読書記憶+

 
2
3
4
5
7
8
9
11
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
03


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽待ち(辻仁成)

シュール。
時間軸が入り乱れて,現実と非現実と。
でも,いいと思った。
辻仁成。
難しい人だ。
きざったらしいけど,でも,やっぱ読ませる力はあるのだなぁ。


「海辺のカフカ」を思い出す。


☆☆☆


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

輪違屋糸里

浅田次郎にしては,物足りない。
新選組に関わった女たち目線の物語。
美しいけど,よく書けているけど,胸に染みない。
なんだろう。
理屈っぽい?

こちらが寝不足なせい?
浅田次郎で泣きが入らないのは,珍しい。

☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

日輪の遺産

若書き。荒削りだけど,やっぱ名作。

浅田次郎の原点の一つだと思う。
ひたむきに生きること。
その美学。


☆☆☆☆☆



なんだか,泣けて,困った。
信じるべきモノを信じて生きようとする人々。
疑わない。
一気に読ませる。
魅力的な登場人物たち。

(20000610)

☆☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

沢田マンション物語(古庄 弘枝)

Hに,借りた。
Hの読書は私のそれとは違って,おもしろい。


すっげー。
ってそればかし。
意志も力も,考え方も。
一歩間違えたらただのクレイジーなのに。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

無名

父の死に際して思ったこと。出来事。

こういう言い方は不謹慎だが,興味深く読んだ。
死は,1度しか経験できないけど,人の死から,人は,何かを学ぶ。
そういうようなことを,考えた。

死は,終わりであり,始まりでもある。
死を迎えるまでの時間こそが,意味と力を持つ。


☆☆☆


森のなかの海

久しぶりに放棄せずに読めた...
それどころか,引き込まれた。
充実した宮本輝。
私の好きだった宮本輝。

いずれにせよ,あの地震が彼に与えた影響はそれほどに大きかったのだと思う。

ここ数年の彼の作品は,本当に,どうしても読了できず,辛かったので,心から嬉しい。
傷から,踏み出したような感がある。

その出来事の影響力は想像できるけれども,しかし,これだけ当人が動揺していると,周囲の人も大変だったろうなぁ。


きちんと子供を大人が見守り助け,導くことの重要性を思う。


☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

邪魔(奥田英明)

ストーリーはおもしろいけど,ディテールにいらっとする。
女々しい男たち,わざとらしい言葉遣い,うっとうしい女たち。
これがリアリティだとすれば,リアリティは必要ない。
とか,思った。



...実はストーリーは全く記憶にない。(10月現在)
あー...放火のやつか。<調べてなんとなく,思い出した。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

貴腐(藤本ひとみ)

中学時代,熱狂したなぁ。この人のコバルトに。



この本。
おもしろいけど,つまらない。
なんだろう,この感覚は。
表面的なのかなぁ。


☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2007年03月 | 04月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。