読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
31
07


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんにもうまくいかないわ(平安寿子)

なんにもうまくいかないわ。が口癖で、恐ろしくバイタリティにあふれる志津子の物語。
なんていうか、思わず笑ってしまう。
別に笑い話でもないんだけど。
一生懸命なのに、どっかずれているのに、まっすぐな志津子の魅力。
こういうバイタリティの持ち主って、確かにアラフォーに多い気がするとかいったら怒られるかな。

私は好きなんだけど。

☆☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

逝年(石田衣良)

娼年の続編。
性と生。
ひんやりとした文章と、暖かい優しさと。
石田衣良の世界。


☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

 NCIS S7 とちょっとLA:S2(米)

今、5話まで観た。
むー。
尻上がりに視聴率あげてるらしいけど、S6後半くらいからどうもイマイチ...
ジヴァのせいかも。
ジヴァのせいっていうか、ジヴァに色目風味のディノッゾっていうか。
いらない。まじこの展開いらない...
私としては、むしろケイトと...って死んでるけど。
よりによってディノッゾとジヴァとか、ほんっとやめてほしい。
別にジヴァ嫌いじゃないんだけど、ディノッゾとはだめ。無理。不要。

事件の方も、新鮮みに欠けるっていうか、LAのがおもしろくなってきた。
LAにはなんといっても、ヘティ様がいるからなー。
そんなLAもS2に入って、キャストの入れ替えがありまして。
でもHPによるとネイトは帰ってくるのかな。

マーティは大歓迎だけど、レネーはは今のところ不要。
まあ、そういうキャラなんだけど、めんどくさい系で、めんどくさい。<そのままですが。


☆☆☆


テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ

累犯障害者(山本譲司)

考えさせられる。
ただ罰すればいいということではないのだけど、現実にはすべてを拾い、救うことは難しい。
生まれ持った能力や、環境。
それによって多くを得られる者も、失うばかりの者もいて。
平等やら公平の基準はどこに置くべきなのか、すごく考える。
それと教育の重要性。
教育にお金をかけておけば、将来的なコストは大幅に減るのではないかと。
教育にお金をかけすぎるということはないのではないかと、改めて思う。
それは、自分や自分の子供だけではなく、社会全体として。
子供手当てなんて支給するよりもっと効果的なお金の使い方を考えるべきなんじゃないだろうか。

☆☆☆+


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

 Brothers & Sisters #4

こんなに大好きなブラシスの感想さえもう丸々2シーズン書かないまま来てたんでねぇ...
まあ自己満のためのブログだしいいんだけど。
っていうか、だからこそ残念でもあるんだけど。

ブラシスS4はキティがまさかの白血病に始まり、まさかのオーハイ倒産とか、相変わらず事件満載ではあったけど。
まー、なんだ。
我らがウォーカーはどこまで行ってもウォーカーだった。
S4通して一番覚えているのは、キティが生きるか死ぬかになっているときに、かつて不倫していた相手が誰かで盛り上がる兄弟たち....orz
さすがウォーカー。
君たちは永遠だ。
誰も敵わないね。

あと、ホリーのうざさは、S4に入ってちょっとは薄らいだ。
というか、濃いときと薄いときがある。
この人、悪い人じゃないけど、めんどくさい人だよな。
いや、めんどくさいという意味では、ホリーよりもむしろノラ?
うん。ウォーカー全員か。

あとあれね。
ジャスティンとレベッカ。
ここはいかにも若いカップルだよなぁ。
長続きは....難しそうだな。

一方、ケヴィンカップルの安定感ときたら。
ここはスコッティだから続いてるよなぁ。
誰よりもスコッティが良妻。
スコッティみたいな嫁がほしい!<お前がなれ。

鉄板はロバートのかっこよさ(笑)
私、どんだけロブ・ロウ?
っていうか、この人は完璧じゃないところがキュートなんだよねぇ。
サム@ホワイトハウスだった頃も、ハンサムで頭いいのに、抜けてるところがキュートだったし、ロバートとしては....限りなく完璧だけど、やっぱりキュートなんだよねぇ~<結局はロブ・ロウがキュート?
なのに。なーのーにー!!!涙

サラとキティはもう何も言うまい。
存在自体が面白いから。
でもさ、サラは彼氏がほかの人と永住権のための結婚するのは良くて、自分はしないっていうのも、そりゃまあバツイチ子持ちだし、いろいろ思うところはあるんだろうけど、なんかサラなんだから結婚しちゃえ!って思う私がおかしいんですかね(笑)

キティは、病気に耐えよう、乗り越えようとするところと、弱さと、笑いと、余すところなく見せました。見たいな感じ。
ラブ、キャリスタ。

そしてトミーは、もうホームレスにでもなっちゃうんじゃいかっていうくらいの落ちぶれっぷりながら、娘への愛だけで頑張っている模様。ドラマの中ではほとんど消えてますけど。


というわけで、秋から始まるS5で終わりらしいので、楽しみにしています。
(まあ、正直、一巡した間はあるからね。しょうがないかな、と。
 永遠にこの家族がわちゃわちゃしているところを見たい気もするが、このあたりで終わらないとグダグダになりそうだし。
 でも淋しい)




☆☆☆☆




テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ

 NIKITA(S1)

私が衝撃を受けた映画ベスト3に入る名作NIKITAのドラマ版。
しかも、NIKITAがまさかのアジア系で!

NIKITAのイメージを壊したくなくて、迷いながら見始めたら鬼ハマリ。
いろいろ突っ込みどころはあるけど、映画NIKITAの雰囲気をちゃんと引き継いでいて、大変良い。
何が良いって、マイケル(映画ではボブ)。
マイケルがいいっていうか、ああいう冷静で、つかみどころのない男って好きなんだよねぇ。
現実には振り回されるから却下だけど。
架空の世界では、イチオシ。

逃げたNIKITAと、NIKITAが潜り込ませた子と、連携しながら話が進むから飽きないし。
まあ、あの施設から気づかれずにネットでアクセスできていいのか、とか、廊下に監視カメラはないのかとか、いろいろ細かいことはなくもないが、いいことにしよう。



映画NIKITAも何年ぶりに見直したけど、やっぱりどう考えても普通の恋人君より、ボブのが魅力的で、あの恋人君、フランス人にはいいのかもしれないけど、私にとっては鬱陶しい感じ。
ジャン・レノが恐ろしい存在感を示しているけど、あの映画のクライマックスは、最初に任務をしているNIKITAとか、風呂場から射撃するNIKITAで。
それ以降は、やや不満。

まあ、いずれにせよこのNIKITA、S2の製作も決まっているようだし、楽しませてもらえそうだわ。うひひ。


☆☆☆☆


テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ

 アナベス・チェイス(米)

まさかのS2打ち切り...orz
楽しみにしてたのに。

このドラマは、これで終わりっていう準備をして終わるべくして終わったんだろうなぁ、という感じでそれがまあ救いといえば救いだけど。
モリーン死んじゃわなくてもいいじゃん(涙)

ブラッカイマードラマにしては、派手さがなくて、代わりに最近少ない法廷シーンの多いドラマで好きだったのにな。
出演してるキャストも割りと地味だし、派手派手捜査ドラマが大流行のアメリカでは流行らなかったんだろうなぁ。
法廷ものだとアリー、プラクティス、ボストン・リーガルほどの迫力もなかったし。
でも捜査と法廷っていう一粒で二度おいしい感じで、私は相当ハマったので。ここで終わりは超残念。

S1冒頭ではモリーンもっとケンツクしてたし、S1ラストではアナベスの夫を殺しちゃうし、S2になって顔ぶれもだいぶ入れ替えたから視聴率良くなかったんだな...とは思っていたけど。がっくり。ほんとがっくり。
地味だけど、エドとレイのコンビも、ボスコンロンも、良かったのに。
アナベスも、夫の死から立ち直って、新たな恋モードだったのに(早くない?)。
モリーンが死んじゃったからしょうがないけど。
この人、ほんっと謎が多いというか、私生活の出てこない人だったけど、アナベスとは違うクールでだけど優しい魅力が素敵な人だったな。

そうそう、地味目のキャスト(私的に)の中、弁護士ダグが光ってた(笑)
この人、結構あちこちのドラマでパンチの効いた役をやってるけど、今回も期待にこたえてくれる大活躍。
悪い弁護士と見せかけて、いい奴なんだ、これが。
そりゃアナベスもすがって泣くわ。

そして、最後を締めくくったのはハレルヤ。
ホワイトハウスで聞いてから、何回聞いたやら。
印象に残ってるのは、WATのS1かS2のラストのシーンだけど、それ以にも結構しばしば。

いずれにせよ、残念だけど、アナベスチェイスはこれにて終了。


☆☆☆☆




テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。