読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 魔王(韓国ドラマ) #21~25

以下,ネタバレ無配慮的感想。(BS朝日 08年2~3月)


#1~5  #6~10  #11~15  #16~20




#21

 目が離せない。
 見所ありすぎで...

・っていうか。またもやチュ・ジフンが異様に良くなってる...
 なんか,表情といか顔つきというか,もう尋常じゃないし。
 教会のシーンも,河原のシーンも,倉庫のシーンも。
 特に,倉庫のシーンで飴をなめる時。
 涙目じゃん。
 あの表情のなんとも言い表しようのない。
 
 復讐しても,誰も帰ってこないし,結局スンハは一人じゃん。
 それどころか,信じてくれてる人を,裏切ってて。
 だから,勝利の喜びとか,そんなんきっとないんだって。
 一人死ぬたびに,その虚しさが重くなってるって,絶対自分でも気付いてるはず。<と思いたい。


・教会のシーン。
 だからオスが言うんじゃねぇ。
 なんだけど。
 そうなんだけど。
 それは大前提なんだけど。
 でも,そうなんだよ。
 スンハのやり方は,間違ってたんだって。
 自分が逃げ切ることが,復讐の成功とニアリコールなのはわかるけど。
 でも,だからこそ,間違ってる。
 
 そもそも復讐はやっぱり何も生み出さない。
 どんだけ理不尽だと思っても,耐えて,許す,あるいは受け入れて,生き続けないと,結局は人を非難することができなくなる。
 
 もともとは,正義を信じていたテソンだからこそ,目の前で母親が死んだときに,絶望が深すぎて,悪魔に魂を売ったんだろうけど。
 でも,どうしてテソンがそんなふうに悪魔に魂を売るほどの絶望に合ったのかって,結局,オスだし,オス友だし,オス父だし,ジュンピョだし,ユンチョルで,先生で。

 もしも,自分がテソンの立場にいて,テソンほど頭が良かったら,同じこと,やるんかな。
 ...短気だからたぶん,無理だな。
 もっときっと直接的にやるね。もしやるとしたら。

 人を,殺したいほどの憎しみを持たずに生きられるという幸せ。


・ヒス,怖い...まじ怖い。
 ヒス,ハンパない...


・スンギ。バカなんだから欲かかなきゃいいのに。
 オスを気遣う優しさだって,持ってるのに。
 なんでそうやって...ほんと,バカだ。
 ソクジンも。
 一番手を出しちゃまずいオンナに手を出しちゃったね...

・オス。
 ちょっとだけヘインの手に触れてみる。
 自分が悪党でヨゴレだって,自覚はもう十分あるはず。
 だからこそ,ヘインに惹かれるっていう。
 スンハとは,鏡のあっちとこっちみたいなもんだ,とちょっと思う。


 っていうか,もうほんと,止まらない。
 スンハも。
 私も。<それはどうでもいい。



#22
ついにヘインも気付いちゃったなぁ。
事務長もそろそろ気付きそう。

・もうなんか,全体に重くて。突っ込みとか入れる気が起きない。
 でも,停職3ヶ月が署内をうろついてるのは,なしだろ。
 とか,まだ会うか,おまえら。
 とか,テソン,ちょっと表情豊かすぎるかも。
 とか,思ったけど。

・16だったから。
 成人していたら,違ったかもしれない。
 
 って,事務長は言うけど。

 そうね。
 それにお母さんが死ななかったら違ったかもしれない。
 
 そうなんだけどね。
 そうじゃないしね。
 実際,17で幼すぎたオスは真実を告白できなかったし,ひとりぼっちになったのは16のテソンだからね。
 17だから真実を告白できなかったってのも,どうかと思うけどね。
 
 でもああいう懐の深い発言は,テソンには痛いだろうな。

・スンハの家に殴り込みに入ったオス。 
 あれは事故だったんだって,まだ言うか...と。
 オスの罪悪感も苦しみも,わからないでもないけど。
 許されたい,許されなくても生きたいってのもわかるんだけど。
 でもやっぱり身勝手な言い分だよな。
 
・スンハっていうか,テソンがかわいそう。
 せめて復讐によって,満足感なり達成感が得られるならいいのに。
 結局,絶望と孤独を深くしているだけの気がしてならない。
 オスと相対している時はそれでも,奮い立つものがあるのだろうけど。
 基本的には,結局,復讐することで,また自分を傷つけてるように見えてしょうがない。
 全然,魔王なんかじゃない。
 
・ヘインがかわいそう。

#23  ☆☆☆☆☆
ドラマ見て,胃が痛くなるなんて,初めてかも。
そして,これ見ても結局泣かなかった自分が怖い。
なんていうか,昔だったら,ハンカチ3枚くらいいけたと思うんだがな。
すれちゃっんだねぇ。

・っていうか。
 ヘインが一番かわいそうで!次がお姉さん!
 その次くらいでやっとテソンだ。
 その次くらいにオス...いや,事務長が先かな。
 あとの人たちは,もう,よろしいわ。
 ヘインとスンハの前ではかすむ。

・図書館の前で,スンハ見つけたときのヘインがめっちゃカワイイ~。
 「私に会いに来たんですか?」って言ったときの顔!
 ちょーカワイイ!!!
 いつもちょっと遠慮がちっぽいヘインのあの顔!

 知ってしまったのに,だからこそ,積極的に誘うヘインはいい子だよ...

 で。ふたりの中学生デート。
 思わず,にやつく自分を止められなかった..
 もう,そんな自分がちょっとイヤ...
 で,川辺のスンハ,ちょっと後ろ姿がモデルに戻ってる。

 が。
 家に帰って,思いだし笑いするスンハには,初めてアンチスンハ的怒りを感じる。
 あんたはいいかもしれないけどさー。
 ヘイン,かわいそうじゃん!
 ヘイン,泣いちゃうじゃん!
 スンハのバカ!

 ヘイン,かわいそうすぎ。

・教会のシーン。
 スンハが,手を取ろうとしたヘインから後ずさるのが,すごく,痛かった。
 あの仕草が。はじかれたように,後ずさるのが。
 
 復讐を,始めていなければ,一緒に泣けたかもしれないのに。
 復讐を,始めちゃったから,やっぱり一人で泣くしかないじゃないか。
 しかも,ヘインまで泣かしてるじゃないか。
 スンハのバカ。

 いや,スンハももちろん,かわいそうなんだけど。
 でも,絶対,やめることはできたはずじゃん。
 ここまで来る前に。
 って,言うのは簡単だけど。
 絶対,やめられなかったよな。
 たとえ,ヘインに出会ったからって。惹かれたからって。
 それでやめれるようなら,最初からしてないわな。
 でも。それでも,止められないってわかってるからこそ,なんか,スンハのバカ!と,何度でも叫びたい。

・病室のシーン。
 事務長の台詞が,痛い。
 「私も含めて」。
 誰も。彼を助けなかった。
 「止められない道を歩く彼を」
 止めてほしい。
 
・オスが,署内をうろつくのは,なしで,お願いしたかった。
 おかしいだろう,停職3ヶ月って,いったいなんだよ。

絶望と孤独が深すぎて,いっそ気持ちよいほど辛いドラマだ...



#24

見たいのに,見たくない。
見たら辛いのわかってて見るのは辛い。
さすがに,ハンカチ1枚ほどは泣いた。

・もう何がどうとかなしで,最初から最後まで,悲しくて,辛い。

・鏡に向かってつぶやいた後,グラスの中身をぶちまけるスンハの葛藤とか。

・ヘインと廊下で向き合う場面。
 完全になりきりヘイン。
 言いたいことは全部ヘインが言ってくれた。
 っていうかもう,思う存分製作者の意図通り。どっっぷりはまりこんでる。

 言葉を尽くすヘインと,あくまで否定しようとするスンハと。

 スンハを,テソンを,救いたいって,幸せでいてほしいって,そう思ってる人が,実はたくさんいて。
 一人じゃないって,やっと気づけたのに,なんかもう状況が自分の意志でどうこうできるレベルを超えてるというか。
 自分が仕掛けたストーリーなのに,登場人物達が勝手に動き出してしまったかのような。

・スンハはオスの苦悩も見ていて,知るようになって,自分を愛してくれたり,気にかけてくれる人も,信じてくれる人もいて,だから,これでやめようかって思えたけど,ユンチョルは,思えなかった。
 ユンチョルが見届けるんだって言ったときのスンハの表情が辛い。

・ヘインと姉さんと,事務長と。
 波状攻撃でスンハの気持ちを揺らして。
 だから,もう,いいから逃げな。って,一人でも,ヘインさらってもいいから,投げ出して逃げろって,思った。
 無責任でもなんでもいいからもう,投げ出して逃げなって。
  
・最後のシーン。
 「その人を恨んでますか?」って,ヘインが問うて。
 オスが「自分を苦しめちゃだめだ」って答える。
 わびることも,恨むこともできないって。
 鏡の中の自分をみるようだ。って。

 もうここまでくるとなんかよくわかんなくて。
 ひたすら,ただ悲しくて,悔しい。
 何がどうとか,理屈じゃなくて,苦しい。

・ソクジンは,偉い。例え,殺人の罪に問われても。
 好きな女を守るその心意気は,心から偉いと思う。

・...なんですかね,しつこいようですが,停職3ヶ月っていうのは...


もう,なんか同じことばっか書いてるようだが,要するに,辛くて,悔しくて,悲しいってことだ。
 




#25
明日にしようか,どうしようか,迷ったけど,やっぱ夜のが似合うし,このドラマ。
わずらわしいことを片づけて,心の準備をして,ようやく観る。
ほんとに気が重い。
もし,ここで観るのをやめたら,それはそれですむような気にさえなる。

・事務長の台詞。
 「あのとき,気にかけていれば」
 「あなたのそばにいます。あなたが助けを必要としたときのために」

 事務長の後悔は,はかりしれない。
 
 テソンは,ずっと一人だったのに。
 今になって,未練になるような人がどんどん増えて。
 だから一層復讐が快感ではなく,苦行みたいになっていく。

・オスの苦悩。
 自分が逃げたばかりに,自分の周りの人間が死んでいくこと。
 不幸になっていくこと。
 世界が崩れていくこと。

 テソンの絶望と孤独が描いた絵柄。
 自分の撒いた種。

・オスとテソン。
 詫びようとすれば被害者が浮かび,憎もうとすれば,テフンとテフン母が浮かぶ。
 
 鏡のふたり。

・オス父。
 オス父の愛情と手法。正義。
 
 テソンは,刺された。
  
・ヨンチョル。
 ヨンチョルを,決定的に壊してしまったのはたぶん,テソンだ。
 かろうじて,踏みとどまっていた世界から,狂気へ導いたのは,テソンだ。
 
 コントロールを失ったヨンチョルを見るテソンの顔が,悲しい。
 
・ヒス。
 案外小物だった。
 徹底している分,飲み込んでいる分,はるかに,オス父は大物。
 
・倒れ始めたドミノを止めることは,できないっていう。


正義も,人によって,立場によって変わっていく。
一種の独善性によって成立するもの。
人間の多面性,多様性と同じ。

相手の立場に立って考えること,感じること。
想像力と,寛容。

悔いること,許すこと,あらためること,詫びること,愛情,保身,絶望,孤独。

彼が自分で,自分が彼で,彼女が彼で,彼は彼女で。
自分の描いた絵柄の中で,ミラーハウスにいるような気分じゃないかと。





韓国ドラマ ☆☆☆☆
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。