読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Brothers & Sisters #1-17 DNA

超濃厚。
話題と苦悩が盛りだくさん。

ノラのレベッカ対処法がすごい。
家族でディナーって...

たしかに、案ずるより産むが易しというか、そうなんだけど。
そうくるか!と。
さすがノラ。
ジャスティンって、一番ノラに似てるかも。
変にまっすぐな感じ。

ノラとホリーが向き合って、案外落ち着いて話をしている姿って、なんとなくわかる。
パパウォーカーを間に挟んだ鏡のような存在で。
最も煩わしくもあり、ある意味では、誰より近しい存在でもあり得る。というような。

レベッカに、最後に言った台詞がいい。
「私でもお母さんでもない。悪いのはあなたの父親だ」って。
そのとおり。


ケヴィン。
案外、ケヴィンって潔癖性だよなぁ。
チャドのことにしても、レベッカのことにしても。
だからこそ弁護士なのかもしれないけど。
白黒つけたい人。
だからって、髪の毛抜いたら気付かれるから。
まったく...

サラ。
サラの頑なさって、ほんと長女っぽい気がして、とても親近感。
見てて、イヤな女だとも思うんだけど、でも、すごく感覚的にはわかる。
し、サラもすごく傷ついてる。
サラは、パパウォーカーより、ノラに傷ついている感じ。

いくつになっても、ママに拒絶されるのは辛い。

世界を愛するように私も愛して。


トミー。
トミーの子じゃないとは。
見逃した2話にその話題が盛り込まれていたんだな...
レベッカの件も含めて、何が家族で、何を持って家族たらしめるのか、考えさせられる。

隠された事実は、すぐに受け入れられなくて普通だと思うけど、でも長い月日を共に過ごした生活の重みって圧倒的に勝ると思うんだけど。
何にせよ、時間は必要だろうと思う。

キティ。
ソフィア、一番難しい年頃って感じ。
そりゃあいくら物わかりのいい子でもねぇ。
し、物わかりの良さそうな子ほど難しい気が。

キティとロバートの深夜の喧嘩。
いつもキティを受け止めてきたロバートの一線を初めてキティが越えた時。

後日、オフィスで話す二人、いつものつやつやっと輝いた感じが、ちゃんとくすんだ感じに変わっていて、すごいなーって。
好きだっていう気持ちと、すべてを共有したり、共感できるわけじゃないという事実の重み。


っていうか、盛りだくさんすぎて、書ききれない。
なんか、ものすごく密度が濃くて。

家族ディナーのシーンのあのめちゃめちゃっぷりとか、ほんと、楽しいし。

レベッカの淋しい感じも、かわいそうだし。

主要人物だけで6人も7人もいるのに、それぞれにちゃんと人格と事件があって、ほんと見応えある~。


☆☆☆☆☆ 欧米ドラマ





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。