読書記憶+

 
1
2
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
25
26
27
02


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁切り神社(田口ランディ)

 短編集

 実はwebで公開されていたものだから一度読んではいるのだけど。
 無駄なんだけど。
 とはいえ、このところはまっているのだからやはり買ってしまった。
 客観的で、ひたむき。

 ☆☆☆

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

天使に見捨てられた夜(桐野夏生)


 うーん。女探偵が出てくるちょっと裏街道な新宿。
 いかにもといえばいかにもな。
 男が女になっただけといってしまって良いかどうかはわからないけれど。
 悪くもないが良くもない。けど、うーん、どうだろう。難しいところ。

 ミロシリーズの一作目。

 ☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

初等ヤクザの犯罪学教室(浅田次郎)


 夢が現実か。
 相変わらずの勢い。

 ☆☆☆

テーマ : エッセイ    ジャンル : 小説・文学

とかげ(吉本ばなな)


 久しぶりに読んだ。
 昔、読んだときはたぶん高校生とかそんな若くてぴちぴちの頃だったから、あまりよくわかっていなかっただろうと思うけれど、
それなりに恋をしたりいろいろなことで心がへとへとになったりもする今、読むと、深く頷く部分もある。
 なんていうか、ある時突然目の前が開ける感じというか、疲れている時に疲れていると必ずしも感じているわけではなくて、後から思うと痛々しいとか。
 だけどそれでも生きていく、という感じとか。
 いや、昔も本当はそういうことを知っていたのだろうけど、目の前にあるもので精一杯で、今のようによく把握できていなかったのかもしれない。

 「これが人生だ」。
 とかげのなかの「キムチの夢」というのに出てくる台詞。
 今の私には「キムチの夢」という短編が一番なんだかリアルに切なかった。 
 やっぱり恋とかに疲れる感じが一番リアルだからなんだろうな。
 結局不倫だろうが、なんだろうが、当事者にとっては恋なんだからその切なさには共通点があるんだな。たぶん。


 ☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

欲望(小池真理子)


 タイトルのまま。
 わかるようなわからないような。でもものすごく集中できる。
 混んだざわついた電車の中でも静かな世界に入り込む。
 恋や愛や、セックスや、そういったものが淡々と深く書かれているような感じ
で、その本質をつい考える。


 ☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ぐるぐる日記(田口ランディ )




☆☆☆


テーマ : エッセイ    ジャンル : 小説・文学


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2001年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。