読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
9
10
11
12
13
14
15
17
18
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
12


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1998年の読書

1998年は,一応,111冊読了したことになっているが,放り出したとか,記録漏れも多そう。

感想メモはほとんどとっていなかった。無念。


この年は,色恋にかまけてたと思う。たぶん。
新しい生活パターンにも慣れ始めて,天狗になってた。

記録も,おおよその時期はわかるけど,明確な日付を書いていないとか,いい加減な生活をしてたんだなあ,というのがよくわかる。

小池真理子,宮部みゆき,連城三紀彦が多いが,わりと迷走感もある。
一言でも,メモを書いていればなぁと,我ながら悔しい一年。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

愛したりない(島村洋子)

メモなし。

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

牡牛の柔らかな肉(連城三紀彦)

メモなし。

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

褐色の祭り(連城三紀彦)



 なんていうか、奇妙というか。死んだ旦那そっくりに自分の子供を成長させるって・・。
孤児で盗癖があって、義理の母を愛したり犯罪に手を染めたり、いろいろな女と寝たりしていた過去をもっていた夫に似せて成長させる。っていうのはどういうことだろう。

一気に近く読んだけど、その心情はちょっと理解しがたい。
小説としては成功しているんだろうけど、決して理解はできん。これってクローン人間のお手製版って言う感じで気持ち悪いというか。

でも全体の雰囲気はやっぱり嫌いじゃない。感想が書きにくい本だ。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

29歳のクリスマス(鎌田敏夫)

がんばんなきゃ。
負けちゃいけない。
自分のために。胸を張って、背筋を伸ばして、疲れて、意気込みが大事。
女がかっこよく生きるのは(男もか…)大変なんである。

ドラマはあんまりみてなかったけど、あの雰囲気をそのまま小説にしたぞって感じだった。
テンポがよくてがしがし読んだ。がんばるのだ。

☆☆☆☆

当時の私にとって,29歳は,はるか彼方の自分とは関係ない大人だったのに。
気がつけば軽々と飛び越しちゃって。
変わらない(あるいは変われない)と思っていたはずなのに,確かにあの頃に比べたら,自分は大人になって。
あの頃は理解できなかった葛藤や人生観が身に付いている。

山口智子がかっこよかった。
仲村トオルの不器用で朴訥な雰囲気も好きだった。
(20080204)

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

私たちが好きだったこと(宮本輝)

 短大生の頃に出版されたはず。
ずっと気になりながらなんだか買ってなかった本。
お人好しな不思議な4人が出会って一緒に暮らして、それぞれにいろいろ考えたり、悩んだりしながら一緒に暮らす。そして居心地のいい時間は永遠ではない。
 宮本輝の小説には優しい人がいっぱいでてきて、ずるい人とかいなくてすごく優しい。
おしつけがましいわけでもわざとらしいわけでもなくて、自然にそういう風になる人ばっかり。

嘘臭いって言う人もいるのかもしれないけど、私は優しい人が一生懸命生きて、人間の尊厳みたいなものをすごく大事に、そして少し無理をしたりしながらそういう自分を守っていってる気がして、なんだかうれしくなる。がんばるって思う。

いつもなんだか励まされて、暖かい気持ちになるのだ。

☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 1998年12月 | 01月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。