読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ラスト・フレンズ #10 愛と死

ええええ!!!
ちょ、意表突かれた。

なーんか、前にも見たなー、こんなの。
とか思いつつ見てたら。
なにこの逆転ホームラン。



というわけで。
ソウスケを鈍器で殴りつけて無事脱出したルカ。
家に帰ったとき、タケルは異変に気付く。
さすがタケル。見守る男。


タイ料理パーティ中のピンポンに。
空気固まって。
まったくもって、だらしないオグリン。
いくらなんでもあんた、弱すぎ。
さすがにちょっと引く。


週刊誌に記事が出て。
タケルが部屋の入り口で話し始めたとき、そういう話をそんな無防備にしていいものか?と思ったら。
案の定ミチル嬢が立ち聞きしてくれて。
しかも、家を飛び出す拒否反応に。
怒。
おまえはどんだけ世話になってその態度なんだ、いったい!
っていう。
なんかさ、ショックなのはわかる。
わかるけど、そんな全否定的ダッシュせんでもええやん。
どんだけ思いやりのない行為やねん。
「どんな顔したらいいかわからないの」とか言ってるけど。
よりによって、一番傷つく態度とらなくてもよくない?
そこまでしないといけない?
そりゃ確かにルカもタケルに告られたときの拒否っぷりってったら、ひどいもんだったけどさ。
でも、そーれはちょっと違うんじゃないの?
もー、ほんっと、この女だけは...


家の前の公園に、ソウスケ。
見つけたエリィが説教。
「男なら引きなさいよ」って。
そういうことしたらますますミチルが引くって、わかんないわけ?って
さすがエリィ。
男気溢れるその態度。
ついでにオグリンにも説教。
されて当然だよ、オグリン。
さすがにちょっと情けなさすぎ。
優しさと紙一重の、だらしなさ。


ソウスケに呼び出され。
まんまとマンションにひとりで向くミチル。
...この子、ほんっと学習能力ないのね。

で、例によって例のごとく殴られ押し倒され。
友達を傷つけないなら、そばにいてあげるから。って。
泣くミチルに、なんで泣くんだ。って。
泣きながら、言う。

ソウスケはさー、どうして殴らずにいられないんだろう。
どうしてあの男の子を優しく見守れるなら、ミチルのことも大事にしてあげられないんだろう。
究極の甘えなのかもしれないけど。
でも、なんか、どうして?って思ってしまう。
いや、だから病気なんだろうけど。
どうして、それじゃあだめだ、って気付かないのかが不思議でしょうがない。
わかっていてやめられないっていう風には見えないんだよね。
ほんとに、あたりまえにやってる感じがして。
そういう人が福祉課に勤められることが不思議で。

ミチルの、シェアハウスでの写真を見て、泣いてるソウスケ。

翌朝。
血まみれのソウスケ。
ええええ!!!っていう。



ルカがお父さんに、告白した。
お父さんの望む幸せは、見せてあげられないと思う。
だけど、私は私のやり方で絶対幸せになるから。って。
お父さん、見守るしかできないからな、って。
エライよな、このお父さん。
常に、娘の味方であろうとする姿勢が。
二人の話を控え室で聞いてるタケルの表情がいい。


たたずむお父さんに、お茶を渡すタケル。
「君と付き合ってると思ってた」っていうお父さんに。
「すみません。力不足で」っていうのが、場違いだけど、笑えた。
力不足って~。

というわけで。細かいことは端折ってますが。
なんか、正直、ソウスケの恐怖がないとちょっと迫力不足...とか思って見てたんですけどね。
どんだけソウスケの魅力にはまってたか、気付かされた...
魅力?魔力?

ソウスケ、もう事切れてるのかな。
それとも、復活するんだろうか。
来週最終回、その次特別編らしいけど。
特別編という名の総集編なんていう楽しい話じゃないよね?

☆☆☆←ソウスケが物足りないので。





昨夜は、眠さ爆発で、ひととおりしか書けなかったので、補足。<そりゃ夜中の2時じゃあねぇ。

ソウスケについて。
昨夜は軽い気持ちの部分で感想を書いたので、あまり深く突っ込んでないけど、ソウスケがあれで死ぬのは消化不良すぎる。
DVやって、自責の念で自殺?
それってちょっと救いがないし、意味もない。
そこまで彼が思い詰めていたなら、そういう部分も見せて欲しかった。
ただミチルをストーキングすることでそれを表現してた?そんな~。
ソウスケの過去とか、もう少し見たかったような。
ドラマだけど、彼にも救いの方針の片鱗でもいいから、見せて欲しかった。
じゃないと、実際DV関係者の人とか、辛いじゃん。
いや、そういう人はこんなんくだらんわ、って見てないかもしれないけど。


あと、タケル姉さんはチラリとも出てこなかったけど、そこはどうなのさ。っていう。
やっつけで来週片づける...わけもなく。
だいたい、ある意味、一番センセーショナルな設定すぎて、むしろ描けないっていう可能性もあったり。
だって、幼児フェチで、しかも、女→男って...
あまり聞かないが、よくある話なのか?
いずれにせよ、タケルのバックグラウンドとして用意された設定に過ぎず、この場合、和解・解決みたいのはあるわけないわな、と。
だからこのまま終わるのかも。
ただ、タケルが今後もスキンシップ不可なままはかわいそうなんで、そこはほんとは落としどころが欲しいけど。

勝手に13話くらいはあるかと思ってたんで、あまりいろいろ取りこぼしがあるのも軽く考えてたんだけど、来週で終わりとなると、これはちょっと盛り上がったけど、最後がねぇパターンになるかも。と思う。心配。
関連記事
スポンサーサイト


Comments

そうなのかぁ~
いやぁ~来週最終回!ってなってたから、えっ?って思ったら
最後は特別編ですかぁ~。
特別編ってことは、その後のみんな・・・とかそういうことなのかなぁ。
ミチルの子が生まれて・・・とか。

とりあえず、オープニングからずっと気になってたミチルのお腹の子は
ソウスケの子、ということが分かって、死ぬのもソウスケで.....

じゃあ「ルカとはもう二度と会えない」みたいなこと言ってたけど
あの意味は?

ソウスケの子を産むって決めたから、ルカには会えないっていうこと
なのかしら?う~ん、最後まで気になる!

とりあえずソウスケは、ああいう風にミチルの前で、ミチルに着せたかった
ウェディングドレスを抱いて自殺、ってことで、一生ミチルの心を
自分に引き止めておくことが出来て、ある意味ルカに勝ったのかも.....

それにしても、タケルと姉さんとの詳しい話はナシなのかしら?

上野樹里は、ココに来て、ますます演技がうまくなった
気がしました~
だから長澤まさみのヘタさが余計際立っちゃって。
ちょっとかわいそうなくらい.....
上野樹里最高!
タイトル通りですけど。
あの震えるまつげとか、もー、何この子!
すっごい進化してません?みたいな。
タケルの前だと、声もあまり低くなかったりとか。
あれってわざとかなぁ。
素の自分になってるっていう。
ルカの部屋での彼女の演技と、バーでのタケルの表情が超良かったです。


というわけで。
特別編とはなんぞやという疑問を残しつつ。
次週最終回ですね~。
そういえば、誰か結婚式していたけど、それはいったい...。
エリィとオグリン...とか?
ルカはたぶんカミングアウトするでしょ?

ソウスケは確かに、ああすることである意味勝ったのかもしれないけど、なんだか釈然としません。
この辺りは、追記として本文にも入れたんですけど。

ミチルがルカに会えないって言っているのは、なんでしょうねぇ。
彼女の考えていることはさっぱりわかりませぬ。

たりさん気づくかなぁ。
浅野妙子さんの,インタビュー。
結構,面白いです。
なるほどなぁ,って。

http://www.tokyowrestling.com/articles/2008/06/last_friends_1.html
気付かなかったぁ!
全然気付かなくって、サムスンのコメント終わりに書いてくれたので
分かりました~!ホッ.....

じっくり読ませてもらいました!
「へぇ~」な部分と、「やっぱりそっか」な部分と
色々分かってとても面白かった!

そしてやっぱり上野樹里は絶賛されてましたね~!

実はこんな記事も↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080618-00000004-ykf-ent

今日の最終回、どうなるのかなぁ~.................

あ、やっぱり?
タイミングしだいでは気付かれないかなぁと、思ってました~。

ああいう裏話も、織り交ぜて観ると、より楽しいですよね~。

というわけで、やはり樹里絶賛、長澤...みたいな感じですね。
はははのは。

しかし、今日の最終回には...

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。