読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 京城スキャンダル(韓国ドラマ) #1~6

#1 10分!10分あれば充分!

いわゆる日本が朝鮮支配してた時代。30年代、かな。
祖国解放に身を捧げるヨギョンと、ナンパに楽しそうなワン。
「唯一認める朝鮮人」とか言われてるスヒョン。
そういう時代背景なドラマを見るのは、いろんな意味で複雑な心境がないわけではないけど、そこはさくっと、ドラマと割り切ってみる。

宮でチェギョンのお父さんだった、カン・ナムギルとか、リュ・ジンとか。
あと、ヨギョンのお母さんはどこで見たのかなぁ。「強者たち」の大統領夫人だっけ...?
ヨギョン、誰かに似てる、と思ったんだけど、中谷美紀?
カン・ジファンは、ちょっと船越栄一郎っぽい。とか言ったら、怒られるかしら。


超ナンパ男のワン。
エロ系雑誌を持ち込もうとして、なにやらスパイ活動中のヨギョンの偶然の勘違いで、警察に没収され。
ワンは、どこぞの資産家のボンらしい。
ヨギョンは、街で噂になるほどの堅物化石女。
エロ系ナンパ男のワンを、とりあえず、グーパンで殴る力強さ。
スヒョンは、保安課ってことで、公安みたいなもんなんかな。
ヨギョンの本屋で、貧しい子供に芋で本を買ってあげようとするなど、優しさ爆発。
あと、芸妓の彼女。
ワンとは親しいようだけど、今後どう絡んでくるのか。

全体に、ちょっと独特な雰囲気があって、おもしろい。
音楽も、いいし。
日本の大正~昭和初期な感じと似てる。
はいからさんが通るとか、こんな感じだよなーって。

リュ・ジン出てるドラマ続きで、なぜかリュ・ジン祭り状態。



#2 チョマジャさぁ~ん

なんとなーく、観ないまま置いてたけど、そろそろ観ないと後が苦しい。

というわけで、ワンに匿われたヨギョンを、探しに来たスヒョン。
ワンとスヒョンの過去のしがらみがさくっと描かれる。
ワン兄の死と、スヒョンの裏切り。...とか言って、スヒョンはたぶん、濡れ衣なんだろうけど。

服の袖が破れたって、ワンのシャツを脅し取り、ちょうど来たソンジュのパンツを借りて。
ワンに送ってもらってるヨギョン。

で、ワンが絶対落とすって豪語したチョマジャさんがヨギョンだとは露知らず。
暢気に自己紹介とかしてて。

とにかく、ヨギョンの突っ走りぶりってったら、笑えるというか。
本人がまじめなだけに、おもしろい。


で、ワンは義母のお供で洋服屋で課長だかの奥さんのご機嫌取りまくってみたり。
これがまた歯の浮くような台詞をべら~っと。


で、チョマジャさんを落とすつもりが、あだ名ではなく、本名だと思ってるし年格好も知らないもんだから、ヨギョン母落とそうとしてて。
いや、落とそうとする時点ですごいんだけど。

本物のチョマジャさんは、ある意味もっと難易度の高いヨギョンだっていう。
まわりが誤解して、「すげぇ~」ってなってるのがまたおかしい。

なんとなく、テンポもよく、さくっとおもしろい。

あの時代は、どこも大変だったなぁ。って。思うけど。



#3 俺の女に手を出すな!

いやいや、おもしろいですね。
録りだめてたから、なおさら楽しい。
プチ一気見。


ソンジュとスヒョンの過去が明らかになり。
ソンジュが濡れ衣だってのも明らかになり。

ワンとソンジュの友情って、わりと好き。


ヨギョンに、偶然も詩も通いない。ありゃ女か?って、ぼやくワンだけど。
スヒョンの偶然はちゃんと効いてますから!
もー、どこいってもリュ・ジンはモテモテ。
ワン、キャラバレてんのに詩とか読んでもそりゃむしろきもいしー。

百貨店主催のボクシング大会に、出ることになったワン。
4位のゴム靴が目当てだったはずなのに、「顔はやめて」パワーで、準優勝。
優勝が牛で、準優勝が釜かよ!
勝ち上がるたび、盛り上がる二人を横目に、しおれてる少年がかわいい。
でも、その釜を売って、靴を買う才覚があるらしい。

で、盛り上がってる二人を、月刊ちらしの面々が激写。


帰り道、カフェに誘うワン。
と、「こんなところでこんなものにお金を支払う人の気が知れない」って。
一途な子だなぁ。
一方、ワンはワンで、人を見かけで決めつけるのは愚かだ。って。
んー。でも、伝聞で決めるのも愚かやで?

なんだかんだ言いつつ、ヨギョンを追いかけるワンを振り袖?の幸子さんが呼び止め。
「あなたの席を用意したわよ~」って。
さらに激怒するヨギョン。
必殺の頭突きで、ワンを撃退。
「今度顔見せたら殺すわよ!」みたいな。

で、イノの件で、事情聴取されるヨギョン。
いい人だと思ってたスヒョンが、日本の警察だってんで、またもや激怒。
拷問の危機か!ってとこで、ワン登場!
「俺の女に手を出すな!」


いやー、あれですね。
やっぱあの時代ってのはイヤなもんですね。



#4 兄さん...死ぬな 兄さん

素直に「おもしろ~い!」って言っていいのかちょっと悩ましいけど。
...おもしろいです。


ワンとヨギョンがいいし、展開もおもしろいし。

ワンの機転で、解放された二人。
でも、あくまで名前が「チョ・マジャ」だと思ってたっていう。
ははは。
で、お店で。
「ここまでだ。これが最後だ」って。
「餌をくれないご主人に尻尾を振る犬をやるのもおしまいだ」って。
もう来ない。って。
立ち去る後ろ姿を見守るヨギョン。
確かにたくさん、助けてもらったわ...って。


翌日、例のボクシングの写真つき特別号が発売。
もー京城は大騒ぎ。
みんな、ワンを知ってるのか!っていう。
もー、笑われまくり。
で、そんなんがヨギョンの目に入ったら大変だ!ってんで、マッハで店へ駆けつけるワン。
ヨギョンの肩抱いて、変な噂が耳にはいらないようにガードするんだけど。
...むしろ信憑性が増すような...

で、ヨギョンと一緒に代筆してあげて。
イイヤツだ。
お互い、なんとなく、意識し始めているような。

定宿の連れ込み宿?で、「ああ、俺だよ!」って、キレテルワンがかわいい。

で、スヒョンとの対面、対決があったり、編集長が連れて行かれたり。
泥酔したワンは、ヨギョンのところへ。
あら~。っていう。


そうそう、例のイノが目撃した暗殺犯はソンジュだったのねー。
本当にスヒョンが裏切り者なのかは、未だ謎。




#5 てめえが恋しかった

政治的な話はさておき、ワンとソギョンがかわいんですけど!



というわけで。
ソンジュにスカウトされてるソギョン。

寺では、ワンとスヒョンが話してる。
ワンの兄が殺された件について。

スヒョンは言う。
「すみやかに近代化された日本を見習うべきだ」と。
「俺はそれを教えようとしただけだ」って。

ワンは、「それでも信じてたのに。事情があったと信じていたのに」って。
「恋しかったのに」って。
そして言う。「生きているうちはその顔を見せるな」と。
スヒョンのいった言葉がほんとに、真実かはちょっと、まだ保留、かな。


で、例のボクシングする原因になった少年と、ソギョンの店の前で出会ったワンは、子供たちと、サッカー?してる。
そこへおやつを届けるソギョン。
ここ、かわいくて。
子供たちも、ワンもソギョンもキラキラしてて。
これは韓国の話だけど、日本も、似たようなもんだったろうし。
戦争時代の映画やドラマで観たことがあるような。そういう光景。
ソンジュが、「国はどんな状況でも、青春時代は、いつも春なのよね」みたいなこと、言うんだけど。
ほんと、そうなんだよなー。って。
それは、アメリカでもヨーロッパでも、イスラムでも同じなんだろうなぁというような。


で、父には、スヒョンの言葉をそのまま伝えることなく、かばった形のワンは、なぜかソギョンのところへ行ってしまって。
「何しに来たんだ?俺」って、右往左往。
会いたかったんでしょ?ソギョンに。

けど、そこにはスヒョンがいて。
それを見たワンは、怒ってソギョンを連れ出す。
「本当に二人は付き合っているんですか?」と聞かれて困ってたソギョンは、コレ幸いとついてくんだけど。
すぐに引き返すと思いきや、そのままドライブへ~。
逆ギレしてるワンとびっくりしてるソギョンがかわいい。

で、ちらしの3人組は、ワンの賭けについてああだこうだ言ってるんだけど。
言ってるとおりに、ふたりも展開...っていう。
このドラマ、ほんっと、笑える。この作り方。

車が故障し、嵐がやってきて、二人は廃屋でご一泊。
で、トランクには、「突然女を口説くセット」を積んでるワン。
キャンドルとワインにこういう用途があるとは...っていう。

酒に弱いソギョンはワイン1杯でかわいくなっちゃって。
「怖くなるから酔うのはイヤ」って。
「警察も拷問も取り調べも追われるのも隠れるのも母を悲しませるのも怖い」って。
亡くなった父のこと、祖国に尽くすこと、をワンに話す。

でもって、雷も怖いらしく。
はじめは同じ部屋で寝るなんて!とか言ってたのに、すっかり寄り添って寝てた!


とにかく、ワンとソギョンがかわい~。


☆☆☆



#6 この女が死んだらおまえを殺す

ちょっとー。
ワンったら、いつの間にやらすっかりヨギョン堕ちなのねぇ。

嵐の翌朝。
腕立て伏せで男の煩悩を振り払ってるワン。
200回超えてるし。
腰、あがってるし。

そんなことは夢にも思わないソギョンは、「この自転車で帰ります!」って。
「勘弁してくれよ~」って言うワンに「交代で漕ぎましょう!」って。
それでもうんと言わないワンに「じゃあ、一人で帰ります!」って言うんだけど。
漕げないんだな、これが。チャリがでかすぎて。

ガソリンが届くまで二人乗りであまりに爽やかすぎる景色の中を走り抜ける。
ちょっとちょっと~。
すっかりお似合いの二人じゃないのよぅ。

そして、日も暮れてから帰り着く二人。
別れ際にワンが言うんだわ。
他の男の前で酔うなよ」って。
ちょっとそれ、独占欲でしょ~。
もー、ワンったら、落とすはずがあんたが、オチテルっての。

ソンジュには「初恋に目覚めた少年の微笑み」とか言われてるし。
否定しても、ぜんっぜんムダですから<日本語がおかしい。

「そなたの思い人 独立運動家  私の思い人 売国奴
青春はいつも春 祖国はいまだ冬」


そんでもってサチコは、開筆パーティーを開催するんだけど。
開筆パーティーって..サチコ...
→しかも、このサチコが「強敵たち」の黒蝶で、「めっちゃ」の大統領夫人だっていうからビックリ。
 言われてみれば...っていう。
 まじ、見てくれだいぶ変えてるとはいえ、女は魔性だわ...

ワンは、ちらしの3人組にチョ・マジャを落とす期限を切られる。

一方、ヨギョンは、ワン義母に呼び出され。
→これがサムスンのナ社長秘書だっていうから、ほんっと女は...

「釣り合わない」って。嫌味言われ。
よく考えると、ワン父はひとかどっぽいのに、なぜ妻がこれなんだっていう...


そして、やはり風邪をひいて寝込むヨギョン。
病院に連れて行ってくれたのは、スヒョン。
入院していると聞いて、慌てて駆けつけるワン。
しつこいようだが、あんた、完全にオチテルね...

スヒョンが言う。
「正直で純粋な女を騙して胸は痛まないのか」って。
お見通しだわね..

ヨギョンの額に手を当て。
目覚めたソギョンの目を隠すワン。
そして、黙って立ち去る。

ヨギョンを返信させるために買ったドレスは、ソンジュの後輩にあげて。
賭から降りる。
かっちょええわ...
潔いわ...


ヨギョンは、ソンジュに言われて、開筆記念パーティーに潜り込み。
ここで、サチコがキレテル。
偽の招待状を持ち込んだ客に。
これがまたまさにキレテルって感じで。
サチコすげぇ。

すっかりオサレに大変身なヨギョンにチラシの3人、大はしゃぎ。
ワンも度肝を抜かれつつ、何かが変だ...って感じ。

そして、22時。
照明が落ちて、銃声。
撃たれた政府高官と、血まみれのヨギョン。<も、怪我してるよね。

ワンが、駆け寄って抱きかかえ。
ワンはもう血相変わってて。
「ヨギョン!」って。
ヨギョンは茫然自失。
ワンは連れ出そうとするんだけど、そこへスヒョンが立ちはだかり「ここを動くな」と。
ま、言われるよね...
でもってワンが言う。
この女が死んだらおまえを殺す


ワンが船越栄一郎に見えるって言ったの誰?<おまえだよ。
いいわ。カン・ジファン。
イケメンじゃないのに、いいんだわ、これが。
もー、どういうこと~。



韓国ドラマ ☆☆☆☆☆☆☆か...悩ましく。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

どうなるんでしょうねぇ~
このドラマ。

どういう狙いのドラマなのか.....
コメディ路線なのか、ラブコメ的なのか、イマイチ分からないのですが。
それだけに、これからどう展開するのか、が楽しみ~

あ、カン・ジファンが船越に似てる(?)、には1票(爆)
うーん。
時代背景があれですからねぇ。
ちょっと日本人には微妙な話も出てくるのかなぁ、と思うと、ちょっと気が重いです。正直。
政治と宗教と野球の話はするなっていいますけど、戦争というのも、同類と思うので、淡々と見るか、やめるかどちらかかも...

この雰囲気は好きなんですけどねぇ。
うん・・・
そうなのよねぇ~

>やっぱあの時代ってのはイヤなもんですね。

な、感想が4話でもますます・・・

だからきよさんには「無理しなくても」って書こうかと
思っていたところだったんです。

でも話はますます面白くなってきます!
(きよさんも何気にそう思ってる感じ~?!)

だから今後の視聴は、やっぱりきよさんに
お任せすることにしまぁ~す。(^ー^)


って、ココまで書いて、一度mayumiさんのところに行って来たら
きよさん発見(@。@)

やっぱりなぁ~。朝ココ見た時は「京城~」のコメ
なかった気がしたのに・・・?って思ってました。

じゃ、もしや4話もこれから?
そうなの~。
ドラマ自体はおもしろいのよ~。
でも、あの時代背景はやっぱいろいろ思うところがあるじゃないですか...
おもしろーい!って言い切るのが心苦しいっていうか。
まあ、彼らの視点からしたら、そうだろうし、日本には日本の言い分とか、まあ、日本の国内だって、別にみんながみんな、戦争万歳だったわけじゃないし。
というかむしろ軍人とかって存在自体が...ねぇ?
でも、その軍人だってピンキリだったわけだし。
と、もやっとした部分には目をつむって見続けさせてもらいます。
だって。
おもしろいんだもん。<結局己の欲望に忠実。
そうなのよねぇ~
>おもしろーい!って言い切るのが心苦しいっていうか。

そうそう・・・まったくです。

なので、ココは1つ、娯楽と割り切って見ることにしましょっ!

ま、突っ込みは入れつつ・・・・・・

そうそう4話は「えっ、ソンジュが?」っていう面白さが
出てきちゃったもんねぇ~
やっぱり先が気になっちゃうよね!
そうしましょう!
娯楽は娯楽。
過去は過去。
今の私が差別してるわけじゃなし。
と、割り切るだけですわ~。
うむ・・・
何か4人がそれぞれイイ味だよねぇ~コレ。

ハン・ゴウン(ソンジュ)も、なんか妙にハマッてるし!

そして何がそんなに面白いのか説明は難しいけど

何かますます面白くなって、キター!!!
キテルし!
そうそう、4人ともいい。
し、撮り方っていうか、構成も好き。

まさに説明は難しいけど、キター!っていうのがピッタリです~。

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。