読書記憶+

 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
12


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2002年の読書

2002年は,一応,115冊読了したことになっているが,例年通り,実は放り出したとか,記録漏れが何冊かあると思われ。 だって,12月はほとんど記録ないし。
ちゅか,毎年,年末になると記録取ってないなぁ。
飲んだくれてるからかなぁ。

この年,石田衣良を読み始めた。
田辺聖子にもはまっていた様子がうかがえる。
桐野夏生も。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

いきはよいよいかえりはこわい(鎌田敏夫)

 

 ホラー。まったくタイトルどおり。
 怖いけどリアリティはあまりない種類の怖さかも。

 ☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

コスメティック(林真理子)

借りて読んだ。
あとがきに、巧妙にパクられて、ドラマ化にはいたらなかったというようなことが書かれていたけれど、それはあれ。
あのドラマのことですね。今井美樹が出ていた「ブランド」。
読み始めてすぐにわかった。
最近、テレビドラマは結構着想を漫画や小説から拝借していることが多いようで、確かにそっくりなぞってはいないけど、でもあれが頭にあったんちゃうん?ってことが多い。

吉田栄作のが,私はいいと思うけどね。

この本に価値があるかどうかは疑問だけど、気軽に読むには非常に面白く読めた。


☆☆☆

黄金時代(F・ダバティ)

あの、トルシェ監督の横でお前が監督か?ってオーバーアクションで有名だったダバティ氏の対談集。

買うのも、読んだと書くのもやや恥ずかしいと思うが、そう思う自分が一番せこいかも。

いずれにせよ、熱狂の6月を、思い出したし、トルシェ監督が目指したものが、伝わってくる。
私は、トルシェ監督はよくやったと思うし、ヒステリックにも見えるけれど、その一本貫く姿勢が好きですがね。

古くからのサッカー好きには批判的な人が多いようだ。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2002年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。