読書記憶+

 
1
2
3
4
6
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年11月の読書

2012年11月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2221ページ
ナイス数:33ナイス
http://book.akahoshitakuya.com/u/141901/matome?invite_id=141901


累計82冊

■レディ・ジョーカー〈中〉 (新潮文庫)
中は企業小説風味。
読了日:11月30日 著者:高村 薫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24141713

■チヨ子 (光文社文庫)
宮部みゆきの何がすごいって、文字だらけで真っ黒でも全然読みにくくなく、つるっと読ませてしまうところだと思う。 タイトルにもなっているチヨ子が一番心に残った。 次が雪娘かな。 意表も突くし、切なくもあるし、残酷でもある。 あ、聖痕もやばかった。 宮部さんは人が一線を越えた、あるいは越える怖さを書くのが上手い。
読了日:11月26日 著者:宮部 みゆき
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24007057

■レディ・ジョーカー〈上〉 (新潮文庫)
黄金を~を読んだら、ずっしり重い高村ワールドがやっぱり気持ちいいと思い出して、積ん読から引っ張り出したレディ・ジョーカーより先に照柿を読まなくて良かったかなぁ....(^^;) 出だしは、古い手紙から始まり、つかみ所のないまま読み進めていくうちに気がつけば嵌っているという。 高村薫の小説の犯罪は、乃南さんの「犯意」の人たちとは違って、周到に綿密だから、犯罪なのにむしろすがすがしさを感じるのかなというようなことを考える。
読了日:11月15日 著者:高村 薫
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24007085

■犯意 (新潮文庫)
なんか、こんな世の中やだよ...ってなる。
読了日:11月10日 著者:乃南 アサ,園田 寿
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24007146

■儚い羊たちの祝宴 (新潮文庫)
儚い羊とは上手いこと言う。 表題作の羊たちだけでなく、出てくる娘たちはみんな羊っぽい。 どれも品良く、だけど薄気味悪いような、さらりとしつつ、怨念風味というか。 面白かった。
読了日:11月7日 著者:米澤 穂信
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/24007287


▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

スポンサーサイト

最近視聴中のドラマ

person of interest S1

hawaii 5-0の後番組ということで、とりあえず観てみようかで視聴開始。
地味で薄暗くて、おもしろいのかな、コレって思わないでもなかったですが、めっちゃおもしろいです。
回を重ねる毎に、ハマル。

リースはもちろんダメ刑事のフスコがかわいく見えてくるから怖い。

過去のしがらみはまだ全然見えてこないけど、オススメドラマ。



NIKITA S2

そういう展開で来ましたか、と。
正直S1ほどおもしろくないのはHAWAII 5-0と同じ....。
何かちょっと物足りないこの感じの原因はなんだろう。



CSI S10

CSIはグリッソムがいなくなって、教授が入ったことで、むしろおもしろくなった。
グリッソムより、教授の方が私にはわかりやすく、好感度が高いのかな。

よく見たら、Without traceのダニーがベガスで刑事になってた。




CSI NY S6

一時は一押しだったNYもどうもあの夫婦が苦手なのとマックの色恋不要派の私としては、惰性で観ている感じが強い。

ラボ内で夫婦とかいらなくね?
つか、バッジとか紛失した上に報告してなくて、刑務所で暴動があって、なりすまされてて、おとがめなしとかありえなくない?

挫折秒読み....とりあえずステラのいないS7がどう変わるかだなー。てか、ステラ、ずいぶんあっさり風味でいなくなっちゃうのね...そしてまだ言うか、だけどエイデンの降板がやっぱり惜しまれる。
(NCISのケイトも!)



BONES S7

....浮き沈みの激しいBONESではあるけれども、ハズレシーズンの臭いがすごい。

ブレナンの中の人がご懐妊だし、仕方ないとはいえ、何か昔の緊張感みたいなのがなさすぎて、ゆるすぎる。
死体だけどんどんファンキー。
小包の事件のエピは今までの中ではベスト。
ひどかったのは、王子エピかな...

なんだかな-。

古くはX-file、近頃ならNCISがグダってきたのもこの辺りだし、やはり潮時なんでしょうか。



NCIS LA S3

ここは安定のクオリティだわー。
というかむしろ今が一番脂がのっている感じ?
変なおっさんが副局長として乗り込んできたのはいらんわ。って思ったけど、まあ、ここはいつもそういうパターンだからそういうパターンなんでしょう。
最初は潜入捜査官だったようだけど、近頃は潜入なんてほんの添え物。




レバレッジ S4

地道にS4まで来た感じのレバレッジ。
すでに新鮮さは失っているけど、チーム内で恋愛しようが何しようが、この人達らしさが消えないので、楽しい。むしろほほえましい。
あと1話が観れてない。



GOOD WIFE S2


トニー・スコット監督の自殺が衝撃でした。
ご冥福をお祈りします。

そして、EテレではS3やってるそうで、録画しちゃおっかなーってちょっと思ったけど、字幕じゃないので我慢。

ケイリーの笑顔がどんどん不気味になってきましたけど、大丈夫でしょうか。
イーライはジョシュ@ホワイトハウスとモデルが一緒と聞きましたが、ここ最近のできるヤツなんだかなんだかよくわかんない感じがまさしくジョシュ。
モデルの人は、こういう扱いでいいのでしょうか。

カリンダの謎とか、今後がますます楽しみ。



そうそう、キャッスルもEテレもやってるって?
まあ、確かにオモシロイからね-。



近々、放送開始。


THE CLOTER S7(Final)

ついにブレンダが卒業...
終わって欲しくないドラマはこうして終わってしまうのね。
とはいえ、レイダー姉さんでスピンオフして続いているそうで。チームのみんなはそのままみたいだから、それもまた楽しみです。
とりあえず、ブレンダをまずは満喫。



NCIS S9

そろそろ卒業してもいいかな、とも思う。
S8もいつやめよういつやめようって思ってたし。



Dr.house S7

今年は放送開始が遅い。
12月から。



Medium S7(Final)

目新しくなくなったからしょうがないのかな。
最後まで見届けたいと思います。



FRINGE S3

S2を観た直後に辛抱たまらずS3を一人一気見してしまったわけですが。
もう半年経つので、余裕でおかわりいけます。
切なくて、魅力的なS3に乞うご期待!







今年の視聴済み分

ホワイトカラ- S3

珍しく、AXNミステリー。
っていうか、マット・ボマー!!!
何この人カッコイイ!っていう。
S3でハマリ、S1,S2一挙放送にてキャッチ。楽しんでます。
モズもいいし、ピーターもいいし。


メンタリスト S3

ここも若手二人の恋愛パートはいらねーって思ってはいたけど、あ、もしかしてこいつなわけ?なあのFBIがこいつでした。
BONESではブースの弟だったような....

リズボンの大人恋愛というか、は美味しかった。リズボンらしいような、というかそんな時には羽目外しちゃうゾ☆なリズボンが愉快。

RJはジョシュの人で懐かしかった。
あの笑顔だけど目が笑ってない感じって日本だと堺雅人なんじゃね?って思う。

海外のコメントでRJはパトリック説があって、それはおもしろい!と思うけれど、それだとサイコスリラーすぎるので、このドラマについてはやはりないと思われ。


キャッスル S3

安定の不安定。
今が一番オモシロイ時期かもね-。
キャッスルの人が上手いんだと思う。次シーズンが楽しみ。
前回記事ではやや衰えが。と書いたけど、終わってみればそうでもなかった。



Glee S3

S2よりはパワーダウンかな-。
好み曲もちょっと少なかったし。

全国大会のStar ship はウォブラーズっていうか、ブレインにむしろ歌って欲しかったような。
ステージパフォーマンスは圧巻だった。

NDは去年のほうが良かった。

今シーズンだと、超好きは以下の通り。
・we are young<何回観ても鳥肌。
・Run the World (Girls)(ビヨンセ)
・Fix You(コールドプレイ)の曲
・先生のプロポーズ大作戦エピの女4人で歌った曲(First Time Ever I Saw Your Face)とレイチェルのWithout You(David Guetta feat. Usher)、リアーナのWe Found Love
あとはー、ちょっと思い出せないな。


カロフスキーの事件は衝撃的だったし、ビースト先生のDV問題とか、スー先生の妊娠とか、パックの屈折感とか。
軽いだけでなくて、そういう重いのが混ざってくるから、飽きないかな、と思う。



Deadman walking S1

今、S3放送中ですが、S2を観られなかったので、そのままスルーしました。S1の後、S2の再放送がないってどうなのよ。(厳密には違う時期に違う時間帯でやってたけど)

ゾンビキモイ。ながらも、おもしろかった。



Lie to me S3
打ち切りかー....orz
確かにいろいろ微妙ではあった。
なんていうか、定まらない感じはあった。
過激だし。共感得られなさそうだし。

でもおもしろかったのに....




AWAKE

これも、打ち切り。
まさかの夢オチっぽい終わりだけど、本当は3部作だったらしい。
私は好きだけど、アメリカ人には難しすぎるかもね。<イヤミ炸裂
それは冗談として、前半はあっちの世界とこっちの世界がなかなか見分けられなかったりして、入り込みにくかったのも悪かったんじゃないかな、と。





残念作。

逃亡者は1話も観ないまま、なんか乗れないわ-、って終わった。
アルカトラズは3話くらい観たけど、あんまり興味ないから辞めようで、終わった。


両方1シーズンで打ちきりだった。ヤッパリネ。


テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ

犯意(乃南アサ)


弁護士の解説付き、わりとありそうな犯罪短編集。
なんか、こんな世の中やだよ...ってなる。


☆☆☆+


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

儚い羊たちの祝宴(米澤穂信)

以前にアンソロジーでいいな、と思った人。
ちょっと耽美?大正ロマン風?
儚い羊とは上手いこと言う。
表題作の羊たちだけでなく、出てくる娘たちはみんな羊っぽい。
どれも品良く、だけど薄気味悪いような、さらりとしつつ、怨念風味というか。
面白かった。

☆☆☆+


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

チヨ子(宮部みゆき)

宮部みゆきの何がすごいって、文字だらけで真っ黒でも全然読みにくくなく、つるっと読ませてしまうところだと思う。

タイトルにもなっているチヨ子が一番心に残った。
私は白い猫。犬派なのに、ぬいぐるみは猫。
たぶん、細長くてしがみつきやすかったから。
薄汚れて、堅くなってしまったけど、今も部屋にある。
しかし、名前はない。

次が雪娘かな。
意表も突くし、切なくもあるし、残酷でもある。

あ、聖痕もやばかった。
宮部さんは人が一線を越えた、あるいは越える怖さを書くのが上手い。


☆☆☆+

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。