読書記憶+

 
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
20
21
22
23
24
25
26
28
29
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OUT(桐野夏生)


ずーっと、なんとなく読んでいなかったのだけど、ようやく読む。
読み始めたらもうやめられない止まらない。
読み終わって残ったものは何もないけど。
充実した時間はあったので良いのでは。

☆☆☆


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

闇の花道~天切り松闇語り~(浅田次郎)


このシリーズ初の文庫化に伴いめでたく購入。

今までなぜ手にしていなかったのかと悲しくなるほど私の心をぐっとつかんだ。

きんぴかシリーズ、プリズンホテルシリーズに続いて、やられた感の強い1冊となった。
シンプルで、正義があって、粋があって、涙がある。

今回は笑いは、なかったけれど、その世界にひたすら酔って読みきればいいのだ、というシンプルさにおいて、文句なし。


☆☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

レキシントンの幽霊(村上春樹)



短編集

この人,好きでも嫌いでもない。
いや,好きではあるけど。
興味を持てば読むし、持たなければ読まない。そういうおつきあい。

その代わり、興味を持って手に取った本はきちんと読み応えがある。
ただし、ノルウェイの森もダンス・ダンス・ダンスも、ねじまき鳥も読んでいない。
正確にはノルウェイは読んだ。面白かったという記憶はあるけど、中学生だったせか、世の中であれほど話題になったあの小説について強く何か感じたという記憶はない。


記憶しているのは「国境の南太陽の西」だけだからもしかしたらこれで2冊目なのかもしれない。
この短編集は、非常に私の心をつかんだ。
どれも飽きさせない、バランスも良く。大人のための童話、といった趣。少し教訓というか、そういったものが含まれているように思う。


☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

別ればなし(藤堂志津子)

しばらく,離れていた。

彼女の独特の文章と物語から感じるある人生観が、読んだ後、少し疲れるから。そしてパターン化されているように思えて、退屈になったから。
この時期、なんでこんなに本を読んだか、思い出した。移動人生だったからだ。うん。そうそう。

それはさておき、ストーリーは簡単だ。
いくつかの別れ話を軸にさまざまなことが展開していく。極シンプル。そのいくつかの別れ話は全部つながっていて、そして結末を迎える。
恋の、間抜けで懸命な瞬間を切り取った感じのする小説だった。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

Miss You(柴田よしき)


これも迷いながら買っていなかった1冊で、お借りして読んで、なんだ、買って読んでも良かったな、という1冊であった。

優等生と言われる女性が、いろいろな経験を通して変わっていく。
たくさんの要素を含みながら、ぶれることなく、その女性の生きることに焦点が絞られていて、非常に引き込まれた。
と、記憶している。返してしまったので、ちょっと詳しくは...。サッカーにうつつを抜かしながらの時期なので、メモもちゃんと残っていない...。

ところで、導入部と言っていい段階で、主人公の女性が、婚約したばかりの彼に、非常に性的なセックスを強要されるシーンがあった。
多くの男に多少の差こそあれ、私はそういった願望があると思っているので、とても切なかった。
すべての男にあるとは思わないし、それが悪いと言っているのではなく、それはたいていの場合、女性にとってはというか少なくとも私にとってはあまりうれしくない状況だというだけだけど。
この話をすると長いから省くけど、男性の方が女性より性的に直接的であるというのが定説なので、ココロのどこかに不安は常にある。
それを刺激する行為だというふうに思う。
正直に言えば、こちらは萎える場合の方が多く、そして情けなくなるな。うん。
いや、この書き方は何か誤解を招きそうだけど、あのシーンがずばり私の言いたいことと一致しているわけではないが、男性の征服欲のようなものを感じた瞬間、悲しくなるという話。


☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

P・R・G(宮部みゆき)

書き下ろし文庫として出版されて、発売日に本屋まで行って、結局買わなかった。
数日後、同じく読書好きの女の子が、イマイチ、と評価したのでますます遠ざかっていた。
古本屋で手に入れよう、と思っていた。で、偶然手にした。
読んでみたら、なかなか面白かった。

ただ、ストーリー展開に気を取られ読み進みすぎて、結局最後の謎かけが私はわからなかったので、後日読みなおさないといけない。
では、宮部みゆきという人らしい読み応えのある1冊であったか、といえば、どうだったのか。
私は、彼女の人情の部分をとても好んでいるのでそういった意味では多少の物足りなさが残った。
圧倒的に引きつける力があったことは間違えないのだけど。(こういう書き方をすると一体何様ってかんじですけど)

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

不発弾(乃南アサ)



短編集

乃南さんは、このところ避けていた。
つまらないわけではない。だけどはまるほどでもない。
読み終わった後にどことなく疲労感のあるような感じが嫌で避けてた。
生真面目感があったのかもしれない。

この短編集は非常に面白かった。
ハードボイルドで、温かみもあり、恐ろしさと、事故のような転換点や、そういういろいろなものが絡み合っていて一気読みをした。
特に前半三篇は、私をぐぐっと引きつけた、ように記憶している。(すぐ書けばいいんだけど)


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

フィジカル・インテンシティ(村上龍)


フランスワールドカップをはさんだ前後半年に書かれたエッセイ
鼻につく感じと、大袈裟さと、うなづくところと。
変に癖になるのが村上龍?と思う今日この頃。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

コック・サッカー・ブルース(村上龍)


で、希望の国のが面白かったからかってみたんだけど、100円だったし。
おもしろかったかどうかはさておき、文体が椎名誠調であることがおかしかった。
もちろん、違うんだけど、非常に似ている。説明的な長まわしというか、独特のリズムが似ている。
ま、おもしろくなかったわかえではなくて、おもしろかったけど、だからどうした、っていうほどのもんでもなかった。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

血い花-あかいはな(室井佑月)


短編集。

女性が書いた小説、で女性を書いた小説だっていうのが、ものすごく強く感じる。
別に女性だけにターゲットを絞ってるわけではなくて、少年も、普通の男も出てくるんだけど、なんとなく、そういうふうに感じたってことです。
おもしろかったし、ちょっとぞくぅっとする怖さもある。


☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2002年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。