読書記憶+

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総理の夫(原田マハ)



初めての原田マハ。
タイトルで予想した通りの展開、そして結末。予定調和的な物語。
おもしろくないわけではないし、政治家はこうあって欲しいと思う理想でもあるけど、清らかすぎる水に魚は住まないじゃないけど、魅力的な話だったかというと、そうでもないところが不思議。
嫌いな方向性ではないはずなのにな。
...結局のところ、どこにも庶民がいないからかも。
夫がフリーターみたいに実家に力もない普通の人ならまたもっと違ったかも。

ああ、あとあれだ。
こういう総理が出てきたからと行って、国民が熱狂しないかもしれない、っていうのも思った。
もうこの国には、何より目先のお金が大事なんだという層とか、疲れ果て、あきらめてしまっている人たちが、政治家が思うよりずっとたくさんいるようにも思う。うがって考え過ぎかな。


☆☆☆


スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

女たちは二度遊ぶ(吉田修一)


短編集。

ふと現れ、消えていく。って意味で二度遊ばれてるのかな。
男性が読んだら面白いのかな。
特にこれといって惹かれる話はなかった。
他の短編を読まずに決めつけるのもなんだけど、この人の場合はしっかり少なくとも中編以上のほうがいいんじゃないかと思う。

☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

もしもし下北沢(よしもとばなな)

まあ、吉本ばななだった。
良くも悪くもこの人って変わらないなぁ。って思った。
そこが良かったり悪かったりするけど、この一編は、読まなくても良かったかな、と思った。

☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ばらばら死体の夜(桜庭一樹)


うーん.... どうだろうねぇ。
私の好きな桜庭一樹の感じではなかったけど、中年とか貧困とか、ちょっとぞっとする感じにリアルっていうか。
渇いた感じに腐臭、っていうかかび臭さ?を感じるようなちょっと怖い小説。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

ひとりが好きなあなたへ(銀色夏生)

なんとなく懐かしく思い立っての銀色さん。
この感じはとてもよくわかる。 という人は多いのか、少ないのか。
多いようにも少ないようにも思う。 まあ、多いか少ないかしかないんだけど。
私はとてもよくわかる。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

女信長(佐藤賢一)



その発想はなかったわー(笑)
娯楽として愉快。
男性の描く女性すぎて、笑ったけど。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

フジテレビ ザ・ノンフィクション まりあのニューヨーク 死ぬまでに逢いたい人


全くの偶然なんだけど、氷水チャリティーで話題のALSを患ったまりあさんの終わりの日々。
突然命を奪われるのも残酷だけど、少しずつ身体の自由を奪われるのも残酷。
医療、あるいは介護の矛盾、のようなものはやはりここでも問題になる。
いろいろぐるぐる考える。

まりあさんは、バブルっぽい人だなぁって思った。

☆☆☆

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

あなたがここにいて欲しい(中村航)

初の中村航。短編集。評価未定。
悪くないけど、ストライク!という感触もなく。
なんだろう、嫌いじゃないけどしっくり来ない理由は。
いずれもわりと定番的な恋物語。

表題作はピンクフロイドから。
新井素子がなんかの小説で使ったよね、同じ曲。
あっちはあなたにここにいて欲しい、って訳してたと思われ。


ハミングライフは、猫とウロというのをそのままネットでの出会いに置き換えてもいける物語。
なかなか実際会ったら...うむ。ってことも多いというか、そっちのが多い気がするけど。
しかし、あれだね。
相手が異聞をどう思うか、そこをあまり気にしていないふうなのは、ちょっと...


もう一冊くらい試してみたい。


☆☆☆


以下、抜き書き


 

テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

夜空を歩く本(林完次)

写真はなかなか素敵だった。
が。添えてある一文はなかなか残念だった。
私の感性には合わず。むしろ気が散るだけだった。
ポエム...orz

☆☆☆


テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌

あの女(岩井志麻子)

志麻子姉さん...
あいかわらずです。

先天的に嘘をつく女にまつわるいくつかの話。
実話と銘打っているけど、どこまで実話なんだか...って思わせるのはさすが志麻子姉さん。
失礼な意味ではなく。
旨く言えないけど、小説家だなーって思った。

あと、姉さんってどっか抜けてるよね。
なんでもずばっと言っちゃうし、世慣れた人風味なのに。

こういうペラペラと嘘をつける人とか、あといろいろ見える人とか、世の中には知らない人がまだまだいろいろいるよなぁ...って感心する。



☆☆☆




テーマ : 読んだ本。    ジャンル : 本・雑誌


プロフィール

きよ

Author:きよ
100冊強/年程度の読書量。
せっかく,ずっとメモしていた読書記録を残そうかと。
過去15年くらい,どこまでさかのぼれるか,挑戦。あくまで手元のメモを元にしているので,過去になるほど,てきとー。
近頃、ドラマ三昧。
ドラマレビューの台詞は、超意訳の場合がほとんどです。
コメントも、ありがたいです。どうぞご遠慮なく。

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
 
読書メーター
きよさんの読書メーターきよの最近読んだ本
 
 
FC2カウンター
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。