読書記憶+

 
3
5
7
8
9
10
12
14
15
16
19
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣かないでパーティはこれから(唯川恵)

仕事を失い,恋を失う時が女のどん底で。
自分が必要とされ,認められる職業について自立する。
それが20代後半~30代前半女性主人公ものの王道。

まあねぇ。そういう年頃でないとは言わないけど。

はぁ...
我が身を振り返ってみたりなんかして。


☆☆☆


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

隠れ菊

軽く読むことも,深く読むことも,ミステリとして読むことも,恋愛小説として読むこともできる。

実は,たぶん2度目。いやきっと2度目。
長い長い夫婦げんかの物語であり,一人の主婦が女将という商売人として成り上がる物語でもある。

どんどん魅せられ,引き込まれる。

夫の魅力らしい魅力(そこが肝の気がするが)は最後までわからないんだけど,でも,なんとなし,ああ,いい男なのだな,と思うのはなんでだろう。

多面性。
それが連城三紀彦。

☆☆☆


最初に読んだ日 19991125

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

冒険の国

デビュー作以前の応募作。
加筆されていてもオチのなさは辛いものがある。
が,完成度を補うようなというか,力不足だからこそ,書きたいものが浮かび上がるように見えた気がした。


☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ミスティーレイン

どっかで読んだことがあるような...
藤本ひとみの「綺羅星」に雰囲気が似てる。

しかし,犯罪やミステリを複数絡める必要もないのでは...
おもしろいけど,仕事を失って恋をなくして仕事に...って,おまえもか!
みたいな。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

体は全部知っている

やさしい短編集
普通の,ちょっとたくましくて,清らかな人たちの物語。

他愛もない話で,すぐに忘れるくらい普通の話なのに,読んでいる間はほっこりする。
何度でも読みたい。そんな短編集


☆☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

マグネット

短編集。
どれも山田詠美らしいシンプルな物語。
驚いたのは,彼女が,現実の家族をモチーフに死をテーマに書いた1編。
たぶん,「現実」に驚いた。
すごく優しくて,悲しくて,きれいな物語だった。

この人は,やはり繊細な感性で,それを言葉で示す人なのだって,思い知らされた。

潔すぎてどこか嫌味だけど,やっぱ,すごい。


☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

隣人(内田春菊)

ショートストーリー的ホラー。

日常こそが危険で怖い。

☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

燃える家(アン・ビーティ)

読了できず。
この手の哲学的スケッチは苦手。
アーウィン・ショーとかは好きなんだがなぁ。





テーマ : 海外小説・翻訳本    ジャンル : 小説・文学

浪漫的恋愛

2000年の作品。

「恋」から後の作品はみんなこんな感じだ。
女の情念を,だけど淡々と描くみたいな。

押さえられない,気がつけば溺れているのが恋。

そうね,そのとおり。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

彼方の悪魔

10年以上前の長編。
今とは全然違う。
インパクトが強いばかりで,味がない。

帯に都会派サスペンスって書いてあったけど,まあ,まさにそんな感じ。
都会派サスペンスって...


☆☆



さつき断景

1995年から2000年にかけての5月1日を書いた物語。
断片の日常。
まさに人生を切り取って見せるような。
嫁ぐ日のアサダさんにちょっと泣けた。
阪神淡路のボランティアで始まりを見たいタカユキとか。


☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

熱帯魚(吉田修一)

3編。
大工の若者の話と,彼女に文句を言う男の話と,エリートサラリーマンが夏休みに海の家でバイトする話。
どれも強さのある物語。
印象に残るわけでもないのに,なんだか暑苦しいような,濃いというか。

帯にとびっきりクールな青春小説って書いてあった。
...そうか,これが青春か...

☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

変なおじさん完全版(志村けん)

恐ろしくまじめな人だ...
しかし,この文章って,やっぱゴーストの人が書いたのかな。
いずれにせよ,猛烈に真摯な姿勢で「笑い」と向き合っていることは,わかる。

どんだけ,私,この人に笑わされたことか...


☆☆☆

テーマ : エッセイ    ジャンル : 小説・文学


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2005年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。