読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッテリー6(あさのあつこ)

バッテリー 6 (6) (角川文庫 あ 42-6)バッテリー 6 (6) (角川文庫 あ 42-6)
(2007/04)
あさの あつこ

商品詳細を見る


終わりかー!
うう...
美しく、可能性を秘めた終わり方とも言えるんだけど。
個人的にはちょっと不完全燃焼...
物語には一定の結末がほしいので、「彼らの人生は続いていく」方式にしても、「DIVE!」くらいのわかりやすい区切りがほしいなぁ。

打たれたのか、打たれなかったのか。
これって、私にとっては大きいんだけど。
想像の余地があると言えばそうだけど、ちょっと、物足りないっていうか。

それ以外については、彼らの1年を通じて変わっていく姿は、興味深く、楽しかった。
はじめは鼻っ柱が強くて、人と関わらない、あるいは関われない巧の不安定さが怖かったし、不安だったけど。
物語が進むにつれて、巧は、ただの野球バカで、まっすぐなイトオシイ少年になっちゃったし。
あらゆる登場人物について、一定の方向付けはできたと思うけど。

親子関係とか、おじいちゃんとか、ちょっと積み残したままで終わったような気がしないでもない。
まあ、全然彼らはこれからだからね。
別に、それで構わないんだけど。
それよりずっと大事な、迷うことや、そこから抜け出すというか、それによって一段階段を上がるというようなことは、きっちり描かれていたし。

この本って、どこがどうとか言うより、やっぱりある種の雰囲気を読むようなところがある、気がした。
んー。
著者の言いたいこととか、情熱はすごく伝わるんだけど、物語として破綻もしていないんだけど、きちんとクローズできなかったというか、巧の投げる球のような、物語自体、登場人物自体が力を持ちすぎて、著者に御しきれなかったのかなあ、というような感じがした。
当初、考えていたものとは違うストーリーになったんじゃないかなぁ、と。
軸は同じかもしれないけど、もっと違うストーリーだったんじゃないかって気がする。
穿って見過ぎかな。

でも、しつこいようだけど、先が読みたい!ってすごく思ったし、読んでいて楽しかったし、素敵だった。

この6巻では、青波が、子犬を埋めるシーンでぞくぞくした。
というか、それにまつわるエピソードそのものが、うまかった。


あと、巧って、野茂とかみたいになるのかな。
なんか、そう思った。

彼らの、それぞれのサイドストーリー的後日談があったら、私は鼻息が荒くなっちゃうね。
そういうくらいには入れ込んだ。

あーあ、終わっちゃったなぁ。


☆☆☆☆

以下、抜き書き

P.52
それは呪縛のようでも祝福のようでもあった。


P.160
投げられる者でありたい。何一つ条件をつけることなく、最高のピッチングを為す者でありたい。誰からも何からも、自由でありたい。
囚われない。囲われない。縛られない。つなぎ止められない。


P.170
そうか、ここにも知らないことがあったのだ。
失うこと。失うことに怯えること。痛みに耐えること。温かいと感じること。そして温かいものを両手に抱くこと。
何一つ知らない。


P.200
端正という言葉が、投球への誉め言葉になるのかどうかわからないけれど、僅かも乱れることのない球の奇跡は確かに美しい。


P.215
単純で美しい。単純だから心惹かれた。


P.223
緊張が緩んだ後の気だるさと疲労感。身体の奥からじわりと湧いてくるものを否定してはいけない気がした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。