読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女たちは二度遊ぶ(吉田修一)


短編集。

ふと現れ、消えていく。って意味で二度遊ばれてるのかな。
男性が読んだら面白いのかな。
特にこれといって惹かれる話はなかった。
他の短編を読まずに決めつけるのもなんだけど、この人の場合はしっかり少なくとも中編以上のほうがいいんじゃないかと思う。

☆☆☆


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

浅田真央 そして、その瞬間へ(吉田順)


細かいフィギュアのルールなんて全然わからないけど、真央ちゃんのひたむきさがいつだって私の胸を打つ。
こんなにもひたむきに取り組めるそのことこそが真央ちゃんを特別な人にする。
胸が締め付けられる1冊でした。

☆☆☆+


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

悪人(吉田修一)

読み終わって、まじですか?!って。
光代...
女って怖い。
一種の自己保身、自己防衛なんだろうけれども。

祐一は、光代をかばってるよねぇ..っていう。



被害者はいない。

祐一が言ったというその言葉が印象に残った。
結果的に法的な被害者は存在するけれども、そもそも殺された彼女は殺されるまではむしろ加害者風味だし、いけ好かない大学生が法的には加害者ではないことも不思議だし。

人は誰しも加害者で被害者で、悪人で善人。



映画は見てないけど、妻夫木くんかぁ...
う゛ーん、う゛ーん...ちょっとイメージと違うかなー。


☆☆☆+

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

儚い羊たちの祝宴(米澤穂信)

以前にアンソロジーでいいな、と思った人。
ちょっと耽美?大正ロマン風?
儚い羊とは上手いこと言う。
表題作の羊たちだけでなく、出てくる娘たちはみんな羊っぽい。
どれも品良く、だけど薄気味悪いような、さらりとしつつ、怨念風味というか。
面白かった。

☆☆☆+


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ボトルネック(米澤 穂信)

story seler で、「玉野五十鈴の誉れ」が良かったので。
この人はこういう青春辛い小説が得意分野なのかな。
きっついなーと思った。
青春の閉塞感。
ましてや、そんなふうに己を知らしめられるなんて。

大人になればもっときっと生きやすくなると思っていたけどそれはやっぱり夢物語で実際は高校生の延長にすぎない。
いろいろ慣れるし覚えるけど。
でもやっぱり自分の欠点と向き合うことがしんどいことに違いはないので。

後を引く小説。癖になりそう。

このミスナンバーワンらしいが、確かにミステリーかもしれないけど、ミステリーじゃない気がする。

☆☆☆+


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

累犯障害者(山本譲司)

考えさせられる。
ただ罰すればいいということではないのだけど、現実にはすべてを拾い、救うことは難しい。
生まれ持った能力や、環境。
それによって多くを得られる者も、失うばかりの者もいて。
平等やら公平の基準はどこに置くべきなのか、すごく考える。
それと教育の重要性。
教育にお金をかけておけば、将来的なコストは大幅に減るのではないかと。
教育にお金をかけすぎるということはないのではないかと、改めて思う。
それは、自分や自分の子供だけではなく、社会全体として。
子供手当てなんて支給するよりもっと効果的なお金の使い方を考えるべきなんじゃないだろうか。

☆☆☆+


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

浮き世でランチ(山崎ナオコーラ)

うーん。
なんだろう、さらさらと流れていってしまう感じがした。
あんまり、心に響かなかった気がする。
悪くはないんだけど。っていうような。


☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

採用の超プロが教えるできる人できない人(安田 佳生)

資料本。
この手の自己啓発系というか、うんちく系は、読めば読んだなりに得るものっていうのは、そりゃあ、ある。
あるけど、買うことは、もう10年くらいしてない気がする。
なんていうか、お金出して買うほど、ご大層なことは書いていない気がして。

とか言いながら、実は、いくつか、漠然とイメージしていることを言葉として認識させられた箇所があった。
し、普段、心がけてることが、大事なこととして扱われてたりすれば、嬉しかったりする。
不思議なモノで、その道のプロと同じ事を自分が考えてると思えばやっぱり嬉しかったりするんだなっていう。

なぜなに、は、結構いやがられたりするけれど、なぜなにの心は、持つことも、それに応えることもすごくやっぱり大事だと思う。

いずれにせよ、結果には理由があるのだ。

☆☆☆+


証し(矢口敦子)

近頃よく見かけるので、おもしろいのかなぁと思って仕入れてみたんだけど。
...合わない。まったく肌に合わない。
読んでても、イライラしている木綿子にこっちがイライラしだす始末。

なんていうか、形式的というか、ステレオタイプというか。
登場人物の誰にも興味が持てないし、ストーリーにも興味が持てず。
180ページぐらい読んだどころで挫折。

一応、ミステリなので、結末だけ読んだけど、愉快だった。
これ、ブラックユーモアかなんかなんだろうか。

この人は、何が書きたかったんだろう。
と、中盤飛ばしておいて何を言う資格もないんですね。

肌が合わないものは仕方ないですな。

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

闇の子供(梁石日)

現実の重さに、息も絶え絶えになる。
耳が痛いし、胸も痛み。

私は、日和見的だな、とあらためて痛感させてもらった。
けど。
少なくとも、私はたぶん、どんなにかわいい我が子のためでも、他者の命と引き替えに救おうとはしないだろう。と、思う。
我が子がここにいないから、わかんないけど。
でも、きっとそうだろうと思う。
普通の、脳死臓器でも、漠然と抵抗がある。
心情的には、何をしてでも。というその気持ちはわかるんだけど。
じゃあ、角膜移植は、骨髄移植は、代理母は...って、線をどこで引くか、それはとても難しいことだけど。
少なくとも、他者の命と引き替えの生を、正当化させる理由は、私には思いつかない。


それと、少年少女買春についても。
大人ならいいのか、って、どこから大人なんだって、いろいろこれもあるんだけど。
いずれにせよ性を売り、性を買うことが、自らの意思のみで成立しているならともかく、強要によるものを是とする理由も私には全く思い浮かばない。

それが生活の手段だとして、120%、純粋な労働として成立するならばまだしも、搾取によって成立するのは、買う側をおぞましく思う。

ましてや子供たちなんて、ありえない。

ただ、人によって得意なことは様々で。
石田衣良の「娼年」のごとく、それをいかすことが幸せだというならば、それを止める理由も思いつかないんだけど。
だって、恋や結婚だって、ある意味では売春だったり買春だったりする瞬間ってある気がするし。


人の権利というものについて考えさせられる。
音羽が自分は他人ではなく、当事者だと捕らえるのも、南部が所詮自分たちはよそ者だから、と言うのも、姿勢としては音羽にならねばならぬのだろうけれど、ああ、自分は南部だな、と。


私は、東南アジアとか、いずれにせよ、経済的に自立していない国に旅行するのが、結構しんどい。
安くいけるし、行けば楽しませてももらっているんだけど。
積極的に行きたいと思わないのは、そこで、私にとってはカツカツの、彼らにとっては、贅沢旅行をしているその現実をずっとどこかに感じているのがしんどいから。
私がチャラチャラと浪費するそのお金が、彼らのどれだけの生活をまかなう金額だろう、とか思うのが、イヤだから。
お金を置いてくるのも大事だって言うけど。
なんか、イヤなんだ。

今の私にできるのは、せいぜいコガネを少々、その活動資金として使って頂くくらいしかなくて、スミマセン。と。
申し訳なく思う。

そして、ありがたく、思う。
ただ、この国に生まれたというだけのラッキーにすぎん。

☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。