読書記憶+

 
1
3
4
5
6
7
8
9
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールド・ラッシュ(柳美里)


 人を殺すまでの狂気の蓄積。
 出版された当時、例の神戸の事件の後で、とても騒がれた記憶がある。
 少年が肩肘張って虚勢張って生きている。
 子供の強烈な自意識や恥の意識、またはプライドのようなものってそういえばあるな、と思い出す。
 恥をさらすより死を選ぶ、または殺す。


☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

夜のかけら(藤堂志津子)


 何かこうしっくりこなかった。
 あまりにもクールで、おそらくそれが馴染まない。

☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

自閉症だった私へ(続編)(ドナ・ウィリアムス)



 手探りで感情というものや私たちが無意識に判断する様々の事柄を学んでいく過程は、
彼女にとってはとても辛く険しい道のりであることは間違えないのだけどやっぱり私たちも、同じようなことをしているわけで。
 例えばこの人にこう言ったらこういう反応をするから、言ってはいけないのだと、学ぶとか。全然次元が違って恐縮なのだが。
 いずれにせよ、確かに違っているかもしれないが、別に特別に違っているわけでもない、と肯定的な意味に思う。
 人それぞれの感受性とやり方がある、その延長線に過ぎないことをもっと多くの人が知らなくてはいけないのだろうな、というか。

 人を傷つけず、自分を傷つけずに生きることは難しい。
 自分を守るために人を傷つけてはいけないが、傷ついてしまう自分はどうやって守っていけば良いのか、強くなろうと歯を食いしばって頑張っても、心は急成長を果たさない。
 傷つけられてもいい。
 そう思わないではないけれど。
 傷ついたときの痛みを思うと、それだけでやっぱり苦しい。
 ではなぜ傷つくのか。
 それもまた難しい。
 
 やっぱり誰もが愛されたいし許されたい、認められたい。
 それが叶わないから傷つく、とか?
 広い意味で、だけど。
 許されている、と思って育たないとなんだかのびやかには育たないかも。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

長崎ルパン物語 キムラ弁護士大熱血青春期(木村晋介)


 タイトル長い。
 熱くて面白い人。
 男の友情ってシンプルだ。


☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ゼロ(柴田よしき)



 「ゆび」の続編。
 娯楽色濃い。
 一気に読ませるが。
 悪魔みたいのが出て来ちゃうんだよな。
 面白いのは間違えない。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

不肖・宮嶋 踊る大取材戦(宮嶋茂樹)



 カメラマンも大変だよな。


☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ハンニバル(トマス・ハリス)


 かなりの狂気。
 ダークな迫力。
 そして意表をつくラスト。
 読み応え十分。

☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

泣けてくるじゃない(堀田あけみ)


 短編集
 
 確かにちょっと泣けてくるかも。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2001年04月 | 05月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。