読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
27
28
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若き実力者たち(沢木耕太郎)

 人物伝。
 何事かを成す人は、考えているけれど焦っていないものだ、というような印象を受ける。
 いつも自分のポジションと目指すべき目標のようなものをどこかに秘めているというような。
 私はいつも、考えてはいてもどこか中途半端で焦っているから、こうなのかもしれないなぁ、と思った。


☆☆☆

スポンサーサイト

花渦(高樹のぶ子)



☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

薄荷草の恋(田辺聖子)


 短編集

 軽くて、でもリアルで、明るくてとても好感度が高い。
 一機読み。

☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

深夜特急6(沢木耕太郎)


 淡々とした冷静な視線は結局彼が後年とりまとめたせいかもしれないけれどむしょうにうらやましい。
 ようやく、2年くらいかけて読みとおした。
 そして沢木耕太郎をずいぶん好きになってたくさん読んだなぁ、と感慨深く思う。

 ☆☆☆



 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

淋しい狩人(宮部みゆき)


 古本屋の主人と孫の高校生が主人公の短編集
 推理という要素はあるけれど、人情もの、というような趣。
 人間のよくや弱さやずるさや優しさや、そういうものがバランスよく描かれていて宮部みゆきらしい短編集

☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

顔に降りかかる雨(桐野夏生)


 読ませる。
 切なさと色っぽさとプライドや感傷。
 いわゆるハードボイルドの主人公が女性になったかのようだけど、別に強いわけではなくて、弱くて痛々しい。

☆☆☆☆


...ミロシリーズ。後年そんな展開になるとは夢にも思いませんでしたけど。(20071112)

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

鉄道員(浅田次郎)


 超有名な浅田次郎の代表作のひとつのようなlこの短編をようやく読んだ。
 評判どおりの出来で、期待を裏切らないけれど。
 でもほんと、こういうシリアスじゃないやつのがおもろいと思うよ。
 「角筈にて」が切ない。切なくてとても良い。
 捨てられた子供のプライド。
 周囲の人々の愛や誇りや、そういうもの。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2001年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。