど、日本のドラマで、女優陣がアレとかアレとかだったら、即脱落したに違いあるまい。


知ってる人たち
・局長。脚本家を迎えに行った人が、1%の奇跡のタダのお父さん。お久しぶりですぅ~。
・オ・スンアの付き人の一人が、キツネちゃんの妹。←よく見たら違った。超超脇役だし、ありえなかった...
・オ・スンアの社長、どっかで見た気がするけど、全然思い出せない。気になってしょうがない。
 →たぶん、なんとなく見てたバラエティで見た気がする。
・レッドカーペットに、オ・マンソク。...くらいしかわからないのがちょっと悔しいような。



#2
オ・スンアは、搾り取られた社長を捨てて、ちっこくて、いい人だけど、儲からない社長のところへ。
彼女が高校時代に、詐欺に遭いそうになっていたところを助けてもらった、その誠意を信じて。
しかし、100話分残ってたって言うドラマの契約は打ち切ったんだろうか。
そんなこと、まじでできるのか?
そして、そんな大人気っていうほど、綺麗なのか?...わからない。
あちらこちらで啖呵切りまくり。
契約書の条件も「私女優よ」体制だし。

作家は、台湾へ逃避行。
逃避行?バカンス?

監督が、説得に行かされ、軽くストーキング。
全く相手にされず。
っていうか、彼女、結婚してる?
バツイチ?
子供がいたことにびっくり。

持ち歩いてるのは婚約指輪。
それが入った鞄を海だか湖だかに落として、監督に拾いに行けと...
なぜならそれは高飛車だからではなく、泳げないから。
けど、監督は切れて、突き落としちゃって。
結局監督も飛び込んで、鞄を拾ってくる羽目に。

さすがに作家も悪いなぁと思ったらしいが、今度は監督がもういい!ってなってて。
とはいえ、食事をともにして、仕事の話。
大昔の、因縁の作品「ticket to the MOON」。
監督はいい脚本なのに、三流ドラマだったって言い。
これをやろうって。
復讐劇なんかくだらない。って。
作家の方は、「じゃあ、それをやるとして、でも私があなたと組むわけがない。なぜならリスクが高すぎる」って。
はぁ...まあ、確かに。
金額がでかい分、責任もでかいしね。
こけたら、仕事なくなるしね。


というわけで、さて、この先どうなるやら。


・京城スキャンダルのヨギョンママが監督のおかんで、作家の家のお手伝いさん。
・ちっこい社長のとこの駆け出しの俳優の一人が不汗党のちんぴらの一人。

韓国ドラマ ☆☆☆


#3

女子二人、きついきつい。
どっちも、ある意味弱さを隠しているんだろうけど。
どんだけ~って言いたくなる。

ヨンウンのとこの社長が「あの子は子供なのよ」って、言うのに深く頷く。

しかし、くさい台詞使ってドラマ書いてたんだなぁ。
しかも、それが視聴率とれるって...

とりあえず、そんな感じだなぁ。

☆☆☆




#4

別段突っ込みどころもないし、はまってるわけでもないけど、おもしろい。
PDと、マネージャがいい味出してるしねぇ。局長とか。あと、ヨンウンとこの社長ね。

ヨンウン&PDチームのが、今はおもしろいかなぁ。
なんだかんだ言いながら、ヨンウンがPDにいいようにあしらわれてるあたりが。
ヨンウンも、言うこときついけど、結構お人好しだしね。

スンアも、メチャクチャだけど、マネージャーには、なんだかんだ言いながら、笑顔がかわいかったり。
なんであんなにクールっていうか、奇妙に人と距離を置くのか。前の事務所の社長のせいか。

いいドラマって何か。
人が見たがるドラマって。

視聴率が低くてもいいドラマはあるし、視聴率は高くても、すぐに忘れられるドラマもあるし。
でもやっぱ、作る側の信念というか、一本筋が通ったドラマが、結局は、いいドラマになるような気がするなぁ。

☆☆☆☆


#5・6

いやいや、おもしろい。
相変わらずスンアはねぇ、きっついんだけど。
脚本家の先生は、私、結構平気だわ~。

監督とヨンウン、スンアとマネジャーの思惑だけじゃなく、例のスンアの前の事務所の社長とか、局長(っていうか、局)の思惑とか。

この2話で最強のシーンは、やっぱドラマをやることにした4人が集まって、酒を飲み、カラオケで歌うシーン。
焼酎とビールをフルーツポンチのごとくボールに作り、代わる代わるグラスを空けるヨンウンとスンア。
呆れる男二人。
しまいには、グラスをボールに直接入れて、お酒をくんでいるのに爆笑。
カラオケでも、女子二人、はじけっぱなし。

とはいえ、ほんとに酔っていたのはヨンウンの方だけで、スンアは実はけろっとしてたようだけど。
「作家に嫌われてもいいことはないから」だそうです。

とはいえ、まだまだ裏工作継続中。
今後の展開が楽しみ~。

☆☆☆+






#7・8

チン社長むかつく~。
そして、スンアめんどくさーい!
チェリうざい~!
...けど、おもしろい。

スンアに比べたら、ほんっと、脚本家の彼女がまともに見えてくるから不思議。
スンアって、あの態度で、いったいどうやって今まで生きてきたんだろう。
っていうか、なんでいつもあんなに高飛車なんだろう。
何にそんなに自信があるんだろう。
あの態度で、国民の妖精ってかなり無理が。

監督が、なんだかんだ言いながら、とにかく、ソ先生にまともな台本を書かせようと一生懸命で、好感度高い。

それにしても、なんかほんとに、大変そうな職場だわ、芸能界って。


料亭で、またもやもめてる4人。
PDはソ先生を。チャン社長はスンアの肩を持ち。
本音と演技が入り交じって攻防。

そして、ロケハンと広報大使で台湾に出かける4人。
ドラマの中ではそれは必要なのか?とかタイアップの話とか扱ってるんだけど。
まさに、今君たちこそが、台湾に行く必然性はあるのか?みたいな。
観光ガイドみたいなシーンになってるぞ、っていう。
そして、実際ちょっと行きたくなったじゃないか!

脚本家なのに!と息巻くのはちょっとめんどくさすぎ。とは思うんだけど。
チャン社長が自分に惚れてるって、気づく才覚はあるんだな。
PDは、信じてなかったけど。ズバリ、当たってるんですよ、これが。

チャン社長がさー、ちんまりしてるし、猿顔なのに、かわいいんだよねぇ。

脚本家はむしろPDのがちょっと気になってるようですが。
スンアは相変わらず読めん。
この女もPDなんかな。

4人鉢合わせた時のPDの気まずそうな感じや脚本家のふがーな感じやスンアのふふん、って勝ち誇った顔や、チャン社長のなーんにも知らない笑顔とか。
ああ、来週が楽しみ!

☆☆☆☆←しかし結構早送りもしているんだな、これが。




#9

これ、萌えとかなしに、普通におもしろい。
韓国ドラマで、こういうおもしろさって、あんまりないので、なんかおお!って感じ。

-----
まあ、次から次へと...
チョ・ヨヌは降板するわ、照明監督、撮影監督も降板するし。
スンアはまだびびってるし。
まあ、努力してもダメだったら...って思えば怖いけどね。


スパで、「なんで女優になったの?」と聞かれ、最初はごまかしたスンアがヨンウンに「淋しかったから」って答えたのに、ヨンウンは、「なぜ脚本家になったのか」と聞かれて「私はおしゃべりだけど親しい人にしか自分のことを話さないの」ってごまかしたのは、ずるーい!って。
そしてPDは、「リリー・マッサージ」に行ったことがあるらしく。
みんなにドン引きされてる(笑)。


PDとヨンウンの関係が気になるチャン社長。
PDも、チャン社長がヨンウンの母親の店を知っていることが気になってるみたいだけど。
って、お酒弱すぎ!
これ、中の人も弱いんちゃう?
真っ赤だったけど。

イ・ソジンが出てたけど、ロン毛が似合わない、似合わない!
誰、この汚い人!みたいな。
気づかなかったわ~。
し、ガンジェ@恋人の時は、それほどでもなかったけど、なんか太った?
あんまし、えくぼが好きじゃないから、ダブルパンチにナシだった。

☆☆☆☆


#10
まじでおもしろい...
骨太っての?


-----

高校生スンアとチャン社長の回想。
スンアに自分の言ってることの意味をわからせるためにホテルのスイートに連れ込んだらしい。
「ドライだが危険な香りのするワインだ」とか言っちゃって~!!!


監督と話してるヨンウン。
「言い争いはしたくない。後悔はさせないから、俺を信じてくれ」って。
それを遠くから見てる局長。

スンアに呼び出されるヨンウン。
「友達いないし。醜態さらせる相手ってあなたくらいだし」って。
「落ち込んでる時にお酒飲むなんて、ばか?」みたいな言いぐさのヨンウンに、「毎回説教しないでくれる?」って。
いや、確かにせやねんけど。
したくなるんだよ、スンアさんには。

で、要するに「ちゃんと私を見て」みたいなこと言いながら、酔いつぶれちゃうスンア。
「私の演技なんてへたくそだし」って、泣きながら。
困ったヨンウンは監督を呼び出して、「送ってあげて、それから私を拾ってほしい」って言うんだけど。
「そんな時間ないでしょう、このまま帰って台本書いてください」とか言われてて。
なんとなくショック...みたいな。
でも、まあそうだろう。
スンアを送って戻ってくる時間に、帰れるだろう!

で、スンアが自虐的に見てる低姿勢スンア→高飛車スンアの変遷ビデオは、送り主不明の品らしく。
チャン社長なんかな。
いずれにせよ、このイタイビデオを見てるスンアはまだ性根はあると思うけどね。

スンアんちの前で座り込むチャン社長。

ヨンウンは監督待ちつつだったのか、徹夜で5話を仕上げ、出かけようとしているところへ、監督。
「話は明日にして。私が誰と出かけるかをいちいち報告する義務はない」っていうヨンウンに、なんとなく「まずいよなー」って感じの監督。
この微妙に二人、もやっとした感じがツボ。
こういうのがないとね、ドラマは!

局長が「監督を替えよう」って言うと、ヨンウンは「そうね、替えましょう。ついでに作家も替えましょう。って、何が不満なの。彼はちゃんと結果を出すわよ」みたいなこと言って席を立つヨンウン。
ただし、これは局長の思惑通りなんだけどね。

セットについて打ち合わせ中のヨンウン。いつもの毒舌もなくおとなしいもんだから、みんな、「.....」みたいな。
むしろ怖いっていう。

で、監督が5話の台本に○をつけてない!って言うんだけど、なんと表紙に○がついてた!
で、嬉しそうなヨンウン。

スンアのほうは、チェリーとCMで共演って話なもんで、辛辣に言い捨てて、部屋を後にする。
ピアノの練習とかもしてるようだしね。
チャン社長はチャン社長で、少し距離を置こうとしているようだけど。

そして、例の彼。
スンアの英語の先生。
やっぱし、彼が食い込んでくると思ったよ。

新人オーディションは「どないなってんの~」みたいなのばっかだったけど、彼はアリでしょう。たぶん。
チャン社長んとこの子ってことになってるわけだし。

いやー、来週が楽しみだわ~。

☆☆☆☆

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

ビックリ!
今9話まで来てて、初めてきよさんのコメ読んだんだけど~
イ・ソジン出たんだっ!ってことは私の大好きなミンジュンssiも?!

このドラマ、色んな人がチョイチョイ出るって聞いてたけど、私が見たのは
最初のチョン・ドヨンくらい。。。
この回、色んな俳優の名前が出てたけど~

くぅ~(><) そこカットかよーっ!!!

ほんっと、‘ガッカリだよ!’ byユノ(爆)
うーん。
私、あんまりこの時点では役者さんわかってなかったので、カメオで出てきても実はよくわかってないんですよねぇ...
イ・ソジンはたまたま知ってたけど。
本筋に関係ないとはいえ、ばっさりカットされているとは..

やっぱノーカット字幕版、お見せしたいなぁ...
たりさんへ☆
ええーーーー@@
ミンジュンし~の出たとこカット!?
スンアとお茶していて~
(2人は友達設定・・もしや付き合ってんの?とか言われたりして・・面白い!)
そこへアン先生(外科ポン)が来て
ミンジュンし~に向かって
「君の出てるドラマ見てるよ、あのアン先生ってのは素でもあんなに性格悪いのか?」
なんて突っ込んでて~(自分のことだろ)
「そんなことないですよ、」
ってミンジュンし~に言わせてました^^
確かイ・ソジンが出てくるより前だったと思うけどなぁ~
うわっ!
ゆりてっこさんのカキコに気付いていなかったぁ~e-258

てか、ミンジュンssiの出演場面って、そんなんだったのぉーe-350
ますます超ショックぅ~v-406
かなり面白かったんじゃーん...
「外科ポン」観てない人にはわからないから、あえてカットv-317だったのかしら。

でも情報ありがとう~e-266
これだけでも十分想像出来て楽しめたわ~
いつか必ず、私もその場面を見るわっv-218

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。