読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書について

読書する場所:通勤電車,お風呂,換気扇の下,ベッドの中

☆の目安
☆☆☆☆☆:この先,何度も読み返すだろう。
☆☆☆☆:できれば読み返したい。(印象が強いのに,あまり覚えていないとかも含む)
☆☆☆:さらっと最後まで読めた。普通に面白かった。普通に良かった。つまり普通。
☆☆:なんとか読了。
☆:途中で試合放棄。

☆☆☆+または☆☆☆.5:読み返すほどでもないけど、面白かった。


ごく個人的なメモにつき,あらすじがわかるわけでも,参考になるほど綿密な記載もなし。
でも,ズバリなことも書いてる,たぶん。何かあったらスミマセン。
あくまで,好みで書いているので,えらっそーなことも言っていてスミマセン。

ドラマの場合、ハマリ度が高いほど、記事数が増える傾向がありますが、帯とかの場合は、敢えて、わけていません。


2014.03.03追記
思いつきでさかのぼって記事を細々とアップしたりしていたけど、ちりも積もれば、で気がつけばもう20年近くさかのぼれてしまうことが衝撃。
20年前はまだ携帯電話があったりなかったりするような頃で、ブックオフやamazonが覇権を握る前で、図書館か町の小さな古本屋が主なターゲットで、1冊の本を繰り返し読むしかないような環境でもあった。主に金銭的に。そして環境的にも。
今みたいにスマホもインターネットもなくて、オフラインの世界だけだったから。

昨今は年のせいもあるんだろうけど、シリーズものがぽつりぽつりと刊行されたところで最新刊を読む頃には、前の話がさっぱり...ということがザラ。
繰り返し読みたいような本も少なくなった。
だけど、それって作者の問題よりきっと自分が成長して大人になって、本以上に刺激を受ける現実を生きているということなのかな、と思うとそれでいいのだ、とも思う。

だけど、幼い頃からずっと、片っ端から本を読んで、しかも気に入れば2回でも3回でも読んで、っていうああいう濃い読書ができた頃が懐かしい。

最近はめっきり読んでいないしねぇ...
積ん読が大変なことになっていますが、近隣の大手古本屋が2軒立て続けに閉店したので、しばらくは積ん読解消に励みたいと思います。



以下、古いメモ。

 

スポンサーサイト

昔好きだった人


一度は好きだったので、何冊も記録があったり、うきゃうきゃ言ってたのに、今は好きでない人について。
年齢を重ねて自然に離れていった作者さんじゃなくて、ああ、これは受け付けないわ。って積極的に、彼氏と別れるがごとく、サヨナラした作者さん。


以下、批判的です。

あくまで、私が感じる。という主観に基づくコメントですから、反論はご遠慮願います。
反論があることは百も承知の上ですが、議論するつもりがないし、好きな人を批判するつもりもない。
かつて好意的に記事にしているからといって、今も、私が好きだと思われたくない作者さんということで。

感じ方は人の自由。

 

文学って何?


図書館行ったら、中高生特集コーナーに百年の文学だっけかな、アラフォーの私でも古典って思う作者の代表的な短編を集めた辞書みたいな本があった。
悪くない試みだと思う反面、これを今の中高生に読めって言うのはなぁ、ってちょっと思った。
いや、選択肢として発行されて設置されているのはわかるし、いいんだけど、今の中高生の教科書にどんな小説が扱われているのか知らないけど、もし、私たちのころのようにいわゆる森鴎外だ、夏目漱石だのが普通に載っているとしたらそれって意味あるのかなぁって。
むしろ読書離れさせちゃうんじゃないかなぁ、って。

だって、無類の本好きの私をして、古典で面白かったって今でも覚えているのって太宰治の富岳百景くらいよ?
漱石もつまらなくはなかったけど、別に同じような話は現代小説にだっていくらでもあるよね、って思うのよね。
時代の空気感は別として、世界文学で言うなら、嵐が丘だのなんだのだって、普通に愛憎劇って言う意味では嵐が丘でなければならない理由ってなくない?的な。

10年や20年前の小説ならともかく、100年くらい前ってのは...
それこそ、教科書には現代小説、参考書として古典も含め、名作と言われるものの抜粋をずっしり詰め込んでくれたら、いいのに。
したら、授業中、退屈なときにはそれを読みふければいいわけだし←ヲイ

百歩譲って現代文の先生たちがちゃんと読んだことあるくらいの時代の小説じゃないと...って思うんだけど、ちゃんと今は現代の小説で授業してるのかもしれないし、まあアレだけど。
スマホだゲームだ楽しいものはたくさんあるけど、本には本の良さがあるし、それは授業でも本好きさせられるチャンスはあるのに、みすみす逃しているようで、もったいなくて。
中学の時、ちょっとやんちゃだった、本なんて読んだことないような男の子が、ある日を境に休み時間まで読書するようになって。読んでいたのは三毛猫ホームズだから、大人からしたらそんなもんっていうかもしれないけど、そのおかげで彼は少なくとも読書というものに抵抗はなくなった、それどころか寸暇を惜しんで本を読んで、それなりに学んだと思うと、赤川次郎すげーってなるじゃんね。
読書には読書からしか得られない何かが絶対あると思うし。


というようなことを、その辞典みたいな選集、その厚みにときめく反面、びみょーって思ったって話。
あ、でも古典全否定ではなく、読書慣れしてない人にはつまらないじゃないかな、とかそういう意味。
グリム童話とか好きよ?

テーマ : 雑記    ジャンル : 小説・文学

2009年の抱負らしきもの。

あけましておめでとうございます。
この1年が、みなさまにとって、もちろん、私にとっても笑いの多い、優しい1年でありますように。
コメントしていただいている方も、ひっそり、読んでくださっている方も。


というわけで。
もともと、読書記録をつけてたはずが、今じゃ、読書なんだか、ドラマなんだかわけわかんなくなってきていますが、読んだら書く、観たら書く。忘れっぽい自分に、プレゼントってことで。

自分以外の人のことは、基本、考えていやしないわがままさ加減で今年も突っ走ります。

まあ、お約束の展開じゃないかと思いますけれども、韓ドラ→K-POPにも、やや造形が深まりつつありますが、さすがに音楽については、ここであれこれ展開することは基本、さけたいと。
それはもう洋楽邦楽クラシックからヘヴィメタ系からアイドルまで。
気に入ればOK!LIFE is MUSICってなもんで、通勤は音楽+本。テレビ観てないなら、音楽聞いてる、みたいな生活してるんで、そっちも思うところはないでもないけど、音楽の場合は、長年やってきたわりに、分析なしに、脊髄で好きか嫌いか決めてるようなので、結局のところ「スキ!」この一言に尽きそうだし。
...か、すっげ、どうでもいいこだわり展開しそうだし。うん。

ま、食わず嫌いはよくないことを2008年で、めいっぱい学んだので、2009年はその教訓を活かし、幅広く文化活動を繰り広げたいと思います。

よろしくお願いいたします。

オリンピックメモ。

この記事はブロとものみ閲覧できます

これから読みたい本

ちょっとメモ。

・なぎさの媚薬(重松清)

・犬と私の10の約束(川口 晴)←男だそうだ
 
・5(佐藤正午)

・無限カノン3部作(島田雅彦)
 彗星の恋人,美しい魂,エトロムの恋

・象の消滅(村上春樹)

本好きへの100の質問に答えてみた。 



名称:本好きへの100の質問
URL:http://www.geocities.jp/bookend1185/

こちらの質問に答えさせていただいた。
読書傾向がわかるかなぁと思って。
100問は長いなー。やっぱ。
 



 

記録より記憶。(高校時代)

この記事はブロとものみ閲覧できます

記録より記憶。(中学時代)

この記事はブロとものみ閲覧できます

記録より記憶。(小学生時代)

この記事はブロとものみ閲覧できます


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。