読書記憶+

 
1
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
26
27
29
30
31
03


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月夜に鴉が啼けば(岩井志麻子)

志麻子姉さん...怖いですよ...

ちょっと斜めな精神世界に入っていってしまっている人たちの短編集
だけじゃないけど、そういうののほうが印象に残ってる。

読んでいる最中は、夢中になるのに、読み終わった途端、夢を見ていたように記憶からこぼれていくところもまた不思議。
砂上の楼閣チック。

☆☆☆+


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

 シティホール #1~(韓国ドラマ)

#7・8
8話観たら、7話が飛んだ(爆)
粘り勝ちのミレのところへ辞表を出してフリーになった副市長がやってきて「旅行に行こう」って。
「予定があっても行こう」。
で、二人チャリで河原へ。
このあたり、「ぶどう畑~」で豚探しに行って、水辺で一泊を彷彿とさせますが、こっちはもう少し大人モード。
おとなしく、寝たふり。
いびきをかくふりして、ミレが安心して眠れるようにするグクとか。
でもお化けが怖いらしい(爆)

そしてミレに「市長選に出ろ」って言うグク。
「旅の目的はそれか!」って。
彼女だと思ったら婚約者だし、結婚したい女、恋愛したい女、抱きたい女、旅行したい女はみんな別とか行っちゃって。「男を信じるな」ですって。(余談だけど、ミヌの「男を信じるな」が私は好き。)

旅行から帰った後も軽くストーキングしてるグク(笑)
「市長選のために旅行に誘ったわけ?」っていうミレに「真実を受け止めきれない」っていいながら「おまえと旅行に行きたかったから」っていうグク。
この時とかに流れてる曲が好き。
そうそう、このドラマの挿入歌もすごいいいんだよねー。タイトルがわかんないんだけど。
久しぶりにOSTに手を出したいような...<でもamazonとかもまだ取扱なし...orz

その後は、イ元局長とバスケしたりとか。<このあたりはコプ思い出したりとか。

とにかく、わくわくするっていうか、楽しくてしょうがない。このドラマ。

あ、ちなみに日本でやるならグクは絶対阿部寛(爆)
キャラかぶりすぎ。
ミレは深津さん辺りでみたいなぁ。<そもそも日本で作らないし。







----------
#1・2
満を持してのソナ姉さん!
もうね、なんて言うんですかコレ、やばいです。
絶対面白くなるっていう予感度が高すぎて。
じゃあ、実際1話2話がおもろかったかと言われれば、...いや、まだ全然。っていう。
でも、もう貞子じゃないけど「来ぅるぅ。きっと来るー、きっと来るー♪」みたいな気配だけはもうすごい(爆)
待望のツンデレ王子系に違いないっていうこの喜びに満ちあふれた期待感。

それにしてもソナ姉さんは、なんていうか、わりといつもサムスンみたいなんですね...
シリアスな姉さんって、まだMVくらいしかみたことないや。

いずれにしてもですね、この序盤は予感を楽しむ編ということで、観てなくても全然イケマス。
こりゃ久々の週2放送ですが、全然ついて行ける自信で胸がいっぱいです。
早く続きが観たい~!!!


#3
ヤバイです。
面白すぎます。

わはははははって、ドラマ見て笑ったのは結構久しぶりの気がします。
そして、彼らが住む~を見る気が、どんどんなくなっていきます。
だって面白いドラマって、こういうドラマのことじゃん?

副市長とミレが、化かし合ってる姿がもう、たまらな~。
ミレのあのすっとぼけてかつ魅力的な感じって、ソナ姉さんならでは。って、これ間違いないし。
結構、出演者の女子率が高く、キャーキャーうるさいんだけど、でも面白い。


#4~6
このドラマ何がすごいって、悪女がすごい(爆)
副市長の婚約者も、市議の子も、ちょー悪い。すんごい悪い。どうにも悪い。
でも局長は妻を愛す。っていう。それでいてミレも魅力的、みたいな。


というわけで、よくわかんないけど鰯娘になるミレ。
でもそのせいでクビ。
どんだけ汚れた政治だよ!っていうか、これ、ドラマだけの話だよね?
韓国って、それともまだまだこんな感じなの?
教えて、誰か。

そして記者会見は握りつぶされ、独りデモっていう手段に。
したら今度は市役所職員達が嫌がらせに来るわ、卵投げ軍団が来るわ、友達までクビだわっていう。
でも、だからってくじけないミレ。
イヤラシイ感じにスーツを巻き付ける副市長とか。

これ、ほんっと、キムソナ姉さんにしかできない役かも。
かっとんでて、それでいてキレイ系って、難易度高すぎでしょ。

6話は、the韓ドラって感じで、ちょっと見ててしんどかった。
が、面白すぎ。
週2でも不満なくらいに。

...そしてひっそり彼ら~は断念しました。

☆☆☆☆

テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ

黒い報告書(「週刊新潮」編集部)

黒くてエロイ(爆)

こういう事件ルポみたいのはわりと好きでよく読むけど、これはエロ炸裂でちょっと笑ってしまう。
亡くなった人には申し訳ないのだけど。

新田次郎の遭難のとかはやはり読ませるし、おもしろい。
おもしろいというのは語弊があるけど。

☆☆☆+


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

宇宙からの帰還(立花隆)

シャトル前の宇宙飛行士へのインタビューを元にしたルポ。

宇宙へ行ったことで、心にどのような変化が生じたか。
「神がいる」と思った。あるいは「神はいないと思った」。

私たちが使える言葉が「神」だというだけど、実際、「神」のようなものはたぶん、存在していて、それは「大きな意志」のようなものなんじゃないかと、私は思うんだけど。
美しい景色を見たりしたときに感じる感動のさらに強烈な体験が宇宙から地球を見ることじゃないかと思うんだけど。

地球上のあらゆる紛争がばかげて見えるという宇宙飛行士がいる一方で、愛憎の事件を起こす宇宙飛行士がいたりして、人間って、おもしろいなぁ、と思う。

宇宙空間に漂うときの孤独を想像すると、果てしなく静かで、ものすごい孤独を感じて、すべての物がいとしくなるんじゃないかと思うけど、どうなんだろうなー。

もっといろんな人の感想を知りたくなる、全然飽きない1冊だった。

☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

 彼らが生きる世界 #1~9

待望のヒョンビン!
相変わらずステキなんですが。
どうにもヘギョが...orz
最初にフルハウスで見たときは、かわいいと思ったはずなのに、秋の童話で苦手系に。
とはいえ、見始めたら結構おもしろくて。
久しぶりに韓国ドラマで完走確実系。
ただし、ヘギョ&ヒョンビンシーンで一番早送りしてたりしますが、何か?(爆)

実は、悪たれギュホが結構好きで、局長と部長もかなり好きで、ユニョン姉さんも女優って感じで、目が離せないし。
けど、ドラマとしては「オンエア」には及ばないなぁ....
っていうか、コレ観てるとむしろ「オンエア」が見たくなる不思議。


以上、短いですが、中間報告。


☆☆☆+




テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ

傷つきやすくなった世界で(石田衣良)

すごく現代の象徴みたいなイメージだけど、この人はわりと実は昭和的な人だなぁ、といつも思う。
小説もエッセイも。
そしてとても優しい。
優しくて、図太くて、安心感がある。
こういう風になりたいなぁ、って思う。
客観視が上手にできるのに、それが冷たさにはならず、いつも暖かく感じる。
一生懸命さを大事にしていると思うし、正直さも大事にしていると思う。
人と人が関わることで生まれるものを信じているし、強欲なものを否定する傾向。


☆☆☆☆




テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2010年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。