読書記憶+

 
2
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
19
20
21
22
23
24
26
28
30
09


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライン(村上龍)

で?結局のところは...。
まあ、そういう類の小説じゃないからいいんでしょ、多分。
タイトルどおり、次から次へとバトンが渡されるように連続しながら結論はないままに主人公が変わっていく。
オムニバスかい?
つまり人は壊れやすく、もう壊れた人も多いし、こんな世の中で壊れないように生きている人間は鈍感か、器用か、そのどっちかだろう。
壊れそう、って思っても壊れないように逃げ道を作れる能力こそが強さと言えるのかもね。

☆☆☆




 

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

恋人よ

ちょっと宮本輝っぽいような、ぜんぜん違うような。
「家族」の物語だったような気がする。
偶然があまりにも多くて少々ご都合主義だったけど、まあ、そういうのもありなんだろう。


まさに恋愛小説だったのだけど、本当の主題は「家族」だった
のだろうと、勝手に思っている。恋愛小説なんだけど。血、以外のものでも構成されうる家族という形。
人を好きになることのタイミングと身勝手さ。
偶然があまりに多いことは少々難点だと思うけれど、恋愛なんて結構単純でその分手に負えないのかもしれない、などとわかった風な口をきいてみる。

しかし、私は恋愛なんてタイミングと思い込み(身勝手)というのが座右の銘なので、これはわからんでもない。
それに、恋する相手と、家族として愛する相手が別の人になってしまうこともあるかもしれないと思う。だってそれは紙一重だから。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

水の眠り 灰の夢

ミロシリーズにもちらっと出てくるお父さんの若かりし日々のお話。
ハードボイルドで泥臭い。
でもちょっとロマンチックなような、救いのないような。

 
☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

破線のマリス

いやいや。
ストーカーとマスコミと。というような小説だった。
少々込み入っている部分があり、すっきりわからなかったカラクリもあるのだけど。
その背筋が寒くなる心理状態だけは確実にひしひしと伝わってきて、恐ろしい小説だった。
ぞっとするし、怖いし。気持ち悪いし、明日はわが身なんじゃないかというような恐怖もあるし。
思いがけない結末だし、読み応えあり。

 
☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

模倣犯

うわさの模倣犯。
読んでも読んでも結末に行き着かず、まったく大変な小説だった。

すべての登場人物について背景や過程をきちんと書いているので、こんなふうに長く長くなったんでしょう、多分。

宮部さんらしく、救いのないところは救いのかけらもなく、そしてあるべきところに人情がある。
偶然や何かが少々多くないか?とも思ったけれど、まあそれが作り事の世界だからいいんだろう。

でもほんとうに頭にくる、こいつ大嫌い、って思う人がたくさん出てきて所々本当にむかつく小説だった。

罪悪感や、好奇心や、憎悪や逃げや悲しみやうぬぼれや勘違いやねたみとか、負の感情は怖くなるほどたくさんある。


☆☆☆☆

でも,大変だから,二度と読まないと思う。

蜜月

最近、あたりはずれが多く、買うときにはいつも少しの勇気が必要。

今回は、あたりでよかった。

一人の男性の恋の歴史を、女性の側から語らせるという、連作短編のような形をとる。
人にはある種の多面性があり、恋はその渦中においてはドラマチックだけれど、ドラマは生涯続くわけではなく、いつか終わり。

結局結論らしい結論がないことで人生が死に至るまで続いていく、ということがものすごくリアルに感じられた。


☆☆☆☆


 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

世間知らず

短編集


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

どこ吹く風

短編集

相変わらずディープになりがちな話もさらりと、それどころか「ふふふ」と笑ってしまう雰囲気に仕上げちゃって楽しい。

☆☆☆


 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

変身(東野 圭吾)

初めて読んだ。

「秘密」を映画で観てから気になっていた作家ではあったのだけど。
なかなか面白かった。新刊を買わねば!というほどではないけれど、ボリュームもあるし、古本屋さんで今後お世話になりたい。

脳の部分移植を題材にしていて、「死」とは「自我」とは、というあたりが焦点。
それでいて全体的にあっさりしているというか、いまいち表面的な感じもするけれど。
それが多少物足りない。


☆☆☆

と,言っていたけど,今は古本屋でも,買わなくてもいいなとか,思う。(20071105)


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

青の群像(小松成美)

5人かな、サッカー選手のルポみたいなもんだ。
古本屋においてあったのでつい買ってしまった。

川口、柳沢、中村、森岡と中田(英)について書かれてる。
それぞれが、どんなふうにサッカーを考えているのか、とかワールドカップに向けて何を考えているか、とかそういう。

個人的に川口、柳沢が好きなのでつい買ってしまったわけだな。
でも面白かったけど。
ちょっと美しすぎる感じもしたけれど。


☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2002年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。