読書記憶+

 
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書について

読書する場所:通勤電車,お風呂,換気扇の下,ベッドの中

☆の目安
☆☆☆☆☆:この先,何度も読み返すだろう。
☆☆☆☆:できれば読み返したい。(印象が強いのに,あまり覚えていないとかも含む)
☆☆☆:さらっと最後まで読めた。普通に面白かった。普通に良かった。つまり普通。
☆☆:なんとか読了。
☆:途中で試合放棄。

☆☆☆+または☆☆☆.5:読み返すほどでもないけど、面白かった。


ごく個人的なメモにつき,あらすじがわかるわけでも,参考になるほど綿密な記載もなし。
でも,ズバリなことも書いてる,たぶん。何かあったらスミマセン。
あくまで,好みで書いているので,えらっそーなことも言っていてスミマセン。

ドラマの場合、ハマリ度が高いほど、記事数が増える傾向がありますが、帯とかの場合は、敢えて、わけていません。


2014.03.03追記
思いつきでさかのぼって記事を細々とアップしたりしていたけど、ちりも積もれば、で気がつけばもう20年近くさかのぼれてしまうことが衝撃。
20年前はまだ携帯電話があったりなかったりするような頃で、ブックオフやamazonが覇権を握る前で、図書館か町の小さな古本屋が主なターゲットで、1冊の本を繰り返し読むしかないような環境でもあった。主に金銭的に。そして環境的にも。
今みたいにスマホもインターネットもなくて、オフラインの世界だけだったから。

昨今は年のせいもあるんだろうけど、シリーズものがぽつりぽつりと刊行されたところで最新刊を読む頃には、前の話がさっぱり...ということがザラ。
繰り返し読みたいような本も少なくなった。
だけど、それって作者の問題よりきっと自分が成長して大人になって、本以上に刺激を受ける現実を生きているということなのかな、と思うとそれでいいのだ、とも思う。

だけど、幼い頃からずっと、片っ端から本を読んで、しかも気に入れば2回でも3回でも読んで、っていうああいう濃い読書ができた頃が懐かしい。

最近はめっきり読んでいないしねぇ...
積ん読が大変なことになっていますが、近隣の大手古本屋が2軒立て続けに閉店したので、しばらくは積ん読解消に励みたいと思います。



以下、古いメモ。

 

スポンサーサイト


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2016年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。