読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
24
26
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイアボールブルース2

で、その続編だ。
こちらは短編集の形をとっていて、出てくる人物たちは同じだけれども、話のつじつまが一部合わないのでいったいそれはどうしたことかね、とは思うが。
より心理的な側面がクローズアップされている感じで、特に最後の章は、なんだか考えさせられる。
才能というものや自分の生きる場所、生きる目的、見切ることや、あきらめることや、そういうたくさんの選択。


オンナがハードボイルドに生きるのは言うほど簡単なことじゃない。って、男も同じだろうな、きっと。

 
☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ファイアボールブルース

女子プロの話だってことでずーっと、手に取るのをためらっていたのだけど、ついに読んでみた。
で、読んでみたらおもしろくて一気だった。

確かに舞台は女子プロ界だけど、なんていうか、別に舞台がどこだろうと、そこを生きる人々が魅力的かどうかが面白いかどうかを決める部分も多いわけで。
つまり、面白かったのだ。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

夜離れ 

短編集
変にリアルで、ちょっと怖い。


☆☆☆


 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

王国 その1 アンドロメダ・ハイツ

つい、買ってしまう。
で、読み始めると最後までさくさくっと読んでしまう。

現実と非現実が入り混じったような不思議ワールドで、それは現実の物語とは程遠くても、現実の物語のすぐ近くにあって。
おとぎ話のような、独特の世界になっちゃうところがなんとも。

でも結局さくさくっと読めるのだから、引き込まれたってことで面白かったってことなんだろうなぁ。

☆☆☆



 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ゴールデン・ボーイ(S・キング)

「刑務所のリタ・ヘイワース」が読みたくて買ってきた。


「刑務所の~」は、「ショーシャンクの空に」の原作なわけで。


映画もぐっときたけれど、文章で読んでもぐっとくる。
本のタイトルになっている「ゴールデン・ボーイ」は、やばかった。
ナチスの生き残りの老人を好奇心のようなものから付回す少年が、徐々に錯乱していく。


「死」の物語を語らせ続けることで、自分がその「死」に飲み込まれていくというか。


正気から狂気へ。
依存し続ける二人の関係の結末は、絶望的に救いはない。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

グリーン・マイル(S・キング)

映画も観ていないので、初グリーン・マイル。

これ、映画で見て面白いのかな。弟は、えぐかった、って言ってた。
精神的な小説に感じたので、映像化するとどうなんだろう、ってちょっと思った。
やるせない、小説だった。


☆☆☆


 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2002年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。