読書記憶+

 
1
2
5
9
11
12
13
15
20
21
24
25
26
28
29
30
31
03


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

thirsty(田中康夫)



一編が3ページとかそのくらいの短編小説集。
様々な愛の形、その断片。感情の、日常の、一瞬のかけら。
たくさんのかけら。
とても好きな短編集。時々胸が痛い。うらやましくなる。そして少し学ぶ。

☆☆☆☆


#へー。全く記憶にないがなぁ。(20071122)

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ハッピーハウス(結城真子)



ワーカホリックな女営業課長の話。
きりきりと自分を締め上げていく姿が苦しい。
文章としても小説としてもそんなに好きではないけど、アンハッピーを考えない彼女のぎりぎりの毎日がなんだか切ない。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

あなたと読む恋の歌百首(俵万智)

あなたと読む恋の歌百首 (文春文庫)あなたと読む恋の歌百首 (文春文庫)
(2005/12)
俵 万智

商品詳細を見る





好き。百首の恋の歌を解説。
自分で短歌を詠んだりはしないけど。31文字に凝縮された感情が好き。
俵万智の考え方も結構好き。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

キスより優しい殺人(小池真理子)



ショートショート的短編集。少しのミスで明らかになる犯罪。
不安定な日常?

☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

バカさゆえ・・・。(姫野カオルコ)



面白かった。
パロディと、コメント。
ちょっとエロ。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

水色のノート(藤堂志津子)


 
これ、古本屋で単行本が100円だったから買ったんだけど、 どうやら前に文庫で読んだみたい。
切ない短編集

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ため息の時間(連城三紀彦)

ため息の時間ため息の時間
(1994/10)
連城 三紀彦

商品詳細を見る



奇妙な恋愛ミステリー。
絡み合う愛憎。
最後、「愛してはいないけど必要としている」という言葉が。
今のあたしにはよくわかる。逆に必要とすると言うことが愛しているにもなるのかもしれない。 

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

Everything(桜井亜美)


自殺した彼。そっくりな男。過去。さまよう心。
語ることさえもが苦痛になるほどの痛み。
張りつめた空気。心。

☆☆☆


#今思えばケータイ小説のハシリみたいな雰囲気の気がする。
 読んだことないけど。ケータイ系は。(20071122)

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

夢の浮橋(倉橋由美子)


夢の浮橋 (1971年)夢の浮橋 (1971年)
(1971)
倉橋 由美子

商品詳細を見る
 



 
桂子さんシリーズの最初なのかな。学生の頃。
不思議なニュアンスの小説。
ありのままを受け入れるというか、淡々と自分好みに変えていくというか。
すごく作品が少ないことが残念なこと。


☆☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

柔らかい心(鎌田敏夫)

柔らかい心 (角川文庫)柔らかい心 (角川文庫)
(2002/02)
鎌田 敏夫

商品詳細を見る





頑なに肩肘を張りながら生きている女性が主たる人物。
ふたパターン。
一人の男性を軸に彼女たちは変わっていく。
彼女たちには柔らかい心がかけているかもしれないけど、私に欠けているのは頑なに肩肘を張ること。
高校生くらいまではかなり肩肘派だったのに、いつのまにやら・・・。
少しずつでも肩肘を張れる、そんな心ももう一度持ちたい。
しなやかな強さというものを手に入れたい。
鎌田さんの小説、好き。ドラマもいいけどね。


☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

魔都上海オリエンタル・トパーズ(山崎洋子)



古い日本を舞台にしたミステリー。
夢を持った若い女性たち。
振り回されて。


☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

プワゾン(藤堂志津子)

短編集。2度目。

女の人がかっこいい。
少し痛々しい。
自分が幸せで安定しているときに読むより、今のあたしが読んだ方がしっくりくる。
そんな気がする。

☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

もういないあなた(堀田あけみ)


もういないあなたもういないあなた
(1999/02)
堀田 あけみ

商品詳細を見る





短編集


見つけたら必ず買う。
昔はとても辛そうな小説が多かった。でも今は幸せそうというか安定している感じがする。
この短編集は写真をkeywordに書かれてる。

☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

色彩の息子(山田詠美)



2回目。
好き。山田詠美的世界って好き。

☆☆☆☆



テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

終業式(姫野カオルコ)



ちょー!よかった。
高校時代の同級生3人がメインでこの人たちが40歳くらいになるまでの手紙集。そこにはその時々に関わった人たちからの手紙も混じる。全編手紙。
メインは一組の男女。つながったり切れたりしながら、およそ20年。いろいろなことがあって、幸せなことも苦しいこともたくさんあって、いろんな人がいる。その感じがすごくよかった。
私、手紙書くのももらうのもとっても好き。
 
短大時代につきあっていた彼にはよく手紙を書いた。しゃべりすぎて感情が高ぶって本当に話したいことがうまく話せなかったりしたときに,それを手紙で補おうとしてたのかな。
数は覚えていないけど、結構な量が残っているだろうな。彼からもらったのも何通かある。
嬉しくて泣いたこともある。会話も大切だけど、手紙という手段は捨てがたいものかもしれない。
メールの危険なところは、逆に冷静になりきれないことが時に起こること。
書いてびょん!っておくっちゃうから。手紙は書いて読み返して、封をしてから郵便ポストに入れるまでに結構時間がある。


そうそう、小説の方。
人間関係の何か重要な部分を感じたように思う。引っかかるやりとりが多かった。
私の人生もまだまだ本当にこれからだ。
漠然と力強くなったりした。

☆☆☆☆

なんか,いろいろ辛かったんだな,私。(20071121)

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

絶対泣かない(山本文緒)



2回目。短編集。
働く女性の恋とか友情とか、苦しい気持ちとか泣きたい気持ちとかそういう短編。
がんばろうって思う。

☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 1999年03月 | 04月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。