読書記憶+

 
1
3
5
7
8
9
11
12
13
14
16
18
24
25
26
28
29
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PAY・DAY!

高校生の双子の恋と,人生の話。
両親の離婚,911。
それとは関係なくやってくる恋と,優しいファミリーの話。
大人になっても,あの頃の,10代のもてあます心や成熟していく世界を書けるのがすごい。
あまずっぱいー。


☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ドロレス・クレイボーン(S・キング)

生き抜いた女の話。

愛するもののために罪を犯し,秘密を守り抜き,安息を手放した女。
全編一人語りでまったく飽きさせないのはさすが。
子供たちとの関係もさることながら,ヴェラとの奇妙な関係が印象的だった。
彼女は,生き抜いた。

映画化→邦題「黙秘」
姉妹作→ジェラルドのゲーム(既読。怖いというか,グロかった...)


☆☆☆☆


テーマ : 海外小説・翻訳本    ジャンル : 小説・文学

LAST

LASTをテーマにした短編集

すごいなぁ。
飽きさせないなぁ。

時事ネタを盛り込みながら,心を書いている。

「ラストジョブ」「ラストコール」「ラストホーム」「ラストシュート」「ラストバトル」...ってほとんど全部が,印象深い。

借金で苦しむ人の話が多い。
今は,たぶん,そういう時代だから。


☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

心のこり

中編3つ。
相変わらず,淡々とした女心の話。

スタンスが明確な人。
冷たくはなく,ただ,感情に溺れない生き方。

行き詰まったようなとき,チカラが抜ける。


☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

別れの船(編・宮本輝)

別れモチーフ。
もっと痛いかと思ったけど,それほどでもなかった。
「人生」って感じ。

山田詠美(オニオンブレス),五木寛之(夜の角笛),連城三紀彦(桐の棺),水上勉(猿籠の牡丹),三浦哲朗(川べり)が素敵だった。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

阿弥陀堂だより(南木佳士)

地味だけど,正統派という感じ。
きちんとした小説。
大きな事件が起きないのに,こんなふうに読ませる。

人間らしく生きることを考えさせられる。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

口づけは眠りの中で(リンダ・ハワード)

テーマ : 海外小説・翻訳本    ジャンル : 小説・文学

やさしい訴え

小川洋子

チェンバロを作る。
音楽題材ということもあって,ちょっと篠田節子を思い出す。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ビタミンF

家族の話。
親になって初めて親の気持ちがわかる。
って,遅くない?
...今,わかっているつもりは,やはり「つもり」に過ぎないんだろうか。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

青い瞳の狼(リンダ・ハワード)

テーマ : 海外小説・翻訳本    ジャンル : 小説・文学

ため息の時間(唯川恵)

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

蒼穹の昴

読み始めに期待したトーンとは少しづつ外れていって,わりと普通の歴史小説になったのが,残念。
前半の壮大さに比べて後半は,尻すぼみ感。

浅田次郎の傑作というか出世作というか,そういう扱いだけど,確かに技術がついてきたというか,すごいけど,でも,ブレイク前浅田次郎に比べると,どうもこう,物足りないんだよなぁ。

十分,おもしろいんだけど。
期待値がハンパないからなぁ..

いずれにせよ,史実に基づき書き込まれている人物たちの心情は,浅田節炸裂で。
やはり確実に泣かされはした。


☆☆☆




テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

流星ワゴン

代表作,なんだろうなぁ。
確かに。琴線に触れる。

過去と未来が混ざりながら再生する。
タイムスリップのような,家族の物語。
親が,子を想う気持ちが痛い。

☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

疾走

重松清

狂っていく家族の最大の犠牲者としてのシュウジ。
ただ,巻き込まれていく。
どうにもならない世界に。
不思議に,残酷で,優しい。



☆☆☆☆



テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2005年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。