読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書について

読書する場所:通勤電車,お風呂,換気扇の下,ベッドの中

☆の目安
☆☆☆☆☆:この先,何度も読み返すだろう。
☆☆☆☆:できれば読み返したい。(印象が強いのに,あまり覚えていないとかも含む)
☆☆☆:さらっと最後まで読めた。普通に面白かった。普通に良かった。つまり普通。
☆☆:なんとか読了。
☆:途中で試合放棄。

☆☆☆+または☆☆☆.5:読み返すほどでもないけど、面白かった。


ごく個人的なメモにつき,あらすじがわかるわけでも,参考になるほど綿密な記載もなし。
でも,ズバリなことも書いてる,たぶん。何かあったらスミマセン。
あくまで,好みで書いているので,えらっそーなことも言っていてスミマセン。

ドラマの場合、ハマリ度が高いほど、記事数が増える傾向がありますが、帯とかの場合は、敢えて、わけていません。


2014.03.03追記
思いつきでさかのぼって記事を細々とアップしたりしていたけど、ちりも積もれば、で気がつけばもう20年近くさかのぼれてしまうことが衝撃。
20年前はまだ携帯電話があったりなかったりするような頃で、ブックオフやamazonが覇権を握る前で、図書館か町の小さな古本屋が主なターゲットで、1冊の本を繰り返し読むしかないような環境でもあった。主に金銭的に。そして環境的にも。
今みたいにスマホもインターネットもなくて、オフラインの世界だけだったから。

昨今は年のせいもあるんだろうけど、シリーズものがぽつりぽつりと刊行されたところで最新刊を読む頃には、前の話がさっぱり...ということがザラ。
繰り返し読みたいような本も少なくなった。
だけど、それって作者の問題よりきっと自分が成長して大人になって、本以上に刺激を受ける現実を生きているということなのかな、と思うとそれでいいのだ、とも思う。

だけど、幼い頃からずっと、片っ端から本を読んで、しかも気に入れば2回でも3回でも読んで、っていうああいう濃い読書ができた頃が懐かしい。

最近はめっきり読んでいないしねぇ...
積ん読が大変なことになっていますが、近隣の大手古本屋が2軒立て続けに閉店したので、しばらくは積ん読解消に励みたいと思います。



以下、古いメモ。

 

スポンサーサイト

風が強く吹いている(三浦しをん)

超好き。
ちょーーーーおもしろかった!
あまりに非現実的でもあり、だけど強いチームに突然化けるときというのは、こんなふうなんだろうなとも思い。
やっぱりこういうの好きなんだな、私。
なんだかんだいっても一致団結して頑張るっていう生き方。
おもしろくないことも、しんどいことも、けんかもあって、だけどそれでもチームとして目的のために。というのが。

本当は、2年くらい前に読んだはずだけど、いつ読んだかわかんないので。


☆☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

舟を編む(三浦しをん)

三浦しをんの代名詞になりそうだ。

まほろには負けるのかな。
「光」とも全然イメージ違うし、間口が広いというか、引き出しが深いというか、長く楽しませてもらえそうで、とても嬉しい。



舟を編む舟を編む
(2011/09/17)
三浦 しをん

商品詳細を見る


とても素敵な物語だった。
辞書っていう、誰もが使ったことのある道具。
どことなく無機質に感じるのに、中の人たちはこんなにも熱いっていうね。
言語学者や、辞書編集者が熱いなんて想像もしなかったわ。
言われてみれば、それこそ力技で仕上げてきてるに決まってるのにね。
いいなー、私も学生バイトになりたい!っていうか、あの学生はバイトなの?バイトだよね?
一ヶ月も合宿するようなお金払えるの?マジで?ってちょっとそこが気になった。サラリーマンのサガ。

それこそ、大人が教えてくれないような言葉を引いたときにワクワクと拍子抜け感とかそういうのも思い出させてくれるし。
大渡海、ってもうそこから素敵だし、言葉はもちろん、紙質へのこだわりとか。

一方で、馬締さんはもちろんチャラ男の西岡さんもステキで惚れた(笑)。
もちろん松本先生も荒木さんも格好良かったしね。


だからこそ、映画を見てもいいものが悩む。
宮崎あおいが香具矢さんてことは、出番が多いのかな、とか。
そういうのあんまりいらないな、とか余計なことを考えるの巻。

し、言葉を扱った物語だから、映画で見て面白いんだろうか、とか。




過不足なく、まさに辞書のように収まりのいい物語だった。
最後は、やっぱり泣いたことを記録しておきます。


☆☆☆☆☆

以下、抜き書き



 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

あるキング(伊坂幸太郎)

これ、大好物すぎる!
私としてはラッシュライフに並ぶ傑作。と思う。
(私的に)ダメなところがない。
ダメなところがないというより、好きなところばかり。と言えばいいのかな。
感想を書きたくてもどこがどうという言葉もない。
ただ「超好き!」「めっちゃおもしろかった!」としか言いようがないフィット感のものが時々出てくるけど、それがこれ。
みんなに勧めたいような、勧めて相手にとってイマイチだったらちょっとがっかりしちゃうから勧めない方がいいかな、とか迷う感じ。
一番好きなエピソードは、同じクラスの名前忘れたけど同級生が初心者入部してがむしゃらに練習する姿を見て、傍観者だった者達が、「俺もやらなければ」と意識を変えたところ。
バッティングセンターの津田さんとか、石を投げる男とかも好きだった。

キングの人生というのは、安寧ではなく、絶対であり、ゆるがないが、幸せであることとは違う。



「毛色が違う」伊坂幸太郎とあとがきで書いていたけど、別にそうでもなく、つるっと読めた私は読者失格だろうか。
というより、え。こっちが伊坂さんの本質でしょ?くらい思ってスミマセン。
制限なく、自由である感じ。
規定の世界を少しはみ出した自由さのようなもの。

でもって、書評では案外不評でびっくりした。
学校にきちんとフィットして生きてきた人はなんだこれ、と思うのかもしれない。
というのは偏見ぽいけど、何かに抜きんでたりしたことがある人とない人では感じ方が違うかもしれないなと思った。抜きんでることは幸せばかりでもないということの極端な例がこれ。
次のキングも読みたいなー。


とりあえず、マクベスを買いに行こう。
ファウルはフェア、フェアはファウル。とかの3人の魔女の効き方がきっともっと強烈になるような。



☆☆☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

Glee S3 プロポーズ大作戦

今のところS3のイチオシ。
(それにしても、放送して、休んで、次は放送時間が変わるのパターンはやめて欲しい...おかげで1話見逃したよ...)

エマネタはなぁ...って思ってたけど、さすがGlee。
ヘビロテ曲は以下、3曲。
「愛は面影の中に」ロバータ・フラック
「ウィズアウト・ユー」ディビット・ゲッタ
「we found love」Rihanna

we found loveは元々好きだったけど、レイチェルとサンタナが歌うこれも相当秀逸!
プールの中ではしゃぐみんなの表情があまりちゃんと見られないのは残念だけど、幸せな子供たちみたいにかわいかった。

愛は面影~は、こっちまで泣けてくるほど4人の歌声に感動。
4人が歌い上げる黒い衣装で、静かに。
オーバーラップする映像がまたいいんだ。

ウィズアウト・ユーのレイチェル最強。
レイチェルもいいけど、みんなのハッピーに冷やかしな表情、冷やかしと、どこか誇らしげな様子と、そういうの、全部いい。
ディビット・ゲッタは、あまり好まないんだけど、時々神曲に出会う。
When Love Takes Over (feat. Kelly Rowland)も好き。

サイドストーリーで陸軍に行きたいっていうフィンと、フィンリアルパパの最期の話も、フィンの、自分にはなにもないっていう気持ちとか、でも僕にはレイチェルがいる。っていう単純すぎるかわいらしさと。
プールシーンでも中の人が29歳とかありえねーっていうあのキュートな笑顔。
なのに、レストランのシーンでは疲れた大人のような表情だったり。
歌が特別うまいわけでもなかったり、スタイルもどこか子供っぽくて、だけど、フィンはやっぱりキュート。

あと、スーも良かった。
エマにバラを渡す時の表情が。
それとなにより、ベッキーとのこと。
スーはむちゃくちゃなのに、ちゃんとしてる、それが両方存在しても不思議じゃないっていう不思議なこのキャラクターは、超好き。
人はいいところばかりでも悪いところばかりでもなく、ひねくれた正義も世の中には存在するし、善意的な悪意も存在する、そのことを思い出させてくれる。
アーティーに相談されたときの言葉も、振られたベッキーを見る表情も。

しかしあれだなー、レイチェルのあの表情はイヤな予感がするなー。

☆☆☆☆☆


テーマ : 海外ドラマ(欧米)    ジャンル : テレビ・ラジオ

赤朽葉家の伝説(桜庭一樹)

女三代記。
おもしろかった!
やっぱ、昭和たくましいわ。
っていうか、好きだわ。昭和。
タツ、万葉、みどりちゃんが最強過ぎてもう。
毛鞠ちゃんとかもすごいけど。
トーコちゃんは...現代はねぇ...むずいよね。
タツ、万葉、みどりちゃんには絶対叶わない。
素朴で、力強く、たくましい。
めんどくさくて、力強い時代。っていう感じ。

p.148
丈夫な男を選んだ、出目金。万葉たちにとって戦後は、丈夫な男と、丈夫な女が、死に物狂いで崖を這い上がっていく、その死に物狂いの汗と油にまみれた、そういうものであった気がした。

とか、何度も繰り返される、「百の夜が明け、千の日が暮れた。」っていう表現も好きだし。


国営放送の朝ドラで全然やれると思うなぁ、これ。
どんどん女優さんたち変えちゃってさ。

子供や孫の時代はもっと良くなるという言葉が、万葉に驚きと、天地がぐらつくような不思議な感覚を与えた。
とか、シリアスに語ってる一方で、この嫁は変わり者だが正直なのだ、とか言われてるこのバランス、配分も絶妙だし。
真っ裸になる妾とかねぇ...


みどりちゃんと二人で箱を探しに山へ行った話とか、好きだなぁ。


そして、瞳子はやっぱ自由っていう名前が良かったなぁ。
孤独は、孤独に赤朽葉の伝説を終えて、自由の代で、名前から自由になるとか、そういう意味があったのかなぁ。

女たちの恋心やら、いろいろな事件は全部さくっと、だけどちゃんと伝わって、つながって、とても面白かった。
もっと、じっくり、書き込まれた赤朽葉一族を読みたい気分。



☆☆☆☆☆

 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

サヴァイブ(近藤史惠)

番外短編集。
どれが好きってどれも好き (笑)


老ピプネン~
は、ステレオタイプにうっとうしい記者と、過酷なレース、過酷な競技人生について。
それにしても、どうしてルールの一つも知らないのに、わかったような口をきいて、恥ずかしくないのだろう。
本当に、こんな人が雑誌を作っているのかな。


スピードの果て
伊庭君、スランプ。
本来はあたりまえにある恐怖心が芽生えて足がすくむということ。
怖いから。だからこそ一刻も早く。
に絡めて、なぜロッカーを荒らされるのかっていうちょっとした謎解きつきで、短いのに、凝縮されておもしろい。


プロトンの中の孤独
ストーリーセラーで既読。


レミング
石尾係の赤城さんの苦労話。
これ、サクリファイスの石尾さんの若かりし日の話。
石尾さんのストイックさと赤城さんに気づかされるひとりで走っているのではないことに、本当の意味で気づいて、チームメイトの気持ちをおもんばかる立場だという自覚に目覚めたり、優しさが垣間見えたりでかなり好き。


ゴールよりももっと遠く
これも石尾さん。
石尾さんって、武士っぽい。
不正な勝利は絶対に許さないその心意気が好き。
チカも伊庭も赤城も好きだけど、やっぱり石尾さんが一番好きな気がする。


トウラーダ
チカ。ツール・ド・フランスの後、移籍後の話。
ほろ苦い。
いずれにドーピングにも言えることだけど、悪魔に負けた背景が、悲しい。
少し、野心が芽生えてきてもいるチカの今後が楽しみ。



☆☆☆☆☆





テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

エデン(近藤史惠)

帰り道、立ち寄ったブクオフで発見!

いやっほ~!って、買ってきて。即読みました。
舞台はツール・ド・フランス。
っていうか、今度のツール・ドは観ちゃうね。
絶対観たい。って思った。
まー、3週間も、毎晩毎晩観られることはまずないんだけど。
ヒーローが欲しいフランスの思惑とか、チカの石尾を背負ったチャリンカーとしての人生とか。
監督の思惑と選手の気持ち。
人生の駆け引きとレースの駆け引きとが鮮やかすぎて、もちろん一気読み。
ラストはやはり、ほろ苦く、悲しい。


☆☆☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

フィッシュストーリー(伊坂幸太郎)

大変おいしくいただきました。

大好き系な伊坂幸太郎短編集だった。
もー、どれをとってもオイシイ。
この奇妙にゆるゆるとつながっていく感じ、そしてそれが収束していく感じが大好きすぎる。

サクリファイスあたりは十分にミステリだし、ミステリなのに、めんどくさくもないし、理屈っぽくもないし、緊張感もスリルもない。
ゆるゆるーっと行く感じはほかではちょっと味わえない。

でも一番好きなのは、表題作のフィッシュストーリー。
最強の瀬川さんはもとより、瀬川さんを育てたお父さんはもちろん、そんな瀬川さんを育てるきっかけになった売れなかったバンドも、その奇妙な成り行きでできた一曲、フィッシュストーリーも。
全部が完璧だった。

盛りすぎるわけでも、足りなさすぎるでもなく、5000ピースのジグソーパズルを完璧に仕上げる快感のような、難易度の高いナンプレを1時間かけて解いたときのような美しさ。

動物園のエンジンという言葉の表現も、一見くだらないような謎解きも、だけど真摯な願いも。

ポテチも。滑稽なようで悲しく、悲しいようで幸せのような、対比による美しさ的なもの。

秀逸。

☆☆☆☆☆




テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

 シティホール(韓国ドラマ)#20

見終わってはや1ヶ月近く経ってしまってびっくり。
1日がこっそり36時間くらいになってくれたらいいのにぃ。

とはいえ、THE 最終回!風味でした。
もう、絵に描いたような大団円。
いや、1ヶ月近く経っているのでいろいろ忘れてたりするかもしれないですが。
まさかの逆転ホームランで、ミレ、市長の座を守れちゃってるし。
何よりびっくりは、グク婚約者の引き際の男気200%な対応!
なんて潔いのかと、驚いた。
けど、彼女のプライドはまぢでハルラ山よりきっと高いな。

あと、室長も妻と仲直りできたし。
あの離婚届に入っていた手紙は、胸を打たれた。
あの妻に...
心の広い夫だ。
と思いつつ。
彼女のかわいらしさをわかることができるのは室長くらいかもなーと思ったり。
彼女もただイヤな子じゃなくて、いい具合にかき回してくれて結構好きだった。

さすがにそれはポイントはかつて、グクと一夜を過ごした室長(笑)のケータイでミレにグクが電話してた設定。
そりゃー出来過ぎ。と思いつつ。
ちょっとほろりとしたりして。

あ、あとあれだな。
グク父がおとなしく引退したこと。
さすがに粘りきれなかったか....
でも私、この人憎めないんだなぁ。
し、中の人もなんか好き。
どのドラマでも、重しになってくれるっていうか。
うまいんだろうな、きっと。

グクママもようやく心の平穏を手に入れたようで何よりでございます。

まあ、そんなこんなでグクと結婚できたし、市長として再選も果たしたようだし。
ミレ、良かったねぇ。

ソナ姉さんのドラマはやっぱり手堅く面白くていいなぁ。
とはいえ、このドラマも最初は、テンション高すぎてどうなることかとは思ったけど。

そしてこの夏のドラマやるって話は流れてしまったみたいで残念。
ストーリーも面白そうだっただけに。

次は、兵役から戻ったジョンミン君のシンデレラのお姉さんを狙っていこうと思います。
あ、ちなみにグクはアイリス2みたいですねぇ。
ビョンボンアイリスは挫折しましたので、なんとも....ですが。


☆☆☆☆☆

ミレグク最強!

#リアルタイム拍手、頂いて嬉しかったです。
 長々最終回、書けなくて、興奮を共有できなくてスミマセン!


テーマ : 韓国ドラマ    ジャンル : テレビ・ラジオ


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。