読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 魔王(韓国ドラマ) #11~15

以下,ネタバレ無配慮的感想。(BS朝日 08年2~3月)


#1~5  #6~10


タ,タイトルがある...
日経のBS欄。「僕の名前はスンハです」って...
黙って,驚いた。
サイト見てみたら,ちゃんとリストアップされてた。
しかし,放送は全26話だけど,タイトルは20話分...いや,まあオリジナルは20話だから当然だけど。
どうやって,新聞にタイトル載せてるのか,割り切れない変拍子の曲のような謎。

第1話 真実は友達を自由にしない
第2話 過去の罪を償う時が来た
第3話 すべての要素が 1つの全体をなす
第4話 神は運命を予言するが、人は運命を変える
第5話 真実の勝利は確実である
第6話 聞け 審判を下すラッパの音を
第7話 嘆きの都に向かう者 我を通り過ぎよ
第8話 永遠の苦悩に向かう者 我を通り過ぎよ
第9話 滅びの民へと向かう者 我を通り過ぎよ
第10話 信じよ 真実の重さを
第11話 覚悟せよ 真実の矢が心臓を貫く時を
第12話 唯一の道は 自分を守ることだ
第13話 僕の名前はスンハです
第14話 誰にでも秘密はあります
第15話 人は時にその美点によって不幸に見舞われる
第16話 あなたは誤った選択をした
第17話 人間にとって人間ほど恐ろしい存在はありません
第18話 僕のほうこそありがとう
第19話 今までの規則をすべて捨てろ
第20話 今度はお前たちが選択する番だ




#11

あれ?浜ちゃん?って思ったら,カン・オス兄だった。わはは。
全然ちゃうやーん。

・ヨンチョル?だっけか,に会いに行ったカン・オスにまたもや,もやもやっと。
 自分が,どれほどのことしたか,やっと,今さら,彼は知るんだろうか。
 あんだけ,自分を見て拒絶反応示す人間なんてそうそう,おらんだろうに。

 それにしても,ヨンチョルも,トラウマっていうか,かなり挙動不審は挙動不審なわけで。
 まあ,殺人の黒幕呼ばわりされる種類とは違うと思うけど。
 根はいい奴としても,一般社会でよう頑張ってるなぁと,感心した。
 まさか事故では死ぬまいと思ったけど,ちょっとドキドキした。

・カン・オス。ほんとに,やりたい放題...
 やっぱし,私には受け入れがたい。ただの視聴者なので。
 事務長の前に立つのはさぞかし勇気がいっただろうよ。

・オ・スンハ。あのいかにもハイエナ感のある記者の人とは過去に面識あったっけか... 
 人間関係がようわからんくなるっていう十分想定内の事態に,はまりこんだ。
 脅しているシーンの最後の方の「僕が相手になります」が,かっちょええ。

・チーム長の人,めっちゃ演技上手い。

・ソラったら。
 たいした脈絡もなしに,大人がドキッとするようなこと言うんだから~。
 私なら「えー,ソラったら何言ってるのー」みたいな芸のないコメント間違いないが,ヘインはさすが。「お兄さんが好きなのはお母さんなのよ?」って。
 ソラも「え?」みたいな。
 でもって,回想シーンがなんかかわいい。
 あんなことやこんなことは,もしやそういうことなの?って。

・カン・オスが兄を殺し,母が死に,弟が死に。たった半年で一家全員がいなくなったと聞いたとき,カン・オスは何を感じるんだろう。
 それでもまだ,自分の友達を殺されたことを許せないの一辺倒なんだろうか。
 自分が悪い。
 とは言っているけど,それでもまだ「事故」と思いたがっている節もあり。
 事務長も気の毒。ものすごい,目覚めの悪い話だよな...
 それでも刑事ってのは,そういう目覚めの悪さを飲み込んで,更正の可能性を捨てるわけにもいかないんだろうな,というような。
 ほんと,カン・オス,よう聞けやッテカンジ。
 
・スンギやテクジンが疑心暗鬼,足の引っ張り合い始めているけど,正直,興味なし。

・でも,今なら引き返せる。って,私も言いたい。
 今なら,カン・オス。破滅はしないけど,相当,精神的には追いつめられて反省もしているはずだし,今,やめれば逃げ切れるかもしれないし,もう,ヘインと...
 とか思うわけもないわな。
 ああいうこと始める時点で,自分の幸せなんぞ,さっぱり眼中にないんだもんな...
 あと3年早くヘインと知り合ってたら,こんなことを...だからドラマだから。

#12

その日の汚れ,その日のうちに...
汚れてませんけど。溜めたら最後。

・ヨンチョルとソラ。
 ソラ,いい子だなぁ。約束守ったのか...
 てっきり,眼鏡の有無で「気付かない」に命運をたくしたかと思ったけど。
 そうじゃなくて,「ソラが約束を守るか否か」にかけていたのか。
 ソラの顔より,オ・スンハの顔見ていたほうが,捜査が進展するんじゃないかと思うことが時々ある。
 なんしか,ソラにとってカン・オスは,悪い人扱いってことで。
 ああ,でもヨンチョルも殺されてしまいそう...もし,あのナイフが彼のものだと,知られているならば。

・カン・オスに惚れてる女刑事。まっすぐで一途だけど,ちょっと無神経。ちょっと恋は盲目。

・次は,ジュンピョが殺されるんですね。

・カン・オス父。喋りが北朝鮮のアナウンサーみたいでちょっと怖い。
 けど。カン・オスの様子が変だとか,テウンの弟に見所があるとか,要所要所,やっぱ狸親爺らしい洞察力を見せる。

・オ・スンハ,髪がすっきりしたと同時にちょっと老けた。っていうか,疲れてる?
 もっさりもどうかと思うが,このカットもちょっと微妙なような。
 その上,姉が出てきてますけど?
 あ,姉?ってなったけど,つまり,成り代わった「誰か」の姉ってことなんだな。うん。そうか。
 病院の庭のシーン,ちょっと桜吹雪,飛ばしすぎたなー。

とりあえず,寝よう。



#13

・オ・スンハは,ソラママの言葉で,自分のしていることは,カン・オスがしたことと,変わらないと,実感したんだと思う。
 ここは,私も今まで何度か疑問に思いつつ,流していたところだ。
 どうやって,実行犯を選んでいるんだろう,って。
 罪をかぶせても,フォローしてできるだけ刑を軽くしたからそれでいい。っていう問題ではない。
 罪悪感は,刑の重さとは無関係だから。
 流していて,すみませんでした。

懺悔室に入りながら,何も話さないまま,邪悪な顔で歩いてきたオ・スンハは,たぶん,最後の良心も,断ち切ったんだろう。
 ビルの屋上では,悪魔の表情だった。
 あ。でも,髪切ってから時々,シン君に見えるのが難点...

・カン・オスの必死さも,滑稽に見える。
 何を今さら。
 とはいえ,今日の再現シーンでは,見方によっては,刺さっていなかったのに,倒れ込んだ拍子に刺さったように見えなくもない。
 けど。刺さっていないのに倒れないだろうから,きっと刺さっていたんだろう。
 「あの頃のままの,卑怯者だ」という言葉が,自分を追いつめる。
 その事実がせめてのもの救いにも見える。

・オ・スンハ対カン・オス,どっちがヘインを射止めるか対決。
 昨日もそうだったけど,なにげにオ・スンハの言葉がカン・オスを揺さぶる。
 今日の「彼女は今,寝ているから代わりに出ました」なんて,事実だけど,笑えるほど誤解を招く言い方で。
 この二人のヘイン争奪戦だけが,それでもまだちょっとは微笑ましいといえば微笑ましいような。
 しかし,オ・スンハのは完全に計算してるもんな。
 ヘインに救いを求めているけど,ほんのり恋心もあるけど,それを超えて,利用しているんだからな...触ったら汚れるみたいなのもそりゃあるだろうよ。
 カン・オスもまあ,似てるけど。彼のほうがその分量は守りたい気持ちが強い分,愛に近いというような。
 いずれにせよ,ヘインを見つめるスンハと,その目線の先の唇のアップって,なんか恥ずかしかった。そんな...やだもー。っていう。

・しかし,あのスンギだっけか,あいつはなー。腐ってるなー。
 あの4人がつるんでたのはわかるけど,男の友情っていうのは嘘やーん。みたいな。
 
・真実を知った矢先に殺されるんだな,ジュンピョ。


#14
ジュンピョ,なかなか死なないなぁ。<死ぬと決めてる。
ちょっと疲れてるかも。
涙腺が緩かった。

・不覚にも,回想シーンのカン・オスにちょびっと泣いた。
 自殺もできずに,泣き崩れる姿に。
 つい,言い分を信じそうにもなった。私って甘いなぁ。
 
・オ・スンハのお母さんが,目の前で亡くなったシーンも,ちょびっと泣けた。
 大好きだったお兄さんが亡くなって,お母さんがボロボロになっていくのをそばで見て,いつも不安で心配で,あんなふうに何度もきっと探し回ってたんだな,って思ったら。
 その上,目の前であんなふうに亡くなったのかと思ったらさ,そら泣けるよ。
 お兄さんの病院のシーンとか,over the rainbowを二人で聞くシーンとか。
 なんで,ソラを家に連れて行ったとき,over the rainbowみたいな渋い曲がすぐさま流れるんだろう,この車,って思っていたら,そういう理由があったのね。

・カン・オスがヘインに,「帰ったらご飯を食べて早く寝てください」って言ったところも,なんかちょっと泣けた。
 ちょっと泣けたし,ヘインはカン・オスを好きになるかもしれないなぁって思った。
 オ・スンハにも惹かれているだろうけど,でも,なんか,もし本当に選ぶなら,カン・オスを選ぶかもしれないなぁって。
 憧れと,安心する人というか。心配な人と,安心する人というか。
 うまく言えないけど,そういうふうに見えたし,ああいうふうに,いい奴なときの,まっすぐなカン・オスは普通にいい奴なので。
 とはいえ,あんなにまっすぐ「昨日はどこにいたんですか?」って聞くのは,ちょっとびっくりした。私にはできん。
 デコだしヘイン,かわいい。
 
・オ・スンハが,ヘインと食事をしているとき,ものすごく若返っていて,人は,緩むとこんなふうに表情が変わるんだなぁって,思った。
 手を繋ぎたいのに,しちゃいけないって,ドラえもんになる手が,悲しい。

 部屋で一人,写真を見て「会いたいな」って,つぶやくのが,悲しい。
 あの本物のオ・スンハの事故,ただの偶然だったんだろうか。オ・スンハは,あそこで最初の罪を,自分の手で犯したんだろうか。
 もし偶然だったとして,そのときに,それまでただの妄想に過ぎなかった復讐のシナリオを実現するための手段を見つけたのだとしたら,悲しすぎる。
 もし,あの事故がなければ,いつか復讐は諦めて,兄や母の分まで幸せに生きようとか,そういうふうに前向きに思える日も来たかもしれないとか。
 
 くじけそうになるたびに,兄が死んだ場所に立つことで,自分を奮い立たせて来たのも悲しい。悲しすぎ。

・ジュンピョに迫る身勝手なカン・オスとか,えげつないスンギとか,なんか闇社会に仕事を依頼するオス父は省略。


 

#15

・べろべろに酔っぱらったカン・オスの演技は今ひとつだった...せっかくの見所なのに~。
 
・べろべろに酔っぱらったカン・オスを見て,オ・スンハはどう思っていたんだろう。
 「どうやっても,犯人を捕まえたい」と言うオスを「けっ」って思って見ていたのか,「人はもともとはみんな善人のはずなのに,俺のせいで悪党になって...」っていう姿に,複雑な気持ちになったりしたんだろうか。私にはそういうふうに見えたけど,それは私のただの願望かな。
 スンハはこのまま復讐を遂げるために動くのだろうけど,そこには,猛烈で強烈な葛藤を持っていてほしいから。
 じゃないと,ただの「私的な復讐」で終わっちゃうから。
 いや,たぶん「けっ」って思いながら,どこか惹かれるっていうか,揺らぐ自分がいたはず。
 っていうか,いてくれ。

 自分が単純な人間だからだろうけど,「人はみんな秘密がある」ように,一面だけで人間を判断はできないし,だからあんなオスでもその罪悪感は受け入れてあげないといけないとか,なんかそういうことを考えちゃう。と,言いつつ,スンギとかジュンピョは,駄目だな,とかも思うんだけど。いや,いいのか。あの人たちは,心がないからな。オスは,ないと思ってたのにあったから困ったというか。
 ああ,もう脳みそがほどけてて,うまく言葉にならん。
 
・べろべろに酔ったオスとか,次の日,謝りにくるオスとか。
 ヘインは絶対こっちに落ちてしまう気がするわ...
 ヘインが見てるのは,「いい人」のオスだからなー。
 スンハは,結局のところ,イケメンで,優しくて素敵だけど。それ以外の部分をヘインはよく知らないわけだしねぇ...

・スンハがあと3年早くヘインと知り合っていれば!って数日前に書いたけど,もっとずっと前に知ってたんだね...っていうか,逆にヘインがいたせいで,事件の真相,あるいはらしきものがスンハに知れて,復讐劇が始まったのかもしれないかも,と今,思った。
 んー。あんな前には知らなくて復讐を始める3年前くらいに出会ってたら良かったんじゃないかと。

・あいかわらずソクジンとスンギとジュンピョがうざい。

・ヘインの触診は,なんか不安定すぎて,ちょっと...
 オス触って見えちゃったり,手を握っても見えなかったり。
 もすこし,説明みたいのがほしいなぁ。
 じゃないと,「ドラマに便利なもの」に見えちゃう。

・スンハのたくらみにいろいろ予定外の要素が出てきてたりしているようで,なんか,うまく言えないけど,もう,悲劇に向かってまっしぐらっって感じで,悲しい。

・しかし,なんかオスもスンハも,中の人は,もっそいブルーになりそうな感じのドラマだなぁ。


 
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。